全国のドクター9,330人の想いを取材
クリニック・病院 160,992件の情報を掲載(2020年11月26日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 大和市
  4. 大和駅
  5. カネコ歯科クリニック
  6. 金子 祐一郎 院長

金子 祐一郎 院長の独自取材記事

カネコ歯科クリニック

(大和市/大和駅)

最終更新日:2020/04/01

180881

大和駅から徒歩約5分と便利な場所にある「カネコ歯科クリニック」。院長を務める金子祐一郎先生は開業までの二十数年、一貫して臨床の現場で手技を振るい、数多くの症例を診てきた。その豊富な経験を生かし、小さい子どもから高齢者まで幅広い年代層のさまざまな訴えに柔軟に対応してくれるのが、同院の魅力の一つ。治療法については、患者が満足いく選択ができるよう、複数提示した上で、それぞれのメリット・デメリットを丁寧に説明することを大切にしている。患者が喜ぶ治療を実現するため、診療ではコミュニケーションも重視する金子院長に、クリニックの特徴や今後の展望などさまざまなテーマで話を聞いた。
(取材日2019年2月6日)

何か一つに特化せず、かかりつけ医として幅広く対応

クリニックの特徴を教えてください。

1

診療内容については、何かに特化していないということが逆に当院の特徴といえるのではないかと思います。先ほど申し上げたように、当院には幅広い年代層の方がさまざまな症状でいらっしゃいますから、多様なトラブルに柔軟に対応できるというのがクリニックとしての一つのカラーです。ここでいう柔軟な対応というのは、症状や患者さんによってさまざまな治療法をご用意しているという意味。虫歯の治療と一口に言っても、痛みだけ取れればいいという方もいれば、審美面までこだわって歯を削った部分にセラミックを入れたいという方もいます。一人ひとりの患者さんの希望に対してオーダーメイド的な治療を行うのも当院の特徴。これまで二十数年も臨床経験を積んできたので、その経験を生かし、1つの症状に対していろいろ治療法をご提示することも可能です。

一人ひとりに合った治療を提示するには診療時の会話も重要ですよね。

患者さんとのコミュニケーションは、当院の診療の基本です。そのためにも診療時間は十分にとり、患者さんのお話を伺うのはもちろん、こちらからお伝えしたいことをすべて伝えられるだけの時間を確保するよう努力しています。コミュニケーションに関しては、開業当初から1つ目標を立てました。それは、「患者さんがなんでもざっくばらんに話せるクリニックになる」ということです。なんでも話せる環境をつくるため、些細なことも含めすべて患者さんのお話は受け止めるようにしています。また、歯のことばかりでなく、時には世間話のような会話を交わすことも。もちろんメインは口腔トラブルについての相談ですが、お口のこと以外のお悩みについても誠意をもってお応えするようにしています。

力を入れている診療はなんでしょう?

2

今、力を入れているのは予防歯科です。歯周病は口腔の環境だけではなく、心疾患や血管疾患、脳卒中、糖尿病、呼吸器疾患など全身の健康に影響しやすいことは一般にも知られるようになってきました。また、妊娠期に重い歯周病にかかっていると早産、ひいては低出生体重児で産むリスクが高まることもわかってきています。つまり、日頃から口腔環境を整えておくのは、全身の健康を保つためにもはや欠かせないということです。当院では、口腔環境が比較的良好な方で半年に1度、すでに歯周病が気になる方であれば治療と合わせて3〜4ヵ月に1度の割合での定期メンテナンスをお勧めしています。開業してまだ3年にもなりませんが、定期検診を希望される患者さんは徐々に、確実に増えてきています。

治療法を納得して選べるよう十分な説明を心がける

診療にあたって心がけていることはなんですか?

3

患者さんには事実を正確に伝えること、そして誠実に対応することを心がけています。患者さんの口腔の現状について的確に診断し、それをありのままに伝えること。その上で治療の選択肢を患者さんに示し、各治療法のメリットだけでなくデメリットも十分に説明して、最終的には患者さんご自身に選んでいただくことを大切にしています。歯科医師としての理想の治療と、患者さんが満足する治療は、必ずしもイコールではないからです。もう1つは、歯科の世界ではよくいわれることですが、患者さんを自分の身内、家族と思って接するということ。過去の経験から、家族だと思って接していれば、誤った方向に進むことはないと確信しています。

どんな患者さんが多いのですか?

基本的には、ほとんどが地元にお住まいの方で、まさに私がめざしていた地域医療への貢献を実践する場として最適な土地だなと実感しているところです。商業施設の多い駅の東側と違って、西側にある当院は住宅街が多いエリアに近いということもあり、小さなお子さんからお年寄りまで幅広い年代層の方に足を運んでいただいています。当院の治療を気に入っていただいて、「うちのおばあちゃんも診てくれますか?」「今度は息子を連れてきます」などとご家族やご友人を紹介いただくケースが多く、おかげさまでたくさんの患者さんが来てくださっています。当院は平日20時まで、土曜日も診療を行っていますので、そうした時間はやはりお勤めの方が多いですね。

設備面でこだわった部分はありますか?

4

すべての歯科用ユニットを個室にしたことです。例えばパーティションで区切っただけでは、隣の患者さんに会話が聞こえてしまったり、通りがかりにお口の中を別の患者さんに見られたりといったことが起きてしまう恐れがあります。プライバシーの問題で当院に通いにくくなることがないように、個室という形にはこだわりました。また、できるだけリラックスして治療を受けていただきたかったので、1室のスペースをゆったりとっています。ベビーカーのまま診療室に入れますし、車いすにも対応。兄弟やご家族でいらして、「お兄ちゃんの次は弟さん」「お子さんが終わったから次はお母さん」などと1部屋にみんなで入って治療を受けていく方も珍しくありません。今後患者さんが増えても対応できるよう、あと2つ個室の診療室をつくれるように準備はしてあります。

さらに喜んでもらえる治療を日々めざす

今後の展望についてお伺いします。

5

今来てもらっている患者さんを大切にしつつ、ほかの方にも当院をことを知っていただき、大和市というエリアの地域医療にもっともっと貢献していけたらなと思っています。クリニックを大きくするとか分院を出すというよりは、より一層、患者さんに喜んでもらえるクリニックにしていきたいという思いが強いですね。もっと喜んでいただくためにも、一人ひとりの患者さんとしっかりコミュニケーションをとる歯科医師であり続けたい。そして、クリニック名に「カネコ」と自分の名前をつけたのですから、できればすべての患者さんを私自身が診させていただきたいと思っています。開業を志したのは、まさしく「自分ですべての患者さんが診られる状況にしたい」というのが大きな動機になっているので、そこはこだわっていきたいですね。

お休みの日はどのように過ごしていますか?

休みの日はゆっくり体を休めて、診療日にまたしっかり働けるよう英気を養うようにしています。趣味らしい趣味がないので、何かするとすれば、子どもと過ごすことが多いですね。上の子はもう大きいですから、まだ小学生の娘とどこかに出かけたり。前職で分院長を務めさせていただいていた医療法人のクリニックはお正月と研修などの臨時休診を除いて原則年中無休だったので、「そろそろ家族との時間もつくりたい」と思ったのも、当院を開業した理由の一つです。開業時のバタバタもだいぶ落ち着き自分のペースがつかめてきたので、今後は時間をつくって勉強会にも積極的に参加していきたいと思っています。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

6

最近はいろいろな特色を出しているクリニックがほとんどでしょう。しかし、先ほども申し上げたように当院は、ある診療に特化するのではなく、地域の方のさまざまなニーズに幅広くお応えすることを重視するクリニックです。予防歯科を筆頭に、歯周病治療やインプラント治療、2018年からは専門の歯科医師による矯正歯科もスタートしました。大学卒業以来、一貫して臨床の現場でたくさんの症例を診てきた経験を生かし、治療方法についても幅広くご提案できると思います。1つの症状に対していくつかの選択肢をご説明し、一人ひとりの患者さんがご自身にとって一番ご満足・納得いただける選択ができるよう、しっかりコミュニケーションをとっていくのが方針です。お気軽に、どんなことでもご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックの詰め物・かぶせ物/6万円~、インプラント治療(埋入)/25万円~、インプラント治療(上部)/15万円~、矯正(一般成人)/55万円~

Access