全国のドクター9,506人の想いを取材
クリニック・病院 160,465件の情報を掲載(2022年10月05日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 高槻市
  4. 摂津富田駅
  5. ホワイト歯科医院
  6. 南 陽一 院長

南 陽一 院長の独自取材記事

ホワイト歯科医院

(高槻市/摂津富田駅)

最終更新日:2021/10/12

181470 %e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

JR京都線摂津富田駅より徒歩5分、阪急富田駅より徒歩7分の住宅街の一角に門を構える「ホワイト歯科医院」。真っ白な外観に大きな看板、入り口に続くスロープがとひときわ目を引く。外観・内観ともに車いすやベビーカーを使う患者に配慮したバリアフリー設計で、診療室はプライバシーを重視した半個室の造りになっている。院長を務める南陽一先生は大学卒業後、複数の歯科医院で経験を積み、中学・高校時代を過ごした思い入れのあるこの地に開業した。「地に足をつけて長く地域の患者さんに接していきたいと思っています。」と爽やかな笑顔で話す南先生に、クリニックのこだわりや定期的なメンテナンスのメリット、患者への思いなどじっくり語ってもらった。

(取材日2018年1月26日)

長く深くこの地で暮らす人々の口の健康を守りたい

3代にわたる歯科医師の家系だと伺いました。

1

祖父・父が歯科医師で、私で3代目です。それぞれが開業しており、父が枚方で開業した「南歯科医院」は現在も診療しています。祖父が歯科医師として働いている姿は見ていませんが、小さい頃から働く父の姿を見てきたので、自然と歯科医師をめざすようになりました。また子どもの頃から手先が器用だったり、物事を相手にわかりやすく説明することが得意だったので、自分でも「歯科医師に向いているな」と思っていました。大学卒業後は、いくつかの医院で勤務しましたが、父が体調を崩したため「南歯科医院」の副院長に就任。主任医師として長年臨床にあたっていました。

この地に開業した理由と、クリニックづくりでこだわったところを教えてください。

実家は枚方ですが、中学・高校が高槻だったのでなじみ深かったこと、わかりやすく通院しやすい場所だったこともあり、この地に決めました。建物は地震に強く、車いすやベビーカーでもスムーズに利用できるバリアフリー設計。駐車場も、3台ほど用意しております。院内は患者さんが気持ちよく利用でき、毎日勤務するスタッフにも良い環境で働けるように特殊換気システムを導入しました。歯を削るときに出る粉塵を含む汚れた空気を清浄してくれます。幅広い層の患者さんが来院されるので、待合室には小さなお子さん向けの絵本も用意しています。地に足を付けて長く地域の患者さんに関わっていきたいと思っています。

日進月歩の歯科医療ですが、どのように新しいものを取り入れていますか?

2

講習会など情報収集を行い、よりスムーズに治療ができる方法を選択していきたいと思っています。最新のものに流されるのではなく、見極めながら良いものを取り入れていきたいですね。現在当院では、診察台前のモニターでアニメーションを流して説明を聞いてもらう方法を取り入れています。言葉だけではわかりにくい説明も、アニメーションを使用して説明することで、患者さんの理解度も高まります。ご自身のお口の状態や治療法を知り、治療に対して前向きに取り組んでほしい、少しでも不安を解消してほしいという思いで導入しました。

定期的なメンテナンスやホワイトニングなど幅広く対応

ホワイトニングにも力を入れているそうですね。

3

歯のクリーニングだけで白くなる方もいらっしゃいますが、より白く美しい歯をめざす方にはホワイトニングをお勧めしています。神経を抜いて変色してしまった歯は、ホワイトニングだけで白くするのは難しいので、中を漂白するかかぶせ物で対応しています。

一番印象に残っている患者さんとのエピソードを教えてください。

歯がボロボロで口の中を見せるのが恥ずかしいという患者さんが来院されたのですが、まだ歯根は残っていたので、入れ歯にせずに詰め物やかぶせ物をすることにより歯を作ることができました。時間はかかりましたが、すべての治療が終わった時に「噛むってこんなに素晴らしいことだとは思わなかった」と感動してくれたことが印象に残っています。とてもうれしく、歯科医師としてのやりがいを感じた瞬間でした。

定期的なメンテナンスを行うのは、どのようなメリットがありますか?

4

定期的なメンテナンスのメリットは年齢によって異なります。まず若い方だと審美的な部分が大きいです。20歳を過ぎると毎日しっかり歯磨きをしていても着色してしまうので、きれいにすることで見た目の美しさを保てます。虫歯や歯周病の早期発見によって、歯を削る量も少なく、治療も簡単に済ませることができます。年配の方だと、全身との関わりもあるので、口腔内のことだけではなく未然に病気を防ぐことにもつながっていきます。歯周病菌が口腔内にたくさんある状態でそれが肺へ行くと誤嚥性の肺炎になりやすく、脳に行くと脳梗塞を誘発する可能性も指摘されています。糖尿病の患者さんだと、歯周病が悪化すると糖尿病の数値も悪化するというデータもありますので、定期的な検診によって体全体の健康に役立つといったメリットがあります。

口腔内のトラブルをさまざまな角度から探り突き止める

患者さんに接する際はどのようなことを心がけていますか?

5

不安を抱えている患者さんも多いので、スタッフには優しく丁寧に接してほしいと伝えています。私自身は、常に医療としての本質を見失わずに、サービスを提供していきたいと考えています。例えば、なんでも患者さんが求めるものに従うのではなく「この症例にはこの治療法が適している」と思えばきちんと提案することは重要だと思っています。サービス面が重視される世の中にはなっていますが、あくまで医療であるということを忘れずにいたいですね。また、患者さんが口の中に違和感があると訴えている場合は、いろいろな角度から探り原因を突き止めるようにしています。口の中は繊細で、数マイクロ詰め物の高さが高いだけで違和感を感じることもあります。しっかり話を聞いて、治療につなげるよう心がけています。

医院としてどのようなことに力を入れているのですか。

メタルフリーの治療と根管治療に力を入れています。最近では白い詰め物やかぶせ物が保険の範囲内で認められてきているので、審美的な面でもおすすめしています。より良いものになるとセラミック素材になります。しかし、良いものを入れても、根っこが悪くなっていては意味がないので、CTを導入して精密な根管治療を心がけています。

仕事をする上で、今欲しいものは何かありますか?

いくら患者さんを診てもこらない疲れない体が欲しいですね。たくさんの患者さんが来院されるので、すぐ首や肩がガチガチになってしまうんです。脳外科の手術と同じように手元で作業して、機械がやってくれることが可能になればうれしいですね(笑)。あとは人手不足の問題もあるので、それを解消してほしいです。素晴らしいスタッフに恵まれているので、同じようなレベルの方が来てくれたり、自分と同じ考えの歯科医師がいてくれたら最高です。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

これからも患者さん一人ひとりに真摯に向き合っていきます。当院は、なるべく今ある歯を残す治療に努めておりますので、お口のトラブルがあれば些細なことでも気軽にいらしてください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access