全国のドクター9,210人の想いを取材
クリニック・病院 161,262件の情報を掲載(2020年8月08日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市西区
  4. 栄生駅
  5. 医療法人永朋会 名駅さこうメンタルクリニック
  6. 丹羽 亮平 院長

丹羽 亮平 院長の独自取材記事

名駅さこうメンタルクリニック

(名古屋市西区/栄生駅)

最終更新日:2019/08/28

184114

名鉄名古屋本線・栄生駅から徒歩約1分、名鉄病院の向かいにある「名駅さこうメンタルクリニック」。丹羽亮平院長は研修医時代に経験した救急医療の現場で、心の状態が原因となり腹痛や頭痛を訴える患者を幾度となく診てきたことから、メンタルヘルスの重要性を痛感。体だけでなく心の状態も健康にし、1人でも多くの患者に豊かな生活を送ってもらいたいと精神科の医師を志す。同院では日々幅広い年齢層の患者さの抱える、さまざまな悩みに応えていく。その中でも力を入れているのが発達障害で、幼児から大人まで幅広く対応。発達障害検査(MSPA)を導入し、より深く患者の特性を評価する。「心が豊かでないと、人生は楽しくないですよね」と丹羽院長。その言葉には、優しさとがあふれている。
(取材日2017年9月5日)

心身ともに健康が大切、その手助けのため精神科に進む

医師をめざしたきっかけと、開業までの経歴を教えてください。

1

父が内科の医師で、僕が小さい頃から開業をしていました。そのため医師がとても身近な職業でしたし、父が働く姿を近くで見ていたので、いつか自分も医師になるんだろうと自然に思うようになりました。はっきりと医師になると決めたのは高校生の頃で、そこから一生懸命勉強をしましたね。東京医科大学医学部卒業後は研修医として名鉄病院にて臨床研修を行い、その後は名古屋大学医学部付属病院の精神科・親と子どもの心療科にて勤務するなど、複数の病院でキャリアを積み、今年8月に開業しました。

精神科の医師を志した理由を教えてください。

研修医時代の経験がきっかけです。夜間救急で頭痛や腹痛で来られた患者さんを診ていると、いろいろ調べても原因がわからないということが結構あったんです。そんな時は心の状態に問題があるケースが多く、メンタルヘルスの重要性を痛感しました。それと実は、医学部時代の友人がパニック障害になり、留年することになってしまって……。身近な友人がそういう状態になってしまったことで、同じような悩みを持つ患者さんの助けになれたらいいなと思ったのもきっかけの一つとなりましたね。医療技術の進歩で日本人の平均寿命は延びましたが、心身ともに健康でないと長生きしても楽しく過ごせませんよね。患者さんが豊かに過ごすためのお手伝いができて、今の仕事にとてもやりがいを感じています。

開業を決めた理由を教えてください。

2

開業は学生時代から決めていました。病院勤務もとても魅力的ですが、開業医は自分の責任のもと患者さんに寄り添った診療ができますので。この場所は研修医時代にお世話になった名鉄病院も目の前で愛着もありますし、都会特有のストレスが多いかと思います。地域の皆さんに改めて医療で貢献したいと考え、ここでの開業を決めました。名古屋駅に近いのも決め手の一つとなりました。名鉄病院にいた頃、心療内科の少ない県外地域から多くの患者さんが足を運ばれていて。交通の便がいいこの場所なら患者さんが通いやすいと考えました。開業当初から、院長として1つ意識していることがあります。それはスタッフ一人ひとりの考えや気持ちをくみ取れるように、常にコミュニケーションをとること。チームワークや雰囲気が良いクリニックは連携も円滑に進むので、治療効果も生まれやすいと思うのです。だからこそ日頃のコミュニケーションは欠かせないものですね。

認知行動療法や漢方薬も併用し心身の調子を整える

日頃どのような悩みの患者さんを診ていますか?

3

メンタルヘルスの疾患を全般的に診ていますが、一番力を入れているのが発達障害の患者さんです。発達障害は僕たちが子どもの頃からあったと思うのですが、落ち着きがないとか個性的などという表現で片付けられていたと思います。ですが発達障害が広く認知されたことで、お母さんがお子さんと一緒に受診するケースが増えました。発達障害は子どもの患者さんが多いと思われるかもしれませんが、実際は大人からご高齢の患者さんまで幅広い年齢層の患者さんが受診されています。当院では発達障害が調べられる心理検査を導入していますが、先日は新社会人になったばかりの方が、自分は注意欠如多動性障害(ADHD)かもしれないので診断してほしいと来院されました。メディアの影響もあってか、若い方を中心に精神科を受診するハードルが低くなったように感じます。

うつ病などの場合、どのような治療をするのですか。

患者さんの中には、薬は飲み続けないといけないものと思われている方もいますが、そのようなことはありません。本当に悪い時には薬が必要ですが、それを少しずつ減らしていくことがとても大切です。そしてゼロに近づく頃からカウンセリングを始め、薬の必要ない状態にしていきます。心の不調は、考え方や行動が気分や体調に悪影響をおよぼしていることがあります。そこでポジティブな考え方や行動を習慣化して、自分で気分や体調をコントロールしていく認知行動療法を、カウンセリングと同時に取り入れています。また軽い不安や不眠などの場合には、漢方薬も有効です。患者さんの中には薬の副作用を心配される方も多いので、なるべく薬を使わず漢方薬と認知行動療法を組み合わせて治療を進めていくこともありますよ。

診療時心がけていることは何ですか?

4

病気だけに目を向けるのではなく、患者さんがどんなことに困っているのかを診ていくことを第一にしています。当たり前のことですが、患者さんも1人の人間です。病気の表層だけに目を向けるのではなく、一人ひとりの抱える本質的な悩みをひもとき、解決していくことが大切だと思うのです。そして心の病気は誰にでも起こりうる可能性があり、きちんと治療をすれば悩みを軽くすることができる。このことをきちんと伝えることも大切ですね。医師である私だって時には風邪をひきます。それくらい心の病気は誰にでも起こることで、きちんと治療すれば改善することのできるものだと思うのです。病気になってしまうと、もう治らないんじゃないかと孤独や不安にかられることもあるでしょうが、患者さんは決して独りではありません。患者さんに寄り添いながら、同時に踏み込みすぎないちょうどいい距離感を大事にしながら治療を進めていくことが大切ですね。

さまざまな人の、心のメンテナンスができる場に

訪問看護もされているそうですね。

5

メンタルヘルスに精通した作業療法士や看護師が患者さんのお宅を訪問して、ご家庭での様子を観察します。例えば発達障害のお子さんの場合、家の中がどのような感じになっているだとか、両親との関係がどうなっているだとか、診察ではわからない普段の生活を直に目にすることができるので、治療にとても役立っています。また、認知症の方の場合、心が落ち込んだり攻撃的になったりすることがあるため、ご自宅で心の調子を整え症状を改善させます。精神科の訪問看護は医療保険ですので、介護保険のヘルパーを受けていてもできます。介護でお悩みの方は訪問看護を受けるメリットが大きいと思いますので、ぜひご相談ください。

精神科や心療内科を受診するのは、どのようなタイミングがベストなのでしょうか?

これはどんな病気にも言えることですが、早期治療のためにも早めの受診がお勧めです。ですが心の不調は本人が自覚していないことが多いですし、不調に気づいていても世間体を気にして受診が遅れてしまうケースもあります。心の不調は体の別のところに症状が出ることも多く、頭痛や腹痛が続く場合や検査してもらったのに原因がわからない場合は、心の不調を疑ってみるといいかもしれません。当院では心理テストや、ちょっとした悩みの相談も受け付けています。“自分を知る”という感覚で気軽に来ていただければ心のメンテナンスができますし、それが心の不調の予防にもなると思います。

今後の展望と、読者へのメッセージをお願いします。

6

ニーズの高まりを感じていることもあり、さらに増築をしてカウンセリングルームを増やす予定です。ゆとりのあるスペースを確保して、患者さんがゆったりと話ができるようにしたいと考えています。他にも子どもがおもちゃ遊びを通して心を癒やしていく、そういう専門の部屋も作りたいですね。それと、精神科を受診するのはハードルが高いと感じている方が多いので、気軽に相談できる雰囲気づくりにもこだわりたいと思います。受診に抵抗のある方もいらっしゃると思いますが、最近は若い人を中心にカウンセリングや検査を受ける方が増えています。少しでも悩んでいることがあれば気軽に足を運んでいただきたいですね。

Access