全国のドクター8,453人の想いを取材
クリニック・病院 161,432件の情報を掲載(2019年10月15日現在)

ひしかわ歯科クリニック

菱川 泰夫 院長

180982 %e3%81%b2%e3%81%97%e3%81%8b%e3%82%8f%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

神戸市東灘区、住宅街の一角に、ガラス張りの外観が目に飛び込んでくる。「ひしかわ歯科クリニック」は、この街で生まれ育った菱川泰夫院長が2015年に開業。通院するのが楽しいと思ってもらえることで、口腔の健康について興味をもってもらいたいとの思いから、院内はカフェや図書館のようなリラックス空間になっており、本や子どもの好きなキャラクターグッズなどもたくさん用意されている。お世話になった様々な方、素晴らしい本との出会いによって、自分が理想とする歯科がイメージできるようになったと話す菱川院長に、診療方針や今後の展望について、じっくりと話してもらった。
(取材日2019年1月11日)

通院が楽しみになるような歯科医院をめざす

―どのような患者さんが多く来られていますか?

近隣にお住まいの方を中心に、お子さんから高齢の方まで幅広く来院されています。当院には、私のほかに口腔外科と矯正を専門とする歯科医師が在籍しており、1つのクリニックで幅広い治療が受けられるのが大きな特徴です。友人や家族の紹介で来ていただくことも多く、ご家族そろってかかりつけ医として通っていただいています。

―多忙な中、熱心に勉強を続けられていますね。

例えば命に関わる病気になった場合、多くの方は必死に病院を探してセカンドオピニオンを受診しますよね。歯科の場合、よほどひどい状態でなければ、そこまで必死になることが少ないかもしれません。歯科は立地の良さを基準に選ばれることも多いですからね。当院は「遠くても、仕事を休んでも、ここで治療を受けたい」と思ってもらえるクリニックになりたいと考えています。そのために、質の高い治療を追求し、あらゆる角度から意見を述べられるよう新しい知識を学び、患者さんの希望に幅広く応えられる歯科医師、歯科医院でありたいと思っています。開業してからも、週末の大半はセミナーや学会に参加して、研鑽を続けています。

―先生が抱く理想の歯科診療とはどのようなものですか?

ここに来るのが楽しみと、患者さんに思ってもらえる歯科でありたいですね。歯科医院は、どうしても「怖い、痛い」というイメージがあって、子どもだけでなく大人でも、できればあまり行きたくない場所です。ですが、来院することが楽しいと感じてもらえれば、口腔への健康意識はもっと高まると考えています。院内は患者さんに心地良く過ごしてもらえるように、リラックスできる雰囲気づくりを大切にしました。歯科医院というよりもカフェのような感じの待合室には、作りつけの棚に本がたくさん置いてあり、「図書館みたい」と言われることも。ベビーカーや車いすのまま移動できるように広めのスペースを確保し、すべての患者さんが気持ち良く利用できるクリニックをめざしました。また、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、滅菌には数多くのこだわりを持ち、院内感染防止に努めています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

MTAセメント 1万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細