全国のドクター8,912人の想いを取材
クリニック・病院 161,010件の情報を掲載(2021年12月04日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市東灘区
  4. 住吉駅
  5. たけのの歯科
  6. 竹野々 巌 院長

竹野々 巌 院長の独自取材記事

たけのの歯科

(神戸市東灘区/住吉駅)

最終更新日:2021/10/12

181282

JR神戸線・住吉駅から徒歩5分以内、タクシー乗り場を抜けた先のビルの2階に見えてくるのが、この場所に2016年に開業した「たけのの歯科」だ。営むのは自身の子ども時代の経験から「怖くない町の歯科医師になろう」と研鑽を積んできた竹野々巌(たけのの・いわお)院長。その志どおり、院内は明るく観葉植物も設置され、まるで女性が好むカフェのような雰囲気がある。長年にわたり兵庫県内の歯科医院で勤務した経験と技術を武器に、患者の年齢・性別を問わず幅広い歯科医療を提供する竹野々院長に、開業までの経緯や地域医療への想い、クリニックの特徴、患者と接するときの心構えなどを聞いた。

(取材日2019年1月16日)

大好きな地域に、念願だった自身の歯科医院を開業

まずは、こちらでの開業に至った経緯を教えてください。

1

1989年に朝日大学歯学部を卒業後、神戸大学医学部付属病院の歯科研修医としてキャリアをスタートし、その後は大学病院を中心に兵庫県内のさまざまな病院で25年以上勤務し、幅広い分野で歯科医師としての知識と技術を培ってきました。この場所に開業したのは、2016年のこと。大学病院ではできない、一人の患者さんをじっくりと長期間診る歯科医療をしたいということと、かねてから「町の歯医者さん」を志していたため、十分にキャリアを積んだと思ったタイミングで開業を決意したんです。開業場所には長く暮らしたなじみ深い地域であり、雰囲気がとても気に入っているという理由で、東灘区住吉を選びました。

歯科医師を志した当初から、自身の歯科医院を開業しようとお考えだったのですね。

そうですね。私は小さい頃虫歯だらけで、よく歯科医院に通っていたんです。でもなんだか雰囲気が暗くて、意味もわからず痛いことをされるので、歯医者さんが怖くて、大嫌いな子どもでした。だからこそ「自分は怖くない歯科医師になろう」と思い至り、進路を決める高校生の頃には歯科医師として開業しようと明確に決心していました。あと、父や祖父が歯科技工士で、歯科医療が身近だったことも大きいかもしれませんね。歯学部卒業後にいったん大学病院に入ったのは、どんなことでも対応できる技術が身についていないうちは開業してはいけない、と考えたから。でも入ってみると、いろいろな技術や手法を学べる大学病院はとても面白く、開業するまで、当初の予定よりも少し時間がかかってしまいました(笑)。

開業から3年ほどになりますが、どのような患者さんが来院されているのでしょう。

22

開業当初の予測どおり、30~40代の成人女性がメインの患者層になっていますね。お仕事帰りなどで立ち寄られる方は少なく、どちらかというと昼間に来てくださる主婦の患者さんが多い印象です。主訴としては虫歯や歯周病など一般歯科の治療のために来られる方もいますが、クリーニングやホワイトニングなど、口内をきれいにして衛生管理する目的で来られる方が多いと感じます。この地域の患者さんは皆さん非常に口腔内の衛生管理への関心・意識が高く、お口にちょっと気になることがあれば、早めに相談のために来院してくださっている印象ですね。

患者の希望に注力し、迅速で適切な治療提供をめざす

こちらの歯科医院の特徴、力を入れている治療分野について教えてください。

20190129 33

私の専門分野は口腔感染症ですので、外傷や虫歯・歯周病など、口腔内にばい菌が入ることによって起こる腫れや痛み、不調にすぐ対処できるのが最大の強みでしょうか。虫歯や歯周病などの口腔感染症がもとで命を落とすような危険な状態にならないよう、当院では患者さんが既存か新規の飛び込みかに関わらず、迅速に適切な点滴や手術治療を提供できるよう努めています。あと、まだ実施している歯科医院が少ない薬を使った歯周病の手術治療を行っていることも特徴ですね。これは、傷んだ歯周組織を除去した上で薬を注入して縫合し歯周組織を再生するという新しい治療法です。また、長く大学病院の口腔外科に勤め、アルバイトながら小児歯科にも10年近い勤務経験がありますので、歯列矯正やインプラント治療、小児歯科に関しても自信を持っています。幅広くご相談ください。

先生が歯科医師として患者と接する上で、大切にしていることは何ですか?

患者さんのお話をよく聞くことと、患者さんが治してほしいとおっしゃる主訴以外は基本的に触らないことですね。この2つを押さえ、画像も使って本人にわかってもらえるまでしっかり説明してから治療を進めることが、患者さんの希望に沿った歯科治療の提供に不可欠だと考えています。私が子ども時代に通っていた歯科医院では、よくわからない内容と順番で、たくさん治療されるのがとても嫌だったんです。だからこそ当院では、患者さんを治療から置き去りにして不快な想いをさせないよう、こちらの都合や治したい箇所・順序を優先するのではなく、患者さんのお気持ちや希望に注力して治療することに重きを置いています。もちろん、口腔の専門家として気がついたことや患者さんから意見を求められた場合には、しっかりお伝えはするようにしています。

地域の歯科医院としての役割を、どのようにお考えでしょうか。

44

当院に来てくださる患者さんに対し、適切な歯科医療を真摯に提供することに加えて、近辺の歯科医院とも一体となって地域の皆さんを支えていくべきだと考えています。この近辺には多くの歯科医院がありますが、私の得意分野が口腔感染症や口腔外科であるように、矯正歯科や小児歯科など、それぞれの歯科医院で得意分野がありますよね。それぞれの得意分野を生かして診療所同士で連携すれば、患者さんにとってより良い歯科医療を提供できると思うんです。ありがたいことに、開業から現在までにいくつか紹介し合い、連携して治療にあたれる歯科医院も増えてきているんですよ。

歯科医院が苦手な人にこそ選ばれる歯科医院になりたい

プライベートについてお聞きします。休日は何をして過ごされているのでしょう。

5

仕事が趣味みたいなところがありまして、このところは休診日にも他院で手術をしたり、木曜には直近の勤務先であった川崎病院に出向いて、他の先生への手術指導にあたったりしています。もともとは多趣味だったのですが、仕事が好きなあまり時間が取れなくなってきてしまって。完全に仕事から離れている時ですと、子どもと一緒に遊んだり、釣りに行ったりすることが多いでしょうか。海釣りが好きで、子どもと一緒に行くこともあれば、一人でふらっと瀬戸内海の漁船を予約して、沖釣りに行くこともあるんですよ。最近ですと、家族に「お正月用の鯛を釣ってくる」と宣言し、きちんと鯛を釣って持ち帰りました。

今後の展望をお聞かせください。

現在、歯科衛生士や歯科助手のスタッフは複数人おりますが、当院の歯科医師は私1人です。そこで今後はもう1人歯科医師を増やし、患者さんに提供できる歯科医療のさらなる充実を図りたいと考えています。私は歯科の臨床研修医を育成するための講座を修了しており、勤務医時代から現在まで、当時の勤務先や他院の歯科医師に技術を指導してきました。だからこそ今後は、自分のクリニックで働いてくれる若い歯科医師も育成したいと考えているのです。今すぐには難しいかもしれませんが、できるだけ早くもう1人歯科医師を雇用・育成して、その人と一緒に地域の歯科医療により貢献できるよう、頑張っていきたいですね。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

特に痛みを感じなくても、口の中や周囲に違和感や気になることがある状態は、それだけでストレスになります。原因不明の痛みや不快感、歯茎の変色、歯の着色、口腔内や唇の出来物などの口元のトラブルには、いろいろな対処法があります。痛みや汚れを取るための処置やアドバイスはもちろん、病変組織を採取しての病理検査も可能です。また、検査後、必要に際して適したクリニックへのご紹介も行っております。当院では、患者さんが治療を希望する以外の箇所や方法で、無理に処置を進めることは絶対にしません。歯科医院・歯科治療が苦手な方こそ、口元の悩みを相談しに、または私とおしゃべりに来るつもりで、気軽に来ていただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/8000円、インプラント1本/25万円~、サイナスリフト/12万円、部分矯正/15万円、唇側装置による歯列矯正/45万円、舌側矯正装置/90万円、マウスピース型装置を用いた矯正/70万円 ノンクラスプ義歯/8~15万円、金属床義歯/20万円、ジルコニアクラウン/8~10万円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access