全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月22日現在)

みずかみ歯科・矯正歯科クリニック

水上 伸太郎 院長

182240 %e3%81%bf%e3%81%99%e3%82%99%e3%81%8b%e3%81%bf%e6%ad%af%e7%a7%91 %e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

阪急箕面線の桜井駅を下車してすぐ、5階建てマンションの1階にある「みずかみ歯科・矯正歯科クリニック」を訪ねた。歯科全般を手がける水上伸太郎先生を院長に、矯正歯科を専門とする水上恭子先生が副院長を務めるクリニックだ。院内で一般歯科と矯正歯科との密接な連携が取れることが同院の大きな特徴であり、患者にとって大きなメリットだと言えるだろう。生まれ育った箕面市に強い愛着を示す伸太郎院長は、幅広い知識と技術を身につけた町医者として地域住民に寄り添っていきたいと語る。「もし自分が患者だったらしてほしい治療」の実践を心がけているという院長に、いろいろと話を聞いてみた。
(取材日2017年12月13日)

オールマイティーな知識と技術を持った町医者をめざす

―歯科医師をめざした理由と、この場所で開院した経緯を教えてください。

父が医師だったことから、自分も医療の道に進みたいと思ったのが理由ですね。最初はここで開業することは考えていなかったんですが、大学進学で離れてみたら、改めて地元のよさに気づきました。大学卒業後、広島で勤務医として数年働いてから大阪に戻り、生まれ育ったこの地で開業することにしたんです。この辺も昔に比べるとだいぶ明るくきれいになりましたね。駅からも近い場所で、タイミングよく開院することができました。住んでいる人たちも、コテコテの大阪人とはちょっと違う雰囲気で(笑)、こちらの話をじっくり聞いてくれる人が多いところは、自分がやりたい診療スタイルに合っている気がします。来ていただいている患者さんは、小さいお子さんから高齢者まで、年齢層は幅広いです。近隣の方が中心ですが、紹介で遠方から来られる患者さんもいらっしゃいます。

―先生の専門分野を教えてください。

手がける分野は歯科全般です。どのような患者さんにも対応できるように、得意分野の異なる勤務先を選び、それぞれの知識と技術を身につけてきました。めざすのはオールマイティーな町医者ですね。大学在学中は口腔外科に興味を持って大学院に進もうかなと考えた時期もありましたが、いずれ開業するつもりだったので、それなら1つの科を専門的に追求するより、歯科全般を幅広く診られるようにしたほうがいいと考えました。インプラントについても必要な知識と技術が得られるように、その分野では知られている先生の元で修行させてもらいました。また、インプラント治療の中でもサイナスリフト(上顎洞底挙上術)やGBR(骨造成)といった難易度が高い治療にも対応しており、患者さんに合わせた最善と考える治療をしていきたいと思っています。

―インプラントは高齢の患者さんが多いのですか?

30代から60代ぐらいまでの患者さんが中心ですね。でも年齢は関係なく、どの患者さんも一度入れたら一生保たせることが自分の責任だと思って治療にあたっています。インプラントは手入れをせずに放っておくと不具合が出てきたりするので、そうならないように、定期的なメンテナンスには必ず来てほしいですね。あとは日頃のお掃除をしっかりしてもらうことも大事です。治療で使用するインプラントの素材も、もし自分が患者だったらと考えて、できるだけ信頼のおける、いいものを選んでいます。治療が終わった患者さんから「よく噛めるようになりました」と言われるとうれしいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細