求人情報ON
なかおこどもクリニック

なかおこどもクリニック

中尾 亮太院長

184593 %e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

南茨木駅から徒歩約12分の住宅街に立つビル3階にある「なかおこどもクリニック」。院内に一歩足を踏み入れると、青空に白い雲が浮かぶ草原のような内装の待合室が迎えてくれる。清潔感あふれる院内は、ベビーカーでもスムーズに入れるようにゆったりした造り。「子どもやお母さんの気持ちが和らぐような空間にしたい」という中尾亮太院長の想いが込められている。「子どもが好きだから小児科の医師になった」という中尾院長は気さくで優しい雰囲気の先生。日々の診療で「来院する子どもたちに癒やされることもあるんですよ」と穏やかな笑顔で話す。小児科の医師として子どもの健やかな成長をサポートする中尾院長に、診療で心がけていることや専門分野のこと、医師をめざしたきっかけなどたっぷり聞いた。
(取材日2018年10月10日)

長所と短所は隣り合わせ、子どもの個性は見る側の問題

―爽やかでかわいらしい内装で、清潔感のある広々とした院内ですね。

子どもやお母さんたちの気持ちが少しでも和らいで、ほっと安心できるようにかわいらしくし、雲をイメージして白を取り入れた内装にしました。待合室はベビーカーでもスムーズに入れるように余裕を持たせ、感染のある子とそうでない子が別々にいられるよう2つに分けました。また、水疱瘡などの感染症対策として隔離室を設けています。キッズスペースには、診察を待っている子が退屈しないようにビデオ機器を2台用意しています。

―クリニックの雲のロゴマークに込められている想いを教えてください。

僕には子どもが3人いまして、その子たちの絵をもとにデザイナーにお願いしてロゴマークにしてもらいました。大空に漂う雲を眺めるのが好きで、雲は子どもとイメージが重なることが多いと感じていました。雲が見る人によっていろいろな物の形、ソフトクリームや綿菓子などに見えるように、また、雨が降りそうで嫌な存在だと思えるように、子どもも見る人によってその個性が長所にも短所にもなり得ます。子どもたちの個性がどのように見えるかは見る側の大人や社会の問題だと思います。子どもも自分の個性を長所として人に捉えられれば、「自分は大丈夫なんだ」という感覚を持ち、自尊心が生じます。自分に自信があれば、いろいろな事柄が良い方向へ転じていくのではないでしょうか。

―子育ての不安を一人で抱えてしまう親御さんがいらっしゃると聞きますが。

子育ては本当に難しいと思います。それはきっと子育てにマニュアルや正解がないからだと思います。子育てに不安を感じることや、悩まれるということは、子どもに幸せになってほしいと思い、子どもとちゃんと向き合っているからです。子育てに不安を持たれたり悩まれることは、正解な子育てをされているからだと思います。ただ一人で悩んでしまうと、子どもをちゃんと育てないといけないと、ちょっとしたことで、自分の子育てが悪かったんじゃないかと思いつらくなっていくと思います。だから、一人で悩まずに、子どもの成長も親の育て方も、みんなそれぞれ足りなかったり、はみだしたりして、それがその子の個性となり、その親子の特別な形となっていくと思います。そう思えば少し肩の力が抜けると思います。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

予防接種(任意)/2800円~

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細