全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,495件の情報を掲載(2020年1月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 外苑前駅
  5. 外苑前いちょう並木クリニック
  6. 松岡 保子 院長

松岡 保子 院長の独自取材記事

外苑前いちょう並木クリニック

(港区/外苑前駅)

最終更新日:2019/08/28

20181004 bana

洗練されたブティックやショップ、オフィスが立ち並ぶ都心でありながら、緑も多い外苑前並木通りにある「外苑前いちょう並木クリニック」。院長の松岡保子先生は皮膚や外表器官の専門家をめざし、東京医科大学では形成外科で、日本医科大学では皮膚科で研鑽を積んだ。その経験を生かして、自身が長年住んできた外苑前、青山エリアで地域医療に貢献したいと、2017年に開業したクリニックである。「お仕事で忙しいビジネスパーソンの方や、近隣にお住まいの子育て中の方にも、気軽に立ち寄っていただけるクリニックとして、便利にご利用いただきたいです」と笑顔で語る松岡院長。クリニックの特徴や、治療への取り組み、将来の展望まで、じっくりと聞いた。
(取材日2018年8月1日)

皮膚科の内科的診断と外科的治療の両面からアプローチ

シンプルで明るい雰囲気のクリニックですね。なぜここで開業をしようと思われたのですか。

1

この周辺は女性患者をメインとした美容皮膚科が多いので、小さなお子さんや男性、シニアの方など、どなたでも気軽に来院できるクリニックにしたかったのです。そこで、華やかではないけれど、シンプルで落ち着ける雰囲気にしました。この場所に開業したのは、自宅の近くということもありますが、地域医療に貢献したいと思ったからです。医師になった頃からこのエリアに住んでいて、ご近所の方にもとても良くしていただき、いろいろな意味で感謝しています。大好きな町の皆さんに、自分が身につけた技術や知識で恩返しができたらと考えました。都会にありながら、親しみやすい昔ながらのかかりつけ医のような存在でありたいのです。

皮膚科と形成外科を専門とされているのですね。

もともとは形成外科の医師をめざして、東京医科大学形成外科に入局しました。一般的に外科の領域は、悪性腫瘍など悪いものを取って治療をするケースが多いですが、形成外科では、例えば乳がんで取ってしまった乳房の再建など、修復したり、きれいにしたりという手術がメインになります。そこに魅力を感じたのです。医師になったばかりの頃は、いろいろなクリックに派遣されることも多いのですが、そこでたまたま知り合った皮膚科の医師と話をするうち、皮膚科の奥深さを知りました。皮膚科は内科的な要素が多くて、皮膚に現れている症状から内科の疾患がわかることもあり、外科とは違う魅力を感じたのです。皮膚科の内科的診断力と形成外科の外科的技術力、その両方があれば、より多くの方に役立つ医療が提供できるのではないかと考えました。そこで皮膚科についても基礎から勉強し経験を積もうと、日本医科大学の皮膚科に入局しました。

クリニックの特徴を教えていただけますか。

2

形成外科と皮膚科を専門的に学びましたので、内科的診断と外科的治療の、両方を行うことができることです。同じ医師が総合的に診察し、1ヵ所で治療ができますので、患者さんの負担も少ないのではないでしょうか。また皮膚科の医療的な観点からお肌の悩みを診察し、治療することができますし、皮膚腫瘍の検査や手術にも対応しています。オフィス街にも近い便利な場所にありますし、昼休みはありませんので、お勤めの方が通いやすいのも特徴だと思います。「ちょっと気になることがあるけれど、大学病院に行くのは時間もないし、ハードルが高いし……」と思っている方でも、気軽にご相談ください。検査もできますし必要であれば、連携している大学病院など適切な医療施設に迅速にご紹介できます。

即効性と多様性、利便性を備えたクリニックをめざす

どのような患者さんがいらっしゃいますか。

3

やはり近隣にお勤めの方が多いですね。会社の昼休みを利用して来院される方もいます。夕方になると保育園や幼稚園、小学校の帰りだったり、お母さんが仕事帰りに連れてきたりという感じで、お子さんが多くなってきますね。そして夜になると、駆け込みで会社員の方がいらっしゃいます。皆さんお忙しいので、迅速で幅広い診察や治療を求めていらっしゃいます。先ほどもお話ししましたが、病院に行く時間がないというような方に、気軽に便利にご利用いただくことで、皆さんのお役に立ちたいという思いで診療をしているので、どんな患者さんが来ても対応できるよう尽力しています。

日帰り手術もできるそうですね。

はい。粉瘤やほくろ除去などの日帰り手術を行っています。もちろん診察は必要ですが、生検し検査の結果を待って手術をすることもできますし、ご希望であれば当日の手術も可能です。比較的大きな病院では、血液検査をして、手術の予約をする必要があり、患者さんの時間的負担は否めません。けれども当クリニックでは診察後、問題がなければその日のうちに手術をすることができます。例えば、ほくろに見えるものでも悪性腫瘍である場合がありますし、その逆もあります。悪くなければ取りたくない、という方もいらっしゃいますから、その診断は非常に重要ですし、取った後の病理検査も重要だと考えています。気になる方は一度ご相談ください。

皮膚科分野で最近気になっていることはありますか?

4

開業して驚いたのは、じんましん、ニキビ、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症の患者さんが非常に多いこと。これらの疾患は、ストレスや寝不足、疲れなどで悪化するので、そういった方が増えているのだと思います。また、特に若い世代で梅毒やHIVなどの性感染症にかかっている人が増えている傾向が見られます。性感染症は皮膚疾患を伴うケースもありますが、症状の発症を抑える薬もありますし、治療や予防をすれば性行為も、妊娠、出産も可能です。当院では性感染症の検査も行っておりますので、気軽にお声がけいただけたらと思います。小児皮膚科では、アレルギーを気にしている親御さんが非常に多いと感じますね。子どもはもともと肌がデリケートですし、小さな頃からお肌を清潔に保つことと保湿が重要であることをお伝えしています。また、小児のケガの急患や手術も対応していますのでご相談ください。

コミュニケーションを重視し質の高い医療をめざす

診察にあたって、どのようなことを心がけていますか。

5

患者さんのお話をきちんと聞くのが、医師の基本だと思います。皮膚科の病気は、目に見える皮膚の状態を見ただけで診断できると思われがちです。もちろん見ただけでわかる病気も少なくはありませんが、実際は話を聞かないとわからないこともあるので、お一人お一人の個性や性格に合わせてお話をし、心の中の思いまでをくみ取れるように心がけています。また、患者さんのお話をきちんと聞いて人として向き合う一方で、冷静に医師として病気や症状を診ることもとても大切です。医師は皆そうしていると思いますが、特に開業してからは、病気も患者さんも診るということを心に留めるようにしています。

先生ご自身が、美容や健康に対して気を使っていることはありますか。

春夏は紫外線をシャットアウトし、秋冬は保湿をひたすらすること。それは徹底しています。あとは日々のストレッチや規則正しい生活を送ること。そういった美容と健康のご相談も含めて、ご来院いただきたいですね。内科的なことが肌に出ることも多いですし、「何か調子が悪いな」と思ったら、ご相談にいらしてください。忙しい人たちのいるエリアにあるクリニックだからこそ、気軽に扉を叩いてもらって、良い笑顔につながることが、私にとってはやりがいですし、最もうれしいことですから。

今後、取り組みたいことなど、将来の展望をお聞かせください。

6

私は大学病院で働いていた時代、時間がなくて患者さんのお話をゆっくり聞けなかったことがとても心苦しかったのですが、現在は開業医として患者さんに寄り添う診療を大切にしています。今後は医療面やサービス面をより充実させて、働く女性の方にもさらに来院しやすいクリニックにしていきたいと思っています。また、私自身子どもが好きで元気をいただけるので、お子さん連れの方も気軽にお越しいただきたいですね。ご高齢の方も多く来てくださっていて、水虫や巻き爪、陥入爪、爪が切れないといった足のトラブルや、年齢を重ねてもキレイでありたいなど、さまざまなお悩みに対応しています。クリニックも私自身も日々アップデートし、診断や治療技術はもちろん、サービスに至るまで精度を上げて幅広い世代の診療を続けていきたいと思っています。皮膚に関してお悩みのことがあれば何でもご相談くださいね。

Access