求人情報ON
医療法人社団二葉会  東新宿駅前クリニック

医療法人社団二葉会 東新宿駅前クリニック

中澤 速和院長

新規開院

184670 %e6%9d%b1%e6%96%b0%e5%ae%bf%e9%a7%85%e5%89%8d%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

2018年2月に開院した「東新宿駅前クリニック」は東新宿駅B2出口そば。駅出口横にクリニックに上がるエレベーターがある。院長の中澤速和(はやかず)先生は長年東京女子医科大学で泌尿器を専門に研鑽。気さくで小さなことでも気軽に相談しやすい雰囲気の医師で、日本泌尿器科学会泌尿器科専門医と日本透析医学会透析専門医でもある。開業したてのクリニックは、患者の負担を考慮した診療をモットーに、トイレ型の尿流量測定器を設置するなど、設備も充実。心療内科と婦人科も標榜しているため、女性が泌尿器科を受診しやすいのも特徴だ。今後はインターネット予約や遠隔診療も導入したいと考えている中澤先生に、日々の診療について話を聞いた。
(取材日2018年2月16日)

病院と連携し、安心して通えるクリニックに

―こちらに開院された経緯をお聞かせください。

僕は大学卒業から東京女子医科大学病院で26年、分院の同大学東医療センターでは泌尿器科部長として13年勤務しました。がんの治療を中心にしてきましたが、世界を変えて、一般診療をしたい思ったのが開院のきっかけです。東新宿は東京女子医科大学にも近く、他にも大きな病院があって病診連携もできますし、僕自身土地勘があったので、ここでやってみようと思いました。大学だと週2〜3日の診療だったのが、ここではほぼ毎日診ることができますので患者さんが分散され、お待たせせずに済むと思います。これまではこの周辺に泌尿器科医院が少なく、大学病院での治療後に患者さんを送るところがないと苦労していましたが、今後はそれが解消されるので、後輩たちからすでに「安定している患者さんを紹介していいですか?」と言われるなど期待されてます。

―実際に開業していかがですか?

勤務医時代より自由度が高くなりました。システムなどは開業したばかりの今のうちにきちんと組み上げなければいけないと思っています。当院で治療が完結しない場合でも、病名や症状を診断して、適切な治療が受けられるのがどこの科なのかを見極めることが大切です。いってみればポータルサイトのようなものですね。地域の方たちが最初に訪れる医療の入り口として対応ができればと思っています。ただ、透析が必要な慢性腎不全の患者さんの場合、高血圧や糖尿病などを患っているケースがあるため、その場合は同時にそれらの疾患の治療も必要です。このような内科治療が必要な患者さんが来院しても、自分で診れる範囲をわかっているので、必要に応じて他の医療機関への紹介も行っています。

―心療内科や婦人科も標榜されていますね。

僕が泌尿器科をメインに腎臓内科や性感染症を診て、心療内科と婦人科は同院法人の理事長が担当しています。内診台もあり、一般的な婦人科診療が可能です。泌尿器科というと男性が通うイメージが強いと思いますが、当院は婦人科があることから女性も来院しやすいようで、月経困難症やピルの処方、そのほか婦人科疾患や不眠症の方も来院されます。心療内科も女性が多いですね。男性にも女性にも更年期はあり、ホルモンバランスが崩れることでいろんな不調が現れますが、男性と女性ではそれぞれ治療法が異なります。男性の更年期は僕の専門ですが、女性の場合はホルモン剤や漢方を使った治療をしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細