全国のドクター9,438人の想いを取材
クリニック・病院 160,465件の情報を掲載(2022年9月30日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 渋谷区
  4. 代々木上原駅
  5. 石川歯科医院
  6. 石川 裕 院長

石川 裕 院長の独自取材記事

石川歯科医院

(渋谷区/代々木上原駅)

最終更新日:2022/09/15

20220826 18456 top

開院から20年目を迎える「石川歯科医院」は、代々木上原駅南口より徒歩3分と至便な場所にある。虫歯、歯周病の治療から、審美修復治療、予防歯科まで、患者の健康的で美しい口元をトータルにサポートしている。石川裕院長は最善・最良の治療のため、診断能力を磨き続けることが信条で、患者とのコミュニケーションを重要視するとともに、日頃から自己研鑽を欠かさず、時代の変化に応じた患者の多様な要望に応えている。患者のための技工物は自ら製作するのがモットーで、休日にも院内で仕事をしているという石川院長。治療方針や今後の展望、さらにはプライベートについてなど、さまざまな質問に丁寧に応えてもらった。

(取材日2012年9月20日/情報更新日2022年8月8日)

歯の健康をサポートする最前・最良の治療をめざして

こちらのクリニックについて教えてください。

20220906 1

2002年の開院なので、今年で20周年を迎えます。たまたまお話をいただいて、この代々木上原を選びました。患者さんは近隣にお住まいの老若男女のさまざまな方です。リピートも多いので、ご近所の皆さんとは随分と親しくなりました。特に宣伝などはしていないので、クチコミやホームページを見て来られる方がほとんどです。時間をかけて患者さんと向き合っているので、コミュニケーションは豊富です。疾患で一番多いのはやはり虫歯ですが、診断してみるとご自身は気がついていなかった歯周病が見つかり、一緒に治療を進めていくケースは珍しくありません。治療を終えても、メンテナンスのお知らせをすると4割は来られるので、この地域の皆さんは歯の健康に対する意識は強いと思いますね。当院で矯正はしていませんが、必要な場合は僕の信用している先生を紹介しています。

勤務医時代と開業医の現在ではどのような違いを感じていますか?

勤務医のときは朝来て治療して終わったら帰れましたが、今は朝来て治療が終わると技工をして、さらに事務関係の業務や掃除を含め、クリニックのことをすべてやるので苦労はありますね。いろいろ失敗もしながら治療以外のことも、この20年で学んできました。忙しい日々ですが、その分余計なことを考えずに仕事に専念できますし、すべて自分の責任でできるのでやりがいは大きいです。

歯科医師をめざしたきっかけは?

20220826 2

もともと、歯科医師をめざしていたわけではありません。基本的に自分の性格が会社勤めに向かないと思っていましたし、周りからもそう言われていました(笑)。小さいときから、ロボット漫画を見て育ってきた世代なので、ずっと飛行機が空を飛ぶのが不思議で、空を飛ぶことへの憧れも強かったです。高校生になって物理を学び、計算上や理論ではそのメカニズムは理解できたのですが、やはり鉄の塊が空を飛ぶのが不可解で、その分野の研究職に就きたかったですね。他にも、世界中を飛び回る仕事にも魅力を感じていましたが、文系が苦手なので諦めました。何か面白い仕事があればいいなと模索して、気がついたら歯科医師になっていたというのが正直なところです。

診断能力を高めることに注力

歯科医師としてやりがいを感じる部分は?

20220826 3

歯科医師の仕事は奥が深いです。歯の治療は機能重視だったのが、時代の変化で審美性が重要視されるようになってきたように、時代の変化に合わせて歯科医師もやるべきことや考えることが増えていくので、自分をアップデートしていくことが面白いですね。昔から意識の高い方はいましたが、日本で歯の審美に注目が集まったのはここ数年です。日本はアメリカと比べると約10年治療が遅れていると言われており、アメリカでやっている先進の治療にはさまざまなヒントがあるので興味を持っています。もちろん日本人の民族性も考慮して、取り入れるべきものかを検討します。例えば、アメリカ人はメスを入れる治療にさほど抵抗はありませんが、日本人は嫌がりますよね。僕は患者さんに少しでもリスクを負わせる治療は絶対にしない主義ですし、新しい治療法は慎重に見極めていきたいです。

ご自身の健康のために何かされていますか?

20220826 4

開業医なので体調は崩せませんから、食事には気をつけていますし、野菜はもともと好きなのでよく食べます。睡眠時間は短いですが、規則正しい生活ですよ。毎日、夜の1時過ぎに家に帰ってから、5、6キロは走りに行き、その後に夕食を済ませお風呂に入って寝ます。それも癖になっているので、走らないと体調が悪い(笑)。よっぽどひどい雨の日以外は走っていますね。そのお陰なのか、これまで体調不良で休んだ事は一度もありません。

歯の健康のために歯科医院で定期的なクリーニングを

プライベートはどう過ごしていますか?

20220826 5

僕は休みの日もだいたいここにきて技工物を製作しています。当院の技工設備で対応できないもの以外はすべて自分で製作するのがモットーです。ギターを弾くのが趣味ですし、サッカーは中学から大学までやっていましたが、今はなかなか時間がとれません。あとは、ぼけ防止のために40歳を過ぎてから囲碁を始めました。月1回は地域の囲碁会に参加しています。午前中にここで仕事をして、1時から5時ぐらいまで打って、その後は仲間と蕎麦屋で飲みます。自分と違う世代の方とのコミュニケーションは楽しいですし、右脳を使うゲームなので想像力や感性が鋭くなることを密かに期待しています。

歯の健康のためにアドバイスをお願いします。

歯科医院も美容院と一緒。自分で歯を磨いても、パーフェクトに仕上げるのは難しいので、定期的にプロに掃除をお願いするほうが早いし仕上がりもいいでしょう。ぜひ、お近くの歯医者さんに行ってください。歯磨き方法やその方の口の状況にもよりますが、20代、30代の方なら半年に1回ぐらいを目安に行ってください。僕は歯ブラシ指導を細かくやりません。自分が患者の立場でも細かく聞いても覚えられないので、ポイントだけを絞って伝えます。歯ブラシは小さい範囲を小さい動きで毛先が曲がらない程度の力で磨いていくのが一番。毛先で弾いて汚れを取るので、毛先が曲がる固さでは効率が悪いです。ブラシの堅さはふつうからやわらかめで、日本人の口にはあまり大きくないサイズが磨きやすいと思います。とにかく歯をきれいに保つことは、歯の健康の基本です。

読者へのメッセージをお願いします。

20220826 6

自分と相性の合う歯科医師をみつけて掃除に行ってください。掃除してもらうだけでも、ご自身では気がつかなかった悪い部分も早期に発見できるでしょう。早期に治療をすれば、少ないエネルギーで少ない費用と時間で治療していけますが、放っておくとそれだけ負担は大きくなります。食べ物の入り口である歯は、全身の健康のためにも大切にすべき。歯には歯の役割があって、食道には食道、胃には胃、腸には腸の役割があります。歯の機能が疎かになれば、他部分がその分仕事をしなきゃいけなくなるので、それが新たなトラブルを引き起こすことにつながります。ぜひ、相性の良い歯科医師をみつけていただきたいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

・セラミックス:1本11万円~

Access