ハエル歯科クリニック

ハエル歯科クリニック

畑野 尊栄院長

新規開院

183127

豊橋市三ノ輪町にある「ハエル歯科クリニック」。院長を務めるのは、地元豊橋出身の畑野尊栄(たかよし)先生。穏やかな口調で、物腰やわらかな印象だ。生まれ育った地域へ恩返しをしたいとの思いから、2017年2月に同院を開業した。真新しいクリニックの内外装は、白と木目を基調としたおしゃれな住宅のよう。大きな窓からは光が降り注ぎ、院内は明るい雰囲気だ。クリニックのロゴマークは、歯とハート型をモチーフにした木の葉で彩られた木で、これには畑野院長の「患者さんに家族と同じような愛情を持って、真心を込めた治療ができるように」との思いが詰まっている。今回は、そんな畑野院長に診療にかける思いやクリニックづくりへのこだわり、同院独自の取り組みなどたっぷりと話を聞いた。
(取材日2017年5月8日)

家族全員が通いやすいクリニックをめざして

―歯科医師をめざすきっかけや開業までの経緯を教えてください。

高校生の時に進路を選択するにあたり、医療系をめざしていました。その中でも歯学部を選んだ理由は、手先の器用さを生かせると思ったからです。また、コミュニケーションを大切にしながら人と人とのつながりを築いていくことも素晴らしいと思いましたね。実際に歯科医師になり、患者さんとお話しながら診療するのはとても楽しいですし、治療を終えられて笑顔でお帰りになる様子を拝見すると、この職業を選んで良かったと心から思いますね。開業は、私の生まれ育った地域である豊橋でと思っていました。2017年2月にその思いが叶い、開業に至りました。生まれ育った地域に恩返しができることを、とてもうれしく思っています。勤務医と違い、患者さんお一人お一人としっかり向き合い、時間をかけて治療ができるので、開業して良かったと思っています。

―クリニックをつくるにあたり、こだわった所はどこでしょうか。

患者さんには、とにかく安心できる空間をと思い、いろいろなこだわりを詰め込みました。1つ目は、個室診療室のファミリールームです。こちらには、お子さんとその保護者が一緒に入れるようになっています。キッズスペースが併設されているので、親御さんが診療中でも、目の届く範囲でお子さんが遊びながら待つことができます。ご兄弟が受診される場合や親御さんが受診する時でも、交代で治療を受けられるので、たいへん喜ばれています。待合室でお子さんの泣き声だけが聞こえてくると、お母さんはどうしても不安になってしまいますよね。ご自身が受診されている時でも、お子さんが目の届く範囲にいないと気が気ではないと思います。そんな不安を払拭できればと思い、ファミリールームをつくりました。

―2つ目のこだわりを教えてください。

カウンセリングルームを設けたことです。ほかの方の視線が気になったり、お話が聞こえてしまうことのないように、プライバシーに配慮した個室になっています。初診で、早急な治療が必要な方以外は、まずこちらでカウンセリングを行います。私は、患者さんにしっかりとした説明をすることを特に重要視しているので、カウンセリング専用の部屋を設けることは開業前から考えていました。こちらでは、アニメーションやイラストを使用しながら、どなたにでもわかりやすいように、丁寧に説明しています。診療室のほうも半個室で、プライバシーには配慮していますが、開放感があるのでリラックスして治療を受けていただけるのではないかと思います。

記事更新日:2017/05/22


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細