歯科川崎医院あいおい

歯科川崎医院あいおい

田口 裕麻院長
頼れるドクター掲載中

181598 %e6%ad%af%e7%a7%91%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%8c%bb%e9%99%a2%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%8a%e3%81%84

歯科医師の家系に生まれ、3代目だという田口裕麻先生は「気づいたら歯科医師になっていた」と笑う、生まれながらの歯科医師だ。歯科医師としての人生を大きく変えたのは、恩師である「歯科川崎医院」の院長、川崎正仁先生との出会いだった。スタッフも患者も、とにかく人を大切にする生き方に感銘を受け師事。2016年に分院である「歯科川崎医院あいおい」の院長に抜てきされた。心の通う歯科医療で歯科医師として成長する中、歯科医師への道をつくってくれた父の気持ちがようやくわかりかけてきたという。そんな田口先生に、人を大切にする歯科医療について熱い思いを聞いた。
(取材日2018年3月14日)

「人と人との関わり方の歯科医療」をめざす 

―カフェのようなすてきなインテリアですね。おしゃれで広々とした空間に癒やされます。

患者さんに来て良かったなと思っていただけるよう、自然素材をふんだんに使って居心地の良い空間になるよう心がけました。また、当院は完全バリアフリーの設計となっています。単に段差をなくして車いすやベビーカーのまま診察台まで来ることができるだけでなく、車いすを押すつき添いの方が移動しやすいよう、入口や通路など、あらゆる面で通常より広いスペースを確保しました。また診察台の近くにベビーカーを置けるようにしたほか、診察室内にキッズスペースを設けて、保護者がお子さんの様子を見ながら安心して治療を受けられるようにしたところ、小さいお子さん連れの患者さんからたいへん好評です。

―設備も充実していて驚きました。滅菌ルームなど衛生面も重視されていますね。

歯科用CTや鮮明な写真が撮れる口腔内専用カメラで、患者さんにご自分のお口の中の状態を実際に見ていただきながら、お口の中の様子を説明しています。できるなら見たくないという方もいらっしゃいますが、まさに百聞は一見に如かずで、現況を知ることで皆さんの意識が変わります。当院では本気で治そうとご本人に思っていただくところから治療が始まります。そのために治療に入る前に患者さんの不安を取り除き、きちんとご納得いただけるよう、わかりやすい説明を心がけています。また、小さいお子さんから高齢の患者さんまで幅広い年代の方がいらっしゃるので、院内感染はあってはならないことです。世界的に厳しいとされる欧州基準をクリアした滅菌器による、徹底した滅菌対策や医科用の空調設備、歯を削った際の粉塵が飛び散らない口腔外バキュームの設置など、どなたにも安心して受診していただけるよう配慮しています。

―クリニックのコンセプトを教えてください。

当院は2016年6月に上溝にある歯科川崎医院の分院として開院しました。本院の理念は「人と人との関わり方の医療」。当院もその理念にのっとって、一人ひとりの患者さんときちんと向き合いながら、心の通う歯科医療をめざしています。治療への不安を取り除く、痛みを抑えた治療でストレスなく通えることを基本に、お子さんから高齢の方まで、どのような患者さんにも安心して治療を受けていただきたいと考えています。また、今はまだ本院ほど本格的ではありませんが、通院の困難な方には訪問歯科診療も実施しています。フットワークを生かした診療で、実際に顔を合わせて信頼関係を築きつつ地域に貢献していけたらいいなと思っています。



Access