全国のドクター8,757人の想いを取材
クリニック・病院 161,540件の情報を掲載(2019年12月12日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 葛飾区
  4. 綾瀬駅
  5. 綾瀬駅前りょうデンタルクリニック
  6. 秋元 亮介 院長

秋元 亮介 院長の独自取材記事

綾瀬駅前りょうデンタルクリニック

(葛飾区/綾瀬駅)

最終更新日:2019/08/28

182388 %e7%b6%be%e7%80%ac%e9%a7%85%e5%89%8d%e3%82%8a%e3%82%87%e3%81%86%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

綾瀬駅東口から徒歩15秒という極めて便利な立地にある「綾瀬駅前りょうデンタルクリニック」。にぎわう通りからエントランスを入ると、白とブラウンを基調としたシックな空間が広がる。白木風のカウンターやアイアンの壁飾りなどから「おしゃれなカフェみたい」と話す患者も多いそうだ。院長の秋元亮介先生は、日本大学歯学部を卒業後、葛飾区内で長く歯科診療にあたってきており、2017年に慣れ親しんだ場所に開業。「歯科治療は時間が命。1分1秒たりとも時間を無駄にしたくはありません」と話す。患者の要望に即した最良の歯科治療を提供するために、また患者側もしっかりと治療を受けるために、予約時間を守ることを求めている。そんな秋元院長にクリニックの特徴について語ってもらった。
(取材日2019年2月26日)

歯科治療は時間が命。アポイントの時間は互いに厳守を

とてもおしゃれでシックな雰囲気のクリニックですね。

1

私は内装などについてまったくの素人ですから、開業の際、内装業者さんと何回も打ち合わせを重ねました。当初は落ち着いた暖色系の色味でまとめたいと思ったのですが、この建物は天井も決して高くないですし、さほど広いわけでもありません。なので、壁は白を基調にして開放感を出しました。待合室のインテリアも実は内装業者さんのアイデアです。開業後、患者さんたちから「カフェのような雰囲気ですね」と言われることが多かったですね。診療室は、半個室と個室の2タイプを用意しています。歯科治療では込み入ったお話をすることもありますし、患者さんのプライバシーをある程度確保できますので、安心して本音をお話ししていただけるのではと思います。

歯科医師を志したきっかけを教えてください。

小さい頃は歯科クリニックが大嫌いだったんですが、ある日、母親が横浜にある小児歯科治療を専門とする歯科医院に私を連れて行ったのです。そこは昔ながらの歯科医院で、院長先生はとても誠実で真面目な方でした。治療後に褒めてくれたり、お土産をくれたりと、とても優しく、いつの間にか院長に憧れ、大嫌いなものを大好きなものにしてくれた先生みたいになりたいと思っていました。ここで開業する際にご連絡を差し上げたら、苗字を名乗っただけで「亮介くん!」と名前で呼んでくださいました。院長のファンだった子どもが実際に歯科医師になったことをとても喜んでくださいました。私はまだその院長の域には達していませんね。今でもまだ憧れの存在です。

歯科医師として大切にしていることは何ですか?

一つは約束事を守ることです。当院は予約診療で患者さんを待たせることのないようにしています。初診時には1時間、通常は30分ほどお時間をとります。また、初診の方には15分前、通常は10分前にお越しいただくようお願いしています。というのも受付が混んでいる場合があり、時間通りに治療できない可能性があるからです。患者さんにとっても歯科医師にとっても時間は命。患者さんの大切な時間を1分1秒たりとも無駄にしたくはありませんので、アポイントメントの時間は必ず守っています。しかし、患者さんの中には無断キャンセルをする方がおり、普段予約が取れない方だと次の予約がだいぶ先になってしまいますので、患者さんにも約束を大切にしていただきたいと思います。もう一つ大切にしているのは、歯科医療の専門家として患者さんが知っておくべきことはきちんと伝えることです。患者さんは専門家ではないので、一知半解であたりまえだからです。

知識が十分ではないということでしょうか?

2

私が何か説明しようとしますと、「あぁ、それ知ってる。〇〇なんですよね」と言う方がおられます。しかし、自分ではわかっているつもりでいても、実は誤解していたり、中途半端な知識であることが多いのです。私たち歯科医師は6年間にわたって歯科医療を学んできた専門家です。患者さんが誤って理解していること、見逃していることがあればわかりやすくお伝えして、きちんと正しく知ってもらうようことが、専門家の役目だと思っています。

先進機器を駆使して、正確な診断と緻密な治療をめざす

治療前にはしっかり患者さんとお話しされるそうですね。

3

はい。患者さんのお口の中を確認した後、どんな治療をするのか、どういった治療が適切なのか、じっくりと話し合います。歯科医療は、例えて言うなら宝探しのようなもの。地図をもとに次から次へと効率良く探していきますが、地図がなければどこを探せばいいかわからず右往左往するばかりです。歯科治療も、地図がないと治療に迷うことも多くなります。地図の提案権は歯科医師にありますが、決定権は患者さん側にあります。こちらがお勧めした治療でも、患者さんの同意が得られなければ治療は行いません。あくまでも患者さんの要望やお考えを最優先しています。

治療ではどんなことに気をつけておられますか?

患者さんに無駄な時間を費やさせないことです。患者さんの多くはなるべく早く治療を終わりたいと思っているのではないでしょうか。私はこれまで人の倍以上、治療技術のトレーニングを重ねてきたという自負もあり、治療の手際の良さには自信を持っています。もちろん丁寧さ、正確性は何よりも大切にしています。先ほどもお話ししたように、歯科治療では時間がとても重要です。30分という限られた時間で、いかに正確で効率良く濃密な治療を行えるかを常に考えています。ただ中には、長い時間をかけてもらったほうがいい、と考える人もいらっしゃいます。その場合はそもそも患者さんのニーズが違うので、その方に合った治療スピードで対応するよう努力しています。

こちらのクリニックの検査機器・治療機器について伺います。

4

歯科用3DCTやマイクロスコープを導入しています。歯科用3DCTは、2次元ではなく3次元で確認していくことが一番の利点です。顎の骨の形状や神経の様子が確認できるため、より正確な診断が可能となります。特に下顎には太い神経が通っていますので、治療のリスクを判断する時にも重要です。インプラント治療の際は必ず撮影しています。マイクロスコープは最大20倍まで拡大でき、肉眼では見えない部分まではっきりと確認できる点が一番の利点です。より丁寧に精度にこだわった治療を行うことができます。

「虫歯治療だけでOK」という考えを変えていきたい

予防歯科についてはどのように取り組まれていますか?

5

実はこの地域は、虫歯の治療さえすればいい、と考えておられる方がとても多いんです。虫歯だけでなく歯周病の治療や予防が大切であることをぜひ理解していただきたいですね。歯周病の炎症が出ている状態で、かぶせ物を装着すると歯茎の炎症が進行する場合もありますので、虫歯治療と歯周病治療、合わせて行うことが大切なのです。治療後のメンテナンスは、3ヵ月後ではなく、まず1ヵ月後に来ていただいて歯磨きがきちんとできているかどうか確認し、何か問題があれば再度指導しています。治療やメンテナンスについては、将来こうならないためにはこのようにするといい、というような話をすることも多いですね。

スタッフさんの応対も明るく丁寧ですが、どのように教育されているのですか?

スタッフには、歯科治療は時間が命であるということはよく話しています。一番大事なことは、患者さんの喜びが自分の喜びにつながるということでしょうか。仕事中の返事も大事だと思います。スタッフが暗いやる気のない返事をしていたら、患者さんも不安になるでしょう。時々ふざけた調子で返事をするスタッフもいますが、それが緊張感をふと和らげてくれているようです。患者さんやスタッフ、みんなが家族と感じられるような職場、大好きと感じられる職場にしたいなと思っています。

では最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いいたします。

6

多くの方に、歯周病の治療や定期的なメンテナンスが重要であることをご理解いただけるよう、努力していきたいですね。今年の夏には法人化を予定していますので、地域の方々により温かい歯科医療を提供していきたいと思います。できれば分院をつくり、より広い地域の方々に対応していければと思います。虫歯や歯周病が進み、どうしていいかわからず迷っている方は、ぜひ相談に来てください。口腔内を分析して、適切な治療のロードマップを提案させていただきます。審美面を重視した治療も得意としていますので、審美的なことで悩んでいる方もご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/3万円~、インプラント治療/1本40万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access