全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月22日現在)

さくら本町歯科

梶田 伸 院長

181219

名古屋市南区、本笠寺駅から環状線を北に4分程歩いたところに建つ「さくら本町歯科」。2016年の3月に院長の梶田伸先生が開院した歯科医院である。ライトグリーンを基調とした明るい院内は清潔感が漂い、明るさと安らぎが車の往来が多い外の喧噪を忘れさせてくれる。待合室は広く、診療まで、あるいは会計までの待ち時間を穏やかに過ごすことができそうだ。子どもから大人まで幅広い年齢の人が足を運ぶ同院では、虫歯や歯周病治療をはじめとした一般歯科や小児歯科、親知らずの抜歯、インプラント治療や入れ歯など、あらゆる悩みに応える。自分の歯で食事ができる幸せを実感してもらう治療を追求する梶田院長が抱く思い、更にはさくら本町歯科の現在について、診療後の時間に訪問して話を聞いた。
(取材日2017年7月19日)

地域の人に支えられている実感

―2016年の3月に開院されたそうですね。地域の印象はいかがですか?

地域に根差した歯科医院をめざして開業・開院して1年余りがたちます。おかげさまで、徒歩で通えるような地元の方をはじめ、多くの方々に利用していただいています。この近くにはスーパーもありますし、隣には皮膚科や薬局もあり、生活や医療の需要を満たせる環境がそろっています。買い物ついでに来られる方も多く、待合室で、スーパーの袋を抱えた方をおみかけすることもあります。私としても、気合いを入れて通院してくださるよりも、買い物ついでくらいに、気軽に立ち寄っていただけたほうがうれしいですね。

―患者さんの印象を教えてください。

当院に来院される方は、徒歩で通っていただけるような、近くにお住まいの患者さんが一番多いですね。年齢的にはご高齢の方が多い印象ですが、徐々に年齢層は広がっています。家族間でのクチコミも増えていまして、患者さんとの何気ない会話の中で、「実は家族に教えてもらって来たんですよ。」と言われることもしばしばです。また、平日は19時半までと、歯科医院の中では比較的遅い時間まで開院している関係で、周辺にお勤めの会社員の方も増えています。中には同じ職場から通ってこられている患者さんもいらっしゃいますよ。職場の中でも少しずつ時間をずらして通ってくださっているようで、気を使っていただいているのかなと思います。地域の人の温かみを感じますね。

―どのような流れで、この場所で開院されたのでしょうか?

もともとこの場所は、2代続いた歯科医院だったんです。今でも建物の屋上にある「歯科」の看板は当時のものを使っているんですよ。環状線を北上する人たちから読みやすいように、右から歯科という文字のレイアウトになっています。レトロなところが気に入っています。私自身、愛知県の出身ではありますが、特別この場所での開業を決めていた訳ではありません。ただ、1年ほど閉院していたこの場所に出会った時、本当に必要とされるのは、こういう場所かもしれないとの思いで決めました。ある意味、縁があって呼ばれたのかもしれませんね。今では通ってくださる患者さんとの会話を楽しみながら、この場所で良かったと日々感じながら診療にあたっています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細