全国のドクター9,008人の想いを取材
クリニック・病院 161,455件の情報を掲載(2020年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市中央区
  4. 長堀橋駅
  5. あい歯科 長堀橋院
  6. 酒井 啓志 院長

酒井 啓志 院長の独自取材記事

あい歯科 長堀橋院

(大阪市中央区/長堀橋駅)

最終更新日:2019/08/28

181256 %e3%81%82%e3%81%84%e6%ad%af%e7%a7%91%e9%95%b7%e5%a0%80%e6%a9%8b%e9%99%a2

大阪メトロ各線長堀橋駅の1番出口から東へ徒歩3分、長堀通に面したビルの1階に「あい歯科 長堀橋院」がある。2018年4月に2階を増床し、清潔感あふれる院内にはリラックスした雰囲気が流れる。患者の目線に立ち「通いやすい場所に、いつでも診療している歯科医院をつくりたい」と考えた酒井啓志(ひろし)院長は、学生時代から開業を念頭に置き、診療経験を積みつつ準備を進めてきた。現在、夜は午後10時まで、週末も平日と同様の時間帯で診療を行う。また技工室を併設し、詰め物などにもスピーディーに対応。審美的な診療も幅広く取り扱う。「最初に治療計画を伝え、患者さんのニーズに合った治療を行うよう徹底しています」と話す院長に、特徴ある診療スタイルとそこに込めた思いを聞いた。
(取材日2018年8月10日)

夜は10時まで、土・日・祝日も診療している歯科医院

夜遅くまで、また週末や祝日も診療をされているそうですね。

1

実家が商売をしていたので、以前から立地や人の流れに対して関心がありました。歯学部に進んでからも、早い時期から「通いやすい場所に、いつでも診察をしている歯科医院があれば、患者さんにはとても便利なはずなのに」と思っていたのです。特に、本当に忙しく過ごしている方は先の予定が立てにくいので、予約を取ることも、その時間に合わせて来院することも難しい。また、歯のトラブルは突然起こることも多いので、患者さんが本当に困ったときに受診できて、頼りになる歯科医院にしたかったのですね。このような思いから、大阪市の中心部、複数の路線からアクセスできるこの場所に開業しました。午前中は9時から13時まで、お昼は14時から22時まで診察をしています。また、土日や祝日も平日と同じように診療を行っています。

現在はどのような患者さんが受診していますか?

ビジネス街という場所柄、25~45歳ぐらいの方が多く、平均は30歳ぐらいになるでしょうか。男女比でみると、審美歯科やホワイトニングを希望される方がいらっしゃることから、女性が6~7割ぐらいとやや多めです。平日はお仕事帰りの方が中心ですので、夕方5時以降から患者さんが増えていきます。予約制で、受付から処置終了まで基本的には30分以内で進むようにしています。一方、土日はこの近辺でお住まいの方や松屋町近辺の自営業の方も多くご来院いただけております。痛みや詰め物が取れるといった緊急事態で、インターネットなどで当院を探し、遠方から受診される親子連れやご高齢の方もいますよ。

診療内容について教えてください。

2

どんな方にも頼ってもらえる歯科医院でありたいので、幅広い診療分野をサポートしています。虫歯などの一般的な治療はもちろんですし、根管治療、歯周病治療、歯石取りやフッ素塗布などの予防歯科、小児の治療も可能です。また、歯列矯正、ホワイトニングなどの審美ケア、口臭の治療や顎関節症のマッサージも行っています。いずれの治療や処置も、できるだけ怖い思いや痛みが軽くなるように、治療機器や治療の音、院内のにおいにも配慮していますよ。また、利便性だけでなく、高い水準の治療を提供できるように、歯科医師は勉強会などに参加して先進の情報や技術を身につけています。

忙しい患者にこそ、治療計画をしっかり伝える

診療時間を長くするために、診療体制にはどのように工夫をなされていますか?

3

開業当初、診察室は1階のみでしたが、2018年4月に2階も増床し、1階のチェアが4台、2階は6台の全10台になりました。診察室内は開放的なオープンフロアにして、ゆったりと過ごしてもらえるようにしています。歯科医師は常勤が4人、非常勤が10人以上。また歯科衛生士やスタッフも15人以上いて、交代で勤務しています。患者さんからご希望があれば、同じ歯科医師や歯科衛生士が毎回の診察を担当させていただきますが、基本的には受診された際に勤務している歯科医師が治療を行います。どのような時間帯にも歯科医師やスタッフが複数名いることで、急な患者さんもできるだけ受け入れたいと考えています。

患者さんの幅広いニーズを満たすために、工夫していることはありますか?

立地と診療時間についてはお話ししたとおりですが、実は同じビルの中に技工室を併設しています。患者さんからは、「できるだけ早く詰め物やかぶせ物を作りたい」というご要望も多くなりました。自前の技工室により、詰め物であれば最短2日で製作することができます。また、製作した技工物の細かな調整もスムーズにできますよ。現在、歯科の技工物にはさまざまな素材が使われていますが、当院では国産の厳選した素材を使用。また、費用の面でもリーズナブルに提供できているのではないかと思います。

患者さんとのコミュニケーションにおいて、大事にしていることを教えてください。

4

当院ではさまざまな治療やケアを提供できるように準備をしています。一方で、わざわざ当院を選んで受診してくださる患者さんは、治療のクオリティー、あるいは治療に費やせる時間や期間に、はっきりとした要望をお持ちのことが多いのです。このため、治療を始める前には治療方法、費用、治療期間などの治療計画をきちんと患者さんにお伝えして治療の全体像をご理解いただき、納得してもらってから治療を始める。このことを歯科医師やスタッフの間で共有することを大事にしております。また、お忙しい方が多いので、診療はスムーズに進むように心がけていますが、患者さんとの何げない会話から、どのような治療を望んでいるのか理解していきたいですね。例えばホワイトニングでも、白くしたい程度はお仕事によって違うと感じていますので、細かなニーズに合わせていきたいと思います。

歯の治療やケアを、もっと気軽なものにしたい

審美的なケアにも力を入れているのですね。

5

はい、会社の受付や接客業など人と接するお仕事をされている女性、あるいは営業職や海外出張を控えた男性の方からも、ホワイトニングのご要望は多いですね。歯も、毎日使っていれば当然汚れてきますから、時にはプロの施術できれいにしてほしいと思います。毎日働いて、疲れて肩が凝ってきたら、マッサージに行ったりしますよね。歯のケアやメンテナンスも同じように、もっと気軽に利用してもらいたい。いずれは1階をホワイトニング専用のフロアにして、「今、空いているから、ちょっと寄って歯をきれいにしていこう」と、思い立ったらすぐに寄れるような場所にしたいと考えています。

院長がやりがいを感じるのは、どのようなときですか?

このような診療スタイルですから、夜遅くや日・祝日には、まず医院が開いていること自体に感謝していただけます。「普段は忙しくて、なかなか歯科医院に行けない」という患者さんに喜んでもらえることも多いですね。珍しい診療スタイルで、開業するまでにはさまざまな苦労もあったので、受診したい患者さん、困っている患者さんのお役に立てていることがダイレクトに感じられる瞬間は、やはりうれしいですよ。

今後の展望をお聞かせください。

6

2016年の開業から2年が過ぎ、このような診療スタイルの歯科医院を必要とする患者さんが大勢いらっしゃることを、日々実感しています。ですから、いずれは分院をつくって、もっと多くの患者さんに「通院しやすい場所にあって、高いレベルの診療をいつでも受けられる」という利便性と安心感をお届けしたい。また、時間的にも費用的にも、より気軽に歯のケアを受けてもらえるような環境をつくっていきたいと思います。「忙しい、時間がない」といった理由で、お口の中の悩みをそのままにしている方、あるいは急な痛みやトラブルで困っている方には、ぜひご相談いただきたいですね。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access