田島診療所歯科

戸井 逸美所長

184062

JP大和路線東部市場前駅より徒歩約10分、「田島診療所歯科」は生活協同組合ヘルスコープおおさかに所属する「田島診療所」の4階にある。戸井逸美所長は2005年、診療所に歯科が開設された時に着任。所長として、地域住民とともに歯の健康の大切さを訴える啓発活動にも取り組んできた。戦前の無産者診療所の流れを汲み、「いのちは平等」を訴える診療所だけに、高齢者への訪問診療や患者の送迎に力を入れ、入れ歯や補綴物も保険でするよう努めている。また、無料低額診療事業も行っており、経済的に困窮している患者の相談にも乗っている。「困った人を救いたい」と、35年以上にわたり生協で歯科医師として働き続けてきた戸井所長に地域医療への熱い思いを聞いた。
(取材日2017年10月24日)

安心安全の医療をめざして地域に貢献

―診療所の特徴を教えてください。

医療福祉生協の一員として、地域の皆さんの歯の健康づくりに取り組んでいます。組合員さんの出資金をもとに設立、運営されている診療所です。安全で安心の医療をめざしています。虫歯や歯周病といった一般歯科の治療のほか、矯正やインプラントなど保険適用外は法人内の他の歯科で行っています。常勤の歯科技工士もおり、患者さんに安心していただけるよう特に義歯の院内技工にこだわっています。また月1回日曜日に、組合員向けの人間ドックに加え、歯科検診も行っているんです。田島診療所はもともと、国民皆保険制度もなかった戦前に、「貧しい人たちにも医療を受ける権利を」とつくられた無産者診療所の原点を忘れず、医科と連携して地域や組合員の皆さんの健康づくりに貢献したいと思っています。

―訪問診療や送迎もされているんですね。

お年寄りも多い地域ですので、週に4日、午前と午後に分けて5~6回、訪問診療を行っています。訪問する地域は生野区内のほか、隣接の東住吉区、平野区などです。同じ医療福祉生協の関係で、東大阪市にも患者さんがいらっしゃいます。また送迎用の車も1台ありまして、患者さんの送迎も行っています。訪問診療の方も治療の内容によっては、来院していただかなくては対応できない場合もありますから。高齢の方のほか、障害のある患者さんも利用されます。こうした対応は時間も人手もかかりますが、いろんなハンディのある患者さんでも歯科治療を受けられるようにしたいというのが、私たちの思いです。

―無料低額診療事業も手がけていらっしゃると伺いました。

これは、経済的に生活が困難な方が医療サービスを受けられるように、無料または低額な窓口負担で診察をするというものです。法律に基づいた制度で、当診療所も条件を整えて2013年から行っています。審査や相談員との面談もあるので、利用する人はそんなに多くはありませんが、「歯が痛いが、健康保険証もお金もない」という方が来院されることもあります。どんな方でも医療は平等に受けられる世の中になってほしい、というのが私たちの願いです。適切な治療を受けられずにいると、歯が一生使い物にならなくなってしまうかもしれません。世の中には歯科医院があふれているのに、経済的な理由で治療が受けられない人が現実には多くいる。「歯の治療をしたいが、治療費がない」という方のサポートが少しでもでき、機能の回復が出来たらうれしいですね。ただ診療所にとっては「身を削る」面があることも事実です。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細