全国のドクター9,331人の想いを取材
クリニック・病院 160,992件の情報を掲載(2020年11月27日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 箕面市
  4. 桜井駅
  5. みずかみ歯科・矯正歯科クリニック
  6. 水上 伸太郎 院長

水上 伸太郎 院長の独自取材記事

みずかみ歯科・矯正歯科クリニック

(箕面市/桜井駅)

最終更新日:2019/08/28

182240 %e3%81%bf%e3%81%99%e3%82%99%e3%81%8b%e3%81%bf%e6%ad%af%e7%a7%91 %e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

阪急箕面線の桜井駅を下車してすぐ、5階建てマンションの1階にある「みずかみ歯科・矯正歯科クリニック」を訪ねた。歯科全般を手がける水上伸太郎先生を院長に、矯正歯科を専門とする水上恭子先生が副院長を務めるクリニックだ。院内で一般歯科と矯正歯科との密接な連携が取れることが同院の大きな特徴であり、患者にとって大きなメリットだと言えるだろう。生まれ育った箕面市に強い愛着を示す伸太郎院長は、幅広い知識と技術を身につけた町医者として地域住民に寄り添っていきたいと語る。「もし自分が患者だったらしてほしい治療」の実践を心がけているという院長に、いろいろと話を聞いてみた。
(取材日2017年12月13日)

オールマイティーな知識と技術を持った町医者をめざす

歯科医師をめざした理由と、この場所で開院した経緯を教えてください。

1

父が医師だったことから、自分も医療の道に進みたいと思ったのが理由ですね。最初はここで開業することは考えていなかったんですが、大学進学で離れてみたら、改めて地元のよさに気づきました。大学卒業後、広島で勤務医として数年働いてから大阪に戻り、生まれ育ったこの地で開業することにしたんです。この辺も昔に比べるとだいぶ明るくきれいになりましたね。駅からも近い場所で、タイミングよく開院することができました。住んでいる人たちも、コテコテの大阪人とはちょっと違う雰囲気で(笑)、こちらの話をじっくり聞いてくれる人が多いところは、自分がやりたい診療スタイルに合っている気がします。来ていただいている患者さんは、小さいお子さんから高齢者まで、年齢層は幅広いです。近隣の方が中心ですが、紹介で遠方から来られる患者さんもいらっしゃいます。

先生の専門分野を教えてください。

手がける分野は歯科全般です。どのような患者さんにも対応できるように、得意分野の異なる勤務先を選び、それぞれの知識と技術を身につけてきました。めざすのはオールマイティーな町医者ですね。大学在学中は口腔外科に興味を持って大学院に進もうかなと考えた時期もありましたが、いずれ開業するつもりだったので、それなら1つの科を専門的に追求するより、歯科全般を幅広く診られるようにしたほうがいいと考えました。インプラントについても必要な知識と技術が得られるように、その分野では知られている先生の元で修行させてもらいました。また、インプラント治療の中でもサイナスリフト(上顎洞底挙上術)やGBR(骨造成)といった難易度が高い治療にも対応しており、患者さんに合わせた最善と考える治療をしていきたいと思っています。

インプラントは高齢の患者さんが多いのですか?

2

30代から60代ぐらいまでの患者さんが中心ですね。でも年齢は関係なく、どの患者さんも一度入れたら一生保たせることが自分の責任だと思って治療にあたっています。インプラントは手入れをせずに放っておくと不具合が出てきたりするので、そうならないように、定期的なメンテナンスには必ず来てほしいですね。あとは日頃のお掃除をしっかりしてもらうことも大事です。治療で使用するインプラントの素材も、もし自分が患者だったらと考えて、できるだけ信頼のおける、いいものを選んでいます。治療が終わった患者さんから「よく噛めるようになりました」と言われるとうれしいですね。

一般歯科と矯正歯科の両方を治療できることが強み

奥さまが矯正歯科専門で副院長を務めているんですね。

3

妻とは大学の同級生なんです。矯正は専門である彼女に任せて、それ以外の治療は自分が完璧にこなせるようにと、そのために必要な知識と技術を身につけてきました。同じ医院で一般歯科と矯正歯科の両方を治療できることは、当院にとって大きな強みだと思っています。必要があれば一般歯科の治療から矯正治療へとスムーズに移行することができますし、逆に一般歯科の治療に関して矯正の相談をすることもあります。例えばかぶせ物をするときに「この歯の位置を少しだけ動かせたら、もっといい治療ができるのに」と思ったときなどに、その場ですぐ相談ができるので、患者さんによりよい治療を提供することにつながっていますね。

子どもの矯正はいつ頃から始めればいいんでしょうか?

永久歯に生え変わる時期に始めることが多いですが、もっと早く来られる方もいらっしゃいます。第1期治療の場合は、顎の骨の成長に合わせた矯正になるので、マウスピース型装置などを使って経過を見ながら矯正していきます。小さい頃のほうが骨が軟らかいので、痛みは少ないようですね。矯正に限ったことではありませんが、子どもの患者さんに対しては、泣いているのを押さえつけて無理矢理治療したりはしません。時間をかけて、少しずつ慣れてもらうようにしています。話し方も恐怖心を与えたりしないように気をつけて、もちろん怒ったりはしません。そうやって根気よく接していると、最初は嫌がっていた子どもでも、徐々に治療をさせてくれるようになりますね。

大人になってから矯正される方も多いんですか?

4

子どもや若い方に限らず、ご年配の方々も矯正治療で通院されています。矯正は子どもがするものというイメージを持っている方も多いかも知れませんが、大人の方の中にも、矯正をすればもっとよく噛めるようになるし、見た目もきれいになるのに、という方がよくいらっしゃいます。ときにはこちらからお話しすることもありますが、患者さんからも遠慮なく相談していただきたいですね。自分も噛み合わせがちょっと悪かったので、妻に矯正してもらいました。噛み合わせは見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病にも関わってきます。人生80年と考えたら、40歳で矯正したとしてもまだ40年はあるわけですから、その間自分の歯でしっかり噛める環境をつくるために矯正することには、大きなメリットがあると思います。

一人ひとりしっかり時間を取って質の高い治療を

ところで、休日はどのように過ごしていますか?

5

休みの日は2歳になる上の子どもと遊ぶことが多いです。でも甘えてくるときがあると思えば、全然相手をしてくれないときもあって、なかなか難しいですね(笑)。趣味はゴルフです。ほぼ毎週打ちっ放しに行ってリフレッシュしています。コースは箕面、茨木辺りへ行くことが多いですね。スコアは90台後半ぐらいでしょうか。中学から大学まではサッカーをやっていたんですが、最近は年に1回やるくらいですね。あとはときどき学生時代からの友人と食事に行ったりするのも楽しみの一つです。

歯科医院としての今後の展望はありますか?

これからも、短時間で流れ作業のように診ていく治療はしたくないので、一人ひとりしっかり時間を取って、質の高い治療をしていきたいですね。その分治療の回数と期間も短くて済むので、患者さんにもメリットはあると思います。よほどのことがない限りは、そのスタンスは保っていこうと考えています。あとは虫歯や歯周病の予防に対する患者さんの意識をもっと高めていきたいです。数ヵ月に1回掃除をするだけでも、ご高齢になってからの歯の喪失率がかなり違ってきます。痛くなったときには、症状がある程度進んでしまっているので、そうなる前に来てほしいんです。痛くないうちに来てくれれば、治療の痛みも少なくできますから。当院では初診のときに患者さんの口の中のプラークを採取して顕微鏡でお見せしているんですが、菌がたくさんいることに驚かれる方が少なくありません。それが定期検診に来るためのモチベーションになってくれたらいいなと思います。

それでは最後に、読者に対するメッセージをお願いします。

6

くり返しになりますが、特に女性の方の場合、子育てで忙しい方も多いと思うんですが、30~40代の頃から定期的に口腔内のケアをする習慣をつけてほしいですね。そうすれば更年期以降に歯を失う確率を下げることができます。そういった患者さんには、いつも「美容院に行くようなつもりでメンテナンスに来てくださいね」とお話しているんです。歯医者は削ったり詰めたりするためだけでなく、きれいにするところでもありますから。近隣にお住まいの方は、自分では何も症状がないと思っても、ぜひ一度いらしてみてください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access