全国のドクター8,993人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月20日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市中央区
  4. 長堀橋駅
  5. 総合歯科HMクリニック大阪中央
  6. 松岡 弘樹 院長

松岡 弘樹 院長の独自取材記事

総合歯科HMクリニック大阪中央

(大阪市中央区/長堀橋駅)

最終更新日:2019/08/28

182606

「総合歯科HMクリニック大阪中央」は、大阪メトロ堺筋線・長堀鶴見緑地線の長堀橋駅3番出口から徒歩2分。御堂筋線・心斎橋駅からも徒歩9分でアクセスできる。クリニックは1階から3階までのゆとりのあるスペースで、小児歯科から入れ歯治療、インプラントに至るまで、さまざまな診療ニーズに対応できる「総合歯科」がコンセプト。院長の松岡弘樹先生は「世界基準の治療の提供」を念頭におきながら、単に治すだけではなく、審美性や費用にも気を配り、患者のQOL(生活の質)の向上に貢献することを大切にしている。松岡院長に、歯科医師としてのこだわりやクリニックの診療方針、さらに将来の目標などについて話を聞いた。
(取材日2018年8月16日)

患者に育てられ、歯科医師として研鑽を重ねる

歯科医師を志したのはなぜですか?

1

高校は進学校に通っていて、周りの友達はみんな難関大学をめざしていました。でも高校3年生の時に「このまま一生懸命に勉強して大学に入り、会社に勤めるよりも、一国一城の主になれる仕事がしたい」と考えるようになりました。そういう仕事は歯科医師の他にもありますが、人に必要とされる仕事であること、人を健康にしたり、幸せにしたりしてその対価として収入を得るというところにやりがいがあると思い、歯科大学に進みました。

研修医時代の印象深い思い出があればお聞かせください。

母校の口腔外科で勤めていた時に、ある高齢の女性患者さんを担当しました。当時はまだ新人だったので、今なら5〜10分で終わる処置に、2時間近くかかってしまったのです。「時間がかかってすみません」とお詫びすると、その方は「親切にやってくれてありがとう」とおおらかに言ってくださいました。その女性のことを思い出すたび、患者さんへの感謝の気持ちを新たにしています。新人に治療をさせてくれる患者さんがいらっしゃるからこそ、私たち歯科医師も経験を積み、一人前になれるのです。私は、患者さんに育てていただいたと思っています。だからこそ一人ひとりを尊重し、歯だけを診るのではなく全体を見て、その人が幸せになれるような仕事をすることを大切にしています。

オーストラリアやアメリカ、ドイツにも留学されていますね。

インプラント治療をより詳しく学びたいと思ったからです。日本でも勉強会などに参加していましたが、教えてくださる先生は外国の論文などを読んで学んでおられました。日本では治療方法を先輩から教わりますが、アメリカやドイツでは、歯科医師が自分で論文を調べて、その情報をもとに治療を行います。私も留学中は、たくさんの論文を読んで勉強しました。また、留学先の先生たちにも恵まれ、とても貴重な経験を積むことができました。より専門的なインプラント治療についての知識・技術を学ぶことができ、インプラント治療に関してはアドバンテージがあると自負しています。

クリニック名に「総合歯科」を冠したのはなぜですか?

2

歯科における「総合病院」にしたいという思いがあり、このような医院名にしました。将来的には、小児歯科から入れ歯などの補綴、さらにインプラント治療まで、いろいろな専門的な知識と技術を持った歯科医師が、それぞれの得意な領域を生かした診療を提供できる歯科医院をめざしています。都心でありながら、1階から3階まである比較的大きなクリニックにしたのも、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手など大勢のスタッフが働く、総合歯科として必要なスペースを確保するためです。また、これはもっと先の話ですが、他のエリアにも分院をつくって、自分たちの考える歯科治療を幅広く提供できればと思っています。

「人と人」として患者に向き合う

施設・設備についてのこだわりを教えてください。

3

車いすの方、小さな子どもさん連れのお母さん、ご年配の方、どなたでも快適にご利用いただけるよう、1階診療室は全面バリアフリーとして、エレベーターも備えています。また、キッズルームやパウダールーム、お手洗いも男性用、女性用、男女兼用と3つご用意しました。待合室にはアロマをたき、洋楽のBGMを流すなど、病院っぽくなり過ぎないようにしています。医療機器では、1台でパノラマ、セファロ(頭部エックス線規格写真)、CT撮影を行うことができる歯科用CTを導入しています。従来のエックス線撮影機器による検査よりも極めて少ない被ばく線量で撮ることができます。

患者さんと接する際はどんなことを大切にしていますか?

「人と人」として、患者さんに誠実に向き合うことを心がけています。例えば、診察室に患者さんが入ってこられた時には、必ずゴーグルやマスクを外し、お名前を呼んであいさつをします。当たり前のことですが、人と接する仕事をする以上、人と人との関係が大事です。もしかすると、歯科医師免許を取得する前に、飲食店のアルバイトを経験したことも影響しているのかもしれません。

先生の診療ポリシーをお聞かせください。

4

自分や家族が、安心して受けられるレベルの診療を提供することをモットーにしています。また、ただ治すのではなく、患者さんのQOL(生活の質)に悪影響を与えないよう気を配ります。例えば、前歯の目立つところに虫歯があるケースでは、前歯の欠損部分よりも根管治療を先に進めるのが合理的です。しかし、人と接する仕事の方や女性は、虫歯が目立つと困ります。こういう場合は、まず仮歯を作るなど見た目にも配慮した治療を行います。毎回、仮歯を外す必要があったり、裏側から治療しなければならなかったり、治療が面倒になるのですが、患者さんの気持ちを大事にしたいと思います。また、最近は目立たないように歯の裏側に装置をつける矯正治療を希望される方がお越しになられます。当クリニックでは、経済的な負担を軽減することもQOLの向上に役立つと考え、良心的な費用設定にして提供しています。

充実したクリニックづくりを進める

今後はどんな展望を持っておられますか?

5

2018年の9月で開業2周年を迎え、医療法人化を進めていきます。通常よりはかなり早期の法人化ですが、経営をより安定させるとともに、総合歯科としての当院の組織づくりを進め、他地域での展開も視野に入れながら、いっそうレベルの高い診療を提供したいと考えています。現在は3つのフロアのうち、1階を治療のメインに、2階をメンテナンスなどに使用していますが、広いスペースを生かしてさらに多くの患者さんに対応できる体制をめざします。また、法人化することで、スタッフの待遇や福利厚生をさらに充実させることが可能です。人が増えれば有給休暇はもちろん、歯科クリニックでは難しい土日連休なども取りやすくなります。

スタッフのレベルアップも大切ですね。

総合歯科を目標にしているので、ある程度の経験があり、オールマイティーに対応できる歯科医師、歯科衛生士、歯科助手の充実が必須です。仕事に対して真摯で、明るく前向きに取り組んでくれる人なら、充実した待遇と福利厚生のもと楽しく働いてもらえると思います。一般歯科はもちろん、歯の裏側の矯正など通常はなかなか経験できない治療も経験でき、経験豊富な先輩も多いので、レベルアップにも役立つはずです。さらに、スタッフ自身が希望する勉強会やセミナーだけでなく、その人のレベルアップ、クリニックの診療の質向上のために受講が望まれる研修などについても、クリニックが費用を負担して受けていただけます。

休日の過ごし方を教えてください。

自転車が趣味で、名古屋までのツーリングや長野県の乗鞍岳に登った経験もあります。自然の中にいるのが好きなので、ペダルをこいで自然の多い道を走っていると、とても爽快な気分になれます。海や山に行くのも好きで、ダイビングのライセンスを持っているほか、頂上には到達できませんでしたがエベレスト登山に挑戦したこともあります。じっとしていることが苦手なので、休日はよく出かけて、あえて歯科医師以外の友人と会う時間も大切にしています。

読者に向けて、メッセージをお願いします。

20180928 6

治療の際は、患者さんのQOL(生活の質)の向上に少しでも貢献できるよう、しっかりと治すことはもちろん、見た目にも、痛みにもこまやかに配慮をしています。「歯科医院に行くのは怖い」「いつも緊張してしまう」という方も多いと思いますが、どのような症状であっても、その方に適した治療法で対応いたします。困っていること、気になることがあるなら、相談するような感覚で、お越しいただければと思います。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access