全国のドクター12,758人の想いを取材
クリニック・病院 158,426件の情報を掲載(2024年7月17日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 箕面市
  4. 彩都西駅
  5. ファミーユデンタルオフィス
  6. 川野 雅也 院長

川野 雅也 院長の独自取材記事

ファミーユデンタルオフィス

(箕面市/彩都西駅)

最終更新日:2024/06/12

川野雅也院長 ファミーユデンタルオフィス main

彩都西駅から徒歩10分、高台の静かな住宅地にある「ファミーユデンタルオフィス」を訪ねた。川野雅也院長の診療の根幹となる「家族で食卓を囲み、ごはんをおいしく食べてもらいたい」という思いから、フランス語で家族を意味する「ファミーユ」と名づけられたクリニックの院内は、白を基調にした明るく清潔感にあふれた空間。誰もがリラックスして診療を受けられる雰囲気だ。大学では歯科麻酔学を学び、全身管理についても豊富な知識と経験を持つ川野院長。勤務医時代にはインプラント治療をはじめ歯周治療、根管治療、補綴・審美、口腔外科、小児歯科、矯正治療や訪問診療と多くの分野を研鑽。その経験を生かし、一つのクリニックでほとんどの歯科治療を完結できるのが強みだと話す院長に、同院の診療内容やめざす医療について語ってもらった。

(取材日2024年3月7日)

家族皆で楽しく食事ができるよう口腔の健康をサポート

「家族で通えるクリニック」がコンセプトだそうですね。

川野雅也院長 ファミーユデンタルオフィス1

開業当初から、小さいお子さんからご年配の方まで来ていただける歯科医院をめざして診療を行ってきました。このエリアはファミリーでお住まいの方がとても多く、皆さんが一緒に食卓を囲んでおいしく食事ができるように、またご高齢の方であっても食べ物の硬さなどを気にせず皆と同じものが食べられるようにサポートできたらと考えて、日々診療にあたっています。近年、やわらかい食べ物が多い、タブレットやゲームなどで姿勢が崩れるなど、生活習慣の影響から、口腔機能の低下や歯並びの悪さが目立っていますが、これらを改善するためには、ご家族全員で意識を変えていくことが重要です。ご家族で通院いただけると、親御さんとお子さんの各視点から普段の生活習慣が見えてきて、具体的な指導やアドバイスがしやすいというメリットもあります。

どのような生活習慣が、子どものお口の健康に悪影響を与えますか?

例えば、食事の際に見るテレビが、体の真横の方向にあると、テレビに顔を向けようと首をひねって食事をする格好になります。この体勢だとテレビ側の歯や顎しか使わず、顎の位置がずれてしまったり筋肉のバランスが崩れてしまったりするんです。アンバランスなお口では噛むことが困難となり、食べ物がうまく飲み込めないなど大きな影響が出てくることも。また、口腔機能が正常でないと口呼吸になりがちで、呼吸は睡眠にも関係するので注意が必要です。診療ではこのようなお話を患者さんにお伝えしています。なお、親御さんにお子さんのお口の仕上げ磨きのやり方をレクチャーすると、親御さん自身も自分の歯をきちんと磨けているかどうか意識するきっかけにもなるでしょう。お子さんのお口の健康を守る行動が、相乗効果で大人の歯を守ることにもつながるんです。

歯科麻酔学を学んだ経験から、全身管理の視点もお持ちですね。

川野雅也院長 ファミーユデンタルオフィス2

一般的な歯科医院ではお口の中のことが優先されるかと思いますが、当院では私が歯科麻酔学を専門的に学んだ経験もあり、ご来院いただいた時点から患者さんの全身状態にも気を配って診療を進めています。高齢の方で全身疾患があるケースでは、必要があれば内科とも連携しながら対応する他、障害のある方には鎮静剤を用いた診療のご用意もあります。歯科麻酔学では気道の確保や嚥下などについて深く学ぶため、治療時に不測の事態が起こっても緊急対応についての知識があるので、それは強みとなっています。

一般歯科から矯正、インプラントまでトータルに対応

小児歯科やインプラント治療など、幅広くトータルで対応できる診療体制ですね。

川野雅也院長 ファミーユデンタルオフィス3

一般歯科から予防処置、小児歯科治療、矯正、審美歯科、インプラント治療、口腔外科治療まで、幅広い診療メニューを取りそろえています。当院は「かかりつけ歯科医院」として、さまざまなケースに対応できるようメニューを用意しており、あちらこちらの歯科医院に行かなくても当院だけで完結できる体制を整えています。もし当院では対応しきれない症例だと判断した場合は、大学病院と連携を取って専門の先生をご紹介しています。幅広い診療ができるからこそご家族全員で通っていただきやすいですし、診療室へ親子で入り、お口の状態や治療も側で見て頂く事で、お子さんの安心感や親御さんの理解も得やすい体制をとっております。

トータルな診療を実現するために導入しているさまざまな設備について教えてください。

歯の根っこの治療や親知らずの抜歯、インプラントなどの診断・治療のために用いる歯科用CT、あとはかぶせ物や詰め物、インプラント治療時に使うステントなどを精密に作製する際に必要な口腔内スキャナーも備えています。近年、歯科医療はデジタル化が進んでいます。これまでは粘土のような印象材を使った型採りをして、仮合わせをして……といった過程を経なければなりませんでした。ですが今は、歯科用CTと口腔内スキャナーを使用すれば次回来院時には仕上がっていて、すぐに治療・手術に取りかかれるのです。患者さんにとっては型採りの負担が減り、来院回数も総診療時間も短縮され、なおかつ精度の高い治療が期待できるのですから、大きなメリットだと思います。

歯科医療のデジタル化についてはどのようにお考えですか?

川野雅也院長 ファミーユデンタルオフィス4

例えば、時間がかかって嫌がられることが多かったお子さんの型採りも、口腔内スキャナーであれば時間をかけず手早く終えることができるので重宝しています。また、従来の模型は一色で作製されるため見た目にわかりにくかったのですが、口腔内スキャナーで撮ったカラーの画像はその場で確認でき、表から裏からとぐるぐる回しながら、実際のお口の中の状況をさまざまな角度で診られるのが利点だと思います。歯科用CTと併せて活用することで、このままであれば歯が並びきらないなど、将来の症状予測も可能です。今後も患者さんにとってメリットとなり、私にとっても使いやすい先進機器は積極的に導入していきたいですね。

食育や口腔機能訓練など、口から始める健康づくり

診療以外にも、食育などにも力を入れておられるそうですね。

川野雅也院長 ファミーユデンタルオフィス5

食パンの耳は食べない、ハンバーグなど食べやすい物を好むといったように、小さな頃からやわらかい物ばかりを食べているお子さんが増えています。また、大人でも果物をほとんど口にしないなど、偏った食事をしている方もいらっしゃいます。そのような方たちに、バランスの良い食事の大切さや取るべき栄養素などをお伝えしています。食事の内容だけでなく、食事の際のお口の使い方や姿勢も重要なので、お口周りの筋肉や舌の動かし方や体幹を鍛えるための腹式呼吸をお教えして、親子で実践してもらっています。食事の時の姿勢が整うと、物を飲み込む嚥下機能も向上するんですよ。実は嚥下は本能ではなく、生まれてから獲得していくもので、例えば脳梗塞などの病気で忘れてしまうこともあるのです。小さなお子さんから高齢の方まで、家族みんなでしっかり正しく噛むための習慣づくりに取り組んでいただきたいですね。

スタッフさんについても教えてください。

当院のスタッフはよく気が回って、私の足りないところや行き届かないところをフォローしてくれるとても頼もしい存在です。当院にはトリートメントコーディネーターといって、私に代わって患者さんのお話を聞き、治療の分かりにくい部分を補足、説明してくれるスタッフがいます。治療の一連の流れをかなり詳しく把握してくれているトリートメントコーディネーターのおかげで、私は治療に専念できています。普段からコミュニケーションを密に取って、院内サービスの向上に努めています。

最後に、地域の方々にメッセージをお願いします。

川野雅也院長 ファミーユデンタルオフィス6

2016年に開業して以来、町のかかりつけ医として地域に溶け込めるよう努めてきました。当院の強みの一つは、歯科医師は私一人でご家族全員を担当していること。ご家族のお口を把握することで、「最近、中学生のお子さんが来ていないけれど大丈夫かな」と気にかけたり、ご家庭の生活習慣改善のアドバイスをしたりと、こまやかなサポートにつなげていきたいと考えています。長年、自分の口でおいしくごはんを食べてもらいたいと思って診療してきましたし、これからもその思いは変わりません。これからもこのエリアの方に親しんでいただき、ご家族全員で通っていただける歯科医院になれるよう努めていきますので、どんな小さなことでもご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/3万3000円~、セラミックを用いた治療/11万円~、成人の歯列矯正/上下:66万円~ 片顎:33万円~、小児のマウスピース型装置を用いた矯正/12万5000円~、小児のワイヤー矯正/16万5000円~、インプラント治療(上部構造含む)/40万円~
※費用は目安のため詳しくは医療機関に直接お問い合わせください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access