全国のドクター9,025人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月29日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 宝塚市
  4. 宝塚駅
  5. 宝塚 こうだ整形外科 スポーツ・関節クリニック
  6. 神田 秀之 院長

神田 秀之 院長の独自取材記事

宝塚 こうだ整形外科 スポーツ・関節クリニック

(宝塚市/宝塚駅)

最終更新日:2019/08/20

20190612bana

自身もスキー選手として国体に出場する神田秀之先生が、大学病院や総合病院で診療経験を積んできた整形外科の知識と経験を、地域医療に還元したいとの思いで開業した「宝塚 こうだ整形外科 スポーツ・関節クリニック」。穏やかな物腰で丁寧な語り口の神田先生は診療においても患者へのわかりやすい説明を心がけているという。患者に寄り添った診療を提供したいとの思いが開業のきっかけという神田先生に得意な診療や開業の経緯などをじっくり聞いた。
(取材日2019年5月14日)

スポーツ医学をすべての人に

開業までの経緯を教えてください。

1

富山医科薬科大学を卒業後、大阪大学に入局し、整形外科を専門に大学病院などで手術を中心に幅広い経験を積んできました。開業前に5年近く宝塚第一病院に勤務し、この土地について良いイメージを持っていたタイミングで、ふらりと入った不動産屋さんで、もともとこの場所で開業しているクリニックが閉院することになり、物件の借り手を探していると言われたのです。リハビリ施設のために、開業するのであれば広さはこだわりたいと思っていました。ここは駅近にも関わらず十分な広さがあり、大きな窓もあり景色も非常に良く、一目惚れのような形で物件が決まり、開業に至りました。

院内の設備について教えてください。

かかりつけクリニックとして疾患の見落としがなく、正確な診断をしなければいけません。患者さんから、しっかり診断をしてほしいので受診しました、コーチから病院に行ってしっかり診断をしてもらいなさいと言われてきました、という声を聞きます。見逃しがあってはいけないため、エックス線検査である程度の枚数を撮影する必要があります。被ばく量が少なく済むように高価ですが感度の良いエックス線機器にこだわり、導入しました。また、先進の超音波機器も導入しています。整形外科で診るケガは骨折だけではありません。靱帯損傷などはエックス線検査ではわからないですが、超音波検査では損傷した靱帯をしっかり見ることができます。損傷の程度もわかるので、どの程度の固定が必要か、復帰にはどのくらいかかるのかの目安になります。また、患者さん自身も一緒に診ることができるため、ケガに対する認識、治療の必要性が理解できます。

リハビリ器具も充実していると伺いました。

2

スポーツでケガする人は体に無理な力を加えていたり、負担のかかる使い方をしてケガに至る人が多く、正しい体の動かし方が大切になってきます。たとえ、手術をしてケガを治したとしても、正しい体の動かし方ができないと、またケガをするし、パフォーマンスもうまく発揮できません。院内には僕自身が何度も試して厳選した、体を正しく動かせるための機器をそろえています。ただしく体を動かすことはスポーツをする人だけではなく、中高年の患者さんにとっても重要です。当院ではアスリートもご高齢の方も同じ機器を使用して、ケガをしない体、動ける体づくりをしています。

ケガする前より動ける体をめざして

どのような患者さんが通われていますか?

3

午前中は中高年やご高齢の方が多くみえます。骨粗しょう症や関節の痛みを訴える方が多いですね。午後は部活動などでケガした学生さんや転んでケガした子まで一気に年齢層が低くなります。サッカー、バスケットボール、野球、陸上などのスポーツや、バレエ、新体操、フィギュアスケートなどの審美系スポーツ、格闘技などさまざまな方がいらっしゃいます。午前中に診察に来ているご高齢の方がお孫さんを紹介してくれたり、ある部活動の部員を診察した縁でそのチームの方が来てくださったりと、ご家族や友人、チームメイトなど周りの方のご紹介で来てくれる患者さんが多く、うれしく思っています。

医院ではスポーツ選手のケガにも注力していると伺いました。

トップ選手であれば充実したトレーニング環境、治療サポートを受けられますが、それはごく一部の種目、選手に限られます。診療内容や検査器具、リハビリ器具など患者さんのケガや痛みを治すため、パフォーマンスアップに求められていることをできるだけそろえ、多くの方がよりよい治療を受けられるようにと思っています。特にリハビリは重要で、例えば膝をケガしても膝だけを治すのではなく、股関節が硬いため膝に無理な力や負担がかかってケガした場合は、再度膝をケガしないように股関節や全身にアプローチします。ケガの再発予防だけでなく、全身の動きの改善もめざすことで、今までできなかった動きができるようになることも期待できます。リハビリの目標はケガした時よりもより動ける体になって帰ることだと思っています。

先生ご自身もスポーツをされているそうですね。

4

競技スキーをしています。以前は当直明けで夕方に勤務が終えられる時はジムに通い、トレーナーに見てもらいながらトレーニングをしていましたが、今はなかなか行けていません。医師として働いている今でも競技を続けていることで良かった点はたくさんあります。選手の動き、競技や試合に対する気持ちを理解できることも重要ですが、それだけではないんですね。先日も国体に出場させていただいたのですが、都道府県の代表として出場する国体では監督やトレーナーが身の回りのことから試合に臨む時まで、献身的にサポートをしてくれます。良いパフォーマンスを発揮するために、いかにサポートが重要かが身にしみてわかるんですね。ありがたいなあって。そして、大会が終わると「よし、明日からはまた全力でサポートをしよう!」と思えるんです。当たり前のことなんでしょうが、今年は強く思えたんですね。あぁ、選手をやっていて良かったな、と思いましたね。

高い専門性と親身で丁寧な診療で地域医療に貢献

先生の得意の診療について教えてください。

5

ハイドロリリースという、超音波で筋肉や神経など患部の様子を見ながらピンポイントでねらったところに注射をして痛みの除去を行っていく治療に注力しています。硬くなって動きが悪くなった筋膜に挟まれた神経を薬や生理食塩水などを入れて、筋膜をはがすことによって動きやすくすることが期待できる画期的な治療です。近年性能の良い超音波検査機が出てきたことで神経や筋膜が見えるようになり可能となった治療です。今まで、整形外科では治療できなかった痛みなどにも対応することができ、即時性もあり、大きなメリットを感じています。手術、薬、リハビリに加え、新たな武器が手に入った感じです。もちろん手術が必要な患者さんの場合はタイミングを見逃さず、専門の病院をご紹介することは大切です。治療の選択肢を増やして、当院を選んでくださった患者さんが納得して治療を受けられるようにしていきたいと思います。

予約優先制とのことですが。

たくさんの方に来ていただいていることから、どうしても患者さんをお待たせしてしまうことがあります。皆さんの大切な時間を無駄にしないよう、予約制を導入したり、診察室も2部屋用意し、私が2つの診察室を移動する形にして診察をしています。診察時はカルテを入力するシュライバーというスタッフがおり、おかげで私は多くの時間、患者さんに向き合って診療をすることが可能となっています。限られた時間で多くの方を診ることができるように工夫をしていますが、それでもお待たせしてしまう時間帯もあり非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今後も、よりスムーズでありながら患者さんに向き合って寄り添う時間を大切にした診療をめざしていきたいです。

今後の目標を教えてください。

6

例えばスポーツしている人は運動をやめろと言われるのが嫌でケガをしても診療を受けずボロボロになってから病院に来ることがあります。リハビリの目標は「ケガはしなくなったけどパフォーマンスも落ちた」ではなくケガをした原因を探り、そこを改善することでケガをしない動きでパフォーマンスも上がることが大切だと思っています。ケガして病院に来て良かった、改善できて良かったと思われることが目標です。そのためにも、気軽に来ていただける雰囲気をつくりたいと思っています。ケガしてから来るのではなく、気になることがあればケガをしてなくても来ていただけるよう敷居を少しでも低く患者さんが来やすい医院づくりをめざしていきたいと思います。

Access