全国のドクター9,011人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 杉並区
  4. 浜田山駅
  5. 松平歯科医院
  6. 松平 静直 院長

松平 静直 院長の独自取材記事

松平歯科医院

(杉並区/浜田山駅)

最終更新日:2019/10/17

185110

浜田山駅から徒歩10分。広々とした柏の宮公園近くの住宅地にあるのが「松平歯科医院」だ。同院は松平静直院長の祖父にあたる松平邦夫先生が1946年に日本橋三越前で開業。再開発に伴い、2009年に浜田山の自宅を改装し移転したという。歯科一般、口腔外科、小児歯科に対応しており、幅広い世代が訪れている。松平先生は鶴見大歯学部卒業後、他院での経験を経て、同院の院長に就任。生まれ育った地元である浜田山で診療をしたかったと語る。数年前からは分子整合栄養医学の学びに取り組んでおり、そこで得た知見も診療に生かしているそうだ。クリニックのことから栄養の話、休日のリフレッシュ法までじっくり聞いた。
(取材日2017年10月20日)

生まれ育った浜田山で診察したかった

長い歴史のある歯科医院なのですね。

1

もともとは1946年に祖父の松平邦夫が日本橋で開業した歯科医院です。当時は「歯科松平医院」という名前で、その後父の静邦が継いでいました。浜田山に移ってきて僕が院長になったのは2009年のこと。移転後は父の診察日と分担していましたが、この春からは父が引退し、すべての診察を僕が担当しています。日本橋からの移転は再開発によるビルの撤去というやむを得ない理由だったのですが、僕自身生まれ育った浜田山でやりたいという気持ちを以前から持っていたので、自宅を改装して始められたのは良かったと思います。院内はきれいにしていますが、日本橋時代から使っている備品も実は結構あるんですよ。

地元で診療されてみていかがですか?

緊張感がありますね。患者さんの年齢層は幅広くて、ご家族で来られる方もいらっしゃいます。それから、かなり多いのが日本橋でやっていたときの患者さんです。変わらずに来てくださってありがたく思います。この間もクラウンを外そうとしたら「この歯は先生のおじいちゃんにやってもらったんですよ」と。身が引き締まりますね。祖父は東洋医学を取り入れた歯科治療を行っていました。待合室に置いてある本は祖父が書き残したものを父が監修してまとめたものなんです。

先生はお父さまのお仕事をどのようにご覧になっていましたか?

2

父は入れ歯がうまいんです。僕も入れ歯などの補綴が得意で患者さんにも噛みやすいと喜んでもらっていますが、まだ父を追い越すことはできていないなと思いますね。父からは「歯医者になりたくなかったら他のことをやってもいいよ」と子どもの頃から言われていました。でも高校2年生頃から歯科医師をめざすようになって、歯学部を出たあと他の病院で経験を積んでからここで診療しています。診療方針などは父の代から基本的には変わっていません。ただ、僕が分子整合栄養医学という栄養学を学んでいるので、得た知識を患者さんにお伝えしています。

これからは口の中だけでなく体全体で考えていく時代

栄養学を学ぶきっかけがあったのですか?

3

4年前くらいに大きく体調を崩したんですが、なかなか良くならなくて。これは食生活を変えなければならないのではないかと思って、勉強会を見つけて参加しました。そうしたら結構面白かったんですね。医師も歯科医師もいろんな人が参加する勉強会です。学んでいくうちに気づいたのが、口の中だけではなくて体全体で考えていく時代に突入したのだということ。もちろん歯を磨くのは大事なのですが、普段どんなものを食べているのか、どういう薬を飲んでいるのか。患者さんにもお尋ねしています。それが口の健康にもつながってくるからです。歯医者は虫歯だけを見ていてはだめなんですね。免疫力を上げていくことも含め、全体を見ていくよう心がけています。

患者さんには例えばどういうことをお伝えしているのですか?

まず砂糖を控えることをご提案しています。砂糖は精製されることでビタミンやミネラルが取り去られていて、摂取すると血糖値が急激に上がってしまいますから、血糖値が上がりにくいアガペシロップなどで代用するのが良いと思います。また、砂糖は依存性が高く、過剰摂取することでイライラや慢性疲労、免疫低下、虫歯、歯周病、肌荒れなどが起きることが報告されています。こういうことを若い子にも伝えて甘いものを控えるように言うのですけどね、「無理!」と言われてしまって(笑)。それと、サッカーなどスポーツをしているお子さんがスポーツドリンクを飲んでいますが、水やお茶に変えてもらえるといいと思います。

他にも伝えていることはありますか?

4

金銀パラジウム合金やアマルガムについてお伝えしています。いずれも銀歯として使われてきたものです。パラジウムは約半数の人に金属アレルギー反応が出ることが知られていて欧米では禁止になりました。現在アマルガムは使われることがなくなりましたが、患者さんによっては以前治療した部位に残ってるケースがあります。成分に含まれている水銀の害が指摘されていますから、ご相談いただければと思います。こういうことは以前は言われていなかったのですが、僕自身勉強会に行く中で知識を身につけてきました。健康ブームもあって、世の中の健康意識は食事に対しては高まっていると思います。でも口の中の銀歯に対してはどうでしょうか。体に影響することですから、同様に気をつけていくべきことだと思います。

歯の健康の決め手は患者が情報を知っているかどうか

院内にも啓発用の掲示物がありますね。

5

掲示物はすべて僕が作っているんです。歯の健康は情報を知っているかどうかで決まります。先ほどの砂糖やパラジウム、アマルガムの話も知らなかったら気をつけようがないですよね。ですからできるだけお伝えして、ご自身で判断してもらおうと。初めて知ったという患者さんは多いですね。ご説明していくのは治療においても同じです。僕は「お任せします」と言われるのが嫌いで。信頼してもらっているということなのでしょうが、「自分の歯なのに任せていいの?」と思ってしまうんです。例えば保険診療、保険外診療の選択についても、きちんとご説明してその上で選んでもらえるようにしたいと思っています。

先生の健康法やリフレッシュ法を教えてください。

半年から1年に1度、3日間の断食をしています。1日目はつらいのですが乗り越えてしまうと意外と大丈夫。すっきりしますよ。以前はいろんなスポーツをやっていて、大学の時はヨット部で汗だくになって練習していました。でも今は腰痛があってスポーツをやめてしまって。治療中はずっと前かがみですから職業病ですよね。時間が空いたらストレッチをしています。最近リフレッシュになったことというと海釣りです。父や矯正専門の先生と相模湾に行ってきました。狙ったのはカツオとキハダマグロですが、キハダマグロはまだ釣れたことがないのでいつか釣りたいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

きちんとご説明して、患者さんに納得していただける治療をしていきたいと考えています。当院にはユニットが3つありますが、予約を取るのはいつも2台分で、1台分は空けておいています。というのは予約された方をお待たせしないため。説明に時間がかかることもありますので少し余裕を持つようにしているんです。皆さんにお伝えしたいのは口の健康は体全体に影響し、体全体の健康も口に影響するということ。予防の大切さは誰もが納得すると思います。でも予防のためにできることは歯磨きだけではありません。普段どんな生活を送っているのかも含めて聞かせていただき、アドバイスできたらと思っています。今後はサプリメントの紹介もしていきたいです。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access