はなみずき通り歯科・矯正歯科

はなみずき通り歯科・矯正歯科

沼田 正央院長、中筋 幾子先生

20190403 bana

リニモのはなみずき通駅から3分ほど歩いた住宅街の一画に、大きく「歯」と書かれた目印のある「はなみずき通り歯科・矯正歯科」。院長を務める沼田正央先生は、愛知学院大学歯学部を卒業後、勤務医として働きながら海外の歯科事情について学んできた経歴を持ち、グローバルな視点から日本の歯科医療の向上に熱意を注いでいる。矯正を担当する中筋幾子先生とともに、同院での診療を通して地域住民の歯の健康を守り続けている先生方に、開業までの経緯から今後の展望まで、いろいろと話を聞いてみた。
(取材日2019年3月15日)

オリジナリティーと遊び心あふれるクリニック

―まず、歯科医師になられた経緯を教えてください。

【沼田先生】生まれは高知県で、子どもの頃は自然の中で遊んでいました。もともと手先は器用で、絵を描いたりするのが好きでしたね。高校時代にはTシャツを作ったり、壁画を描いたり、自分のイラストを売り込んでアルバイトにしたりもしていました。その頃自分の中にあった遊び心は、現在も変わっていませんね。その時あるものを利用して楽しいことを見つけないと損かな、と思うんです。歯科について記憶に残っているのは、子どもの頃通っていた歯医者さんです。そこは年配の患者さんも多く、午前の診察が終わると先生が患者さんみんなを車に乗せてそれぞれの家まで送ったりしていて。待合室ではお茶が出されて、診察が終わってからもおばあちゃんたちが世間話をしていたり。そういった雰囲気はずっといいなあと思っていました。

―この場所で開業した経緯をお聞かせください。

【沼田先生】愛知学院大学歯学部を卒業した後、名古屋市内の医療法人でアルバイトをしながら、いろいろな国の歯科事情を見て回りました。その時の経験から、オーストラリアの、できればメルボルンで開業したいと考えていました。そうこうしているうちに「そろそろ開業したら?」と言われたことから、この近くの場所を探してみたら、たまたまここが空いていて。だから偶然の要素が大きいんです。

―たいへんおしゃれな外観のクリニックですが、設計にあたってどのようなリクエストをしたのですか?

【沼田先生】設計は自分でしました。こだわったのはオリジナリティー。ほかの歯科医院と同じような感じにはしたくなかったんです。待合室に人工芝を敷いたのは、子どもが転んでも痛くないのと、夏場は外の芝生の綠につながっているような感覚があって、自然の中にいるような気分になれるかなと。つえが必要な年配の方や、ベビーカーの患者さんも来院しやすいように、バリアフリーにしてあります。あと、自分の故郷を1分1秒でも長く感じていたいという気持ちから、中庭に高知の名物である土佐文旦(トサブンタン)の苗木を植えました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

【矯正歯科】検査・診断(歯型採取、エックス線検査、口腔内写真、顔の写真ほか、必要と考えられる精密検査)/3万円、矯正料金/40万~120万円、処置・管理料金/4000~6000円 【審美歯科】オールセラミック冠・ジルコニア冠/12万~15万円



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細