全国のドクター8,884人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月19日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市生野区
  4. 桃谷駅
  5. さくら歯科医院
  6. 山縣 聡介 院長

山縣 聡介 院長の独自取材記事

さくら歯科医院

(大阪市生野区/桃谷駅)

最終更新日:2019/08/28

183397

桃谷駅から徒歩7分の場所にある「さくら歯科医院」。同院は天王寺区にある「モリシタ歯科医院」の分院として開院し、理事長である森下先生に師事していた山縣聡介先生が現在、院長を務めている。2017年の9月で分院を任されて丸2年になる山縣先生。「患者さんから『あそこの先生は優しいよ』と言われ続ける歯科医師でありたいです」と、はにかんだ笑顔で語ってくれた。山縣先生が”優しさ”を大切にするのは、森下理事長の人柄はもとより、幼い頃に虫歯の治療でお世話になった歯科医師の影響も少なくないという。そうした幼少期の思い出から診療での取り組みまで、一つひとつの質問に対して一生懸命に言葉を探し、誠実に答える姿からは、真摯に患者と向き合う日頃の診療姿勢が十二分に伝わってきた。
(取材日2017年6月2日)

恩師から任された医院で、患者の要望に耳を傾ける

こちらは「モリシタ歯科医院」の分院だそうですね。どのような経緯で院長になられたのですか?

1

僕が師事していた森下先生から当院を任され、院長となりました。この辺りには先生の実家もあり、幼少期から慣れ親しんだ地域だと聞いています。先生とは出身大学が同じということもあり、僕の先輩に紹介していただきました。そして大学の卒業後は、本院で勤務医としてお世話になっていました。先生はとてもお優しい方で、僕にとって理想の歯科医師です。治療技術の面でも、患者さんへの接し方においても、見習うべきところがたくさんあります。今も森下先生が当院でも治療していますので、勉強させてもらうことが多いです。

こちらには、どのような層の患者さんが、どういった症状で来院されるのですか?

ご高齢の方を中心に、幼いお子さんから90歳を超える方まで幅広い年齢層の患者さんがいらっしゃいます。近くに外国の方が多く集う街があるので、韓国や中国の方も多いです。日本語が不得手な方の診療はちょっと大変ですが、タブレット端末の翻訳機能を使って頑張っています。スタッフも挨拶ぐらいでしたら、韓国語や中国語で話せるようになりました。診療内容としては、一般的な虫歯や歯周病の治療、予防などに力を入れています。ご高齢の患者さんですと、入れ歯に関する治療が多いです。当院は、技工室が併設していて歯科技工士も在籍していますから、難しい入れ歯の修理や義歯の色味合わせなども比較的速くできることが利点です。先進のコンピューターによる、技術作業も取り入れております。

診療において心がけていらっしゃることは何でしょうか?

患者さんの要望を伺い、できるだけ意向に沿った治療をすることです。例えば、抜歯が必要な場合でも、患者さんの希望によっては半年でも1年でも長くご自身の歯を使っていただく治療法を選択しています。その際、「近い将来、抜くことになるかもしれませんよ」と事前に説明することも忘れません。その1本を抜くことによって、入れ歯を作らなければならない場合もあるので、ご本人にとっては切実な問題だと考えています。もうひとつ心がけているのは、老若男女誰に対しても優しく接することです。特に幼いお子さんの診療では、最初に歯ブラシを使ってもらったり、お母さんが治療するところを見てもらったりしながら、歯医者は怖いところではないと思ってもらえる工夫をしています。

工夫をこらし、虫歯や歯周病の予防に取り組む

力を入れている取り組みや、患者さんへの働きかけについて教えていただけますか?

衛生面では、患者さんごとに器具の消毒と滅菌を徹底し、感染対策を万全にしています。治療面では、ビフォー・アフターを比べていただく取り組みが喜ばれています。口腔内カメラを使って患部を撮影すると、穴が開いてまっ黒だった虫歯が、治療後にはきれいな状態に変わっているのが一目瞭然なので、皆さん治療の効果を実感されるようです。ほかにも歯科用CTが設置されていることも当院の強みだと思います。あとは、テレビモニターやタブレット端末を使って歯周病などの動画を見てもらったり、定期検診の案内状をお送りしたりして、痛くなる前に予防する意識を高めています。案内状の文面も工夫しています。美容院や床屋帰りに気軽に寄っていただくことを想定した文面にしています。

予防歯科に対する患者さんの意識は高まっていると感じられますか?

案内状の効果もあるのか、最近は定期検診に通ってこられる患者さんも増えています。それでも、痛くなってから来院される方のほうが大多数です。実は、自分の歯を100%きれいに磨くのは、僕たちプロでも難しいことなんです。人によって汚れやすい場所も違ってきますから、一人ひとりに合った効果的な磨き方があります。当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導のほかに、糸ようじや歯間ブラシの使い方もお教えしています。見た目はきれいな歯でも、歯肉の内側にべったり歯石が付着して歯周病にかかっている場合がありますから。病気の進行を食い止めるためにも、家庭での歯磨きと併せてクリーニングケアにも通ってみてください。

お子さんの歯の健康についてはどうでしょうか。親が気をつけたほうが良いことはありますか?

幼いうちから甘いものばかり食べると、虫歯のリスクが高まるだけでなく、それによって歯並びにも影響すると言われています。とくに、下のお子さんは、お兄ちゃんやお姉ちゃんの影響で早い年齢から甘いお菓子を食べる機会が訪れるので注意が必要です。もし、ご家庭で毎食後の歯磨きが難しいようなら、夜寝る前にうがいをするだけでも虫歯になるリスクを減らすことができます。お子さんの歯並びが気になる場合は、噛み合わせを安定させたり、マウスピースを使う、簡単な矯正治療も行っています。お子さんの意思を確認したうえで治療をはじめますので、気軽にご相談ください。

歯科医師の人間性で選んでもらえるようなクリニックに

休日の過ごし方や趣味について教えていただけますか?

我が家には小学4年生と幼稚園の年中になる2人の娘がいますが、休日には娘たちを近くの公園へ連れていって一緒に遊ぶのが気分転換になっています。家族皆で釣り場へ出かけることもあります。僕は魚釣りが中学時代から好きで、たまに時間がある時は一人でのんびり釣り竿を垂らすのもリフレッシュになります。家族の歯の健康も大切ですから、妻や娘たち、妻の両親の歯を診ることもあります。僕自身も甘いものが好物なので、しっかり歯みがきをしていますし、診療の合間には、歯科衛生士によるクリーニングケアも受けて今のところ自前の歯で生活しています。

ところで、どうして歯科医師になろうと思われたのですか?

祖父と父がそろって眼科の医師で、子どもの頃から人の役に立てる医療の道に進みたいと思っていました。診療科目の枠を超え、父から患者さんの歯について相談を受けるのはうれしいことです。歯科医師を選んだのは、僕自身甘いものが好きで、子どもの頃はよく歯医者さんにお世話になっていたという背景があります。当時は虫歯の治療にまっ黒な薬を塗っていたので、前歯がお歯黒みたいになっていましたよ(笑)。それでも、歯医者へ行くことが嫌だとは全然思わなかったのは、僕を診てくれた歯科医師が優しくて良い先生だったからです。女性の先生で、治療を頑張ったらご褒美をくれたことをいまだに覚えています。子ども心に、こんな優しい先生になりたいなあと考えていました。

今後は、どのような歯科医師をめざしていきますか?

6

人の役に立てればという思いから医療の道をめざしたので、患者さんに喜んでもらえる治療を続けていきたいです。先日、入れ歯の具合が悪いという患者さんがいらっしゃいました。うまく噛めず流動食を余儀なくされていたところ、治療後は「しっかり噛んで食べられるようになった」と喜んでくださいました。僕は体が大きいせいで、患者さんからたまに怖がられたりします(笑)。それでも、何度か通っていただいて話をするうちに、少しずつ打ちとけていくことを実感します。僕が子どもの頃に診てもらった歯医者さんや理事長のように、地域の皆さんから「あそこの先生は優しいよ」と言ってもらえる歯科医師であり続けたいです。皆さんも、困ったことがあれば、気軽に相談にいらしてください。いつでも“優しく”お話を聞かせていただきます。

Access