医療法人社団 大栄会 知立デンタルクリニック

湯地 章雄院長

184091

知立駅から徒歩3分のビル1階に、今年オープンしたばかりの「知立デンタルクリニック」。駅前という好立地でありながら、駐車場も用意されているので、車で来院する患者にとっても通いやすい環境だ。同院を切り盛りする湯地章雄院長は、これまでに勤務医・開業医として幅広い経験を積み、一度はリタイアしたものの、縁あって同院の院長に就任した。歯科医師としての経験は、技術面のみならず、患者とのコミュニケーション面にも生かされているそう。自ら「新しいもの好き」と語る湯地院長は、常に新しい医療を研究する勉強家。軽やかな語り口の中にも、患者への確かな思いやりと、歯科治療への揺るぎない自信があふれる湯地院長に、クリニックの今とこれからを語ってもらった。
(取材日2017年8月24日)

外来診療から訪問診療まで、地域の歯科医療に寄り添う

―まずは院長就任までの経緯について、教えていただけますか?

私は1980年に日本歯科大学を卒業した後に、横浜で勤務医として経験を積み、地元の愛知県へ戻り東海市で開業しました。長年医院を営み、自分の中でひと区切りがついた頃、若い歯科医師にその医院を引き継ぎ、一度は歯科医師をリタイア。それから、1年くらい趣味を楽しみながら生活していましたが、もっと時間を有効活用したいと思い、歯科医師に復帰しようと思ったのです。それから医療法人社団大栄会に入り、知立デンタルクリニックの院長に就任させていただきました。

―現在どのようなきっかけで、来院される患者さんが多いのですか?

今年開業したばかりなので、まだ患者層がきっちり確定しているわけではありませんが、知立駅前なので飛び込みでいらっしゃる患者さんが多いですね。症状としては虫歯治療を中心に、歯を白くしたいなどさまざま。また当院では、外来診療と訪問診療をどちらも行っております。外来診療においては患者さんがいらっしゃったときに、不快感を与えないように心がけていますね。患者さん一人ひとりの状態や要望をしっかりヒアリングし、個々に合う治療を提供しています。長年、歯科医師として多くの患者さんと接してきたので、安心して任せてください。

―訪問診療の範囲や患者さんについても、詳しく聞かせてください。

当院から半径16kmの範囲で、病院や高齢者施設を中心とした、訪問診療に取り組んでいます。高齢患者さんの場合、完治させるよりも現状を維持することが大切。そのため、歯科衛生士が中心となり口腔ケアを行っています。訪問診療で大切にしているのは2つ。まず、認知症の方々に対しては、その日の患者さんの状態をしっかり見極めることです。一度嫌とおっしゃると、なかなか治療を進められず、無理強いしてしまうと、患者さんがケガをする恐れも出てきます。そのため、「今日は治療ができる状態なのか」を見極めるのが重要ですね。認知症ではない方々のご自宅へ訪問する場合は、患者さん自ら治療を依頼されたか、ご家族が依頼されたかにもよりますが、患者さんとご家族のコミュニケーションが取れているか確認するように心がけています。ご家族の要望だけでは、患者さんに負担がかかってしまう場合があるので、歯科医師としてしっかり判断しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細