求人情報ON
加藤歯科医院

加藤歯科医院

鈴木 航院長
頼れるドクター掲載中

180874 %e5%8a%a0%e8%97%a4%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

矯正歯科にも取り組み、歯並びの悩みを解決したい

―歯科医師をめざしたきっかけや、忙しくされている中でのリフレッシュ方法を教えてください。

家族や親戚に医師や歯科医師が多い家系で、将来は自分も医療系に進もうと思っていました。実家で犬や猫を飼っていたので獣医師をめざそうとも考えていたのですが、動物相手よりも人間相手に仕事をして、人に還元できたほうが良いのではと思い歯科医師になる道を選びました。医科は生命に関わる要素が多く、歯科はそれよりももう少し手前、生活に関わる要素が強い医療で、その人自身の生活の質の向上につながります。人とふれあえるのは楽しいですし、人と話すのも好きなので、歯科を選んで良かったと感じています。普段休みのときは、ゴルフや映画、あとは幼い子どもがいるので、子どもと遊んでいます。映画はいろいろなジャンルを見ますが、SFやアクションを選ぶことが多いです。

―今後の展望を教えてください。

これまでは専門である補綴歯科で、入れ歯やかぶせ物の治療に重きを置いていましたが、予防の重要性を考えるたびに、歯並びの大切さも痛感し始めたため、歯並びをきれいにする矯正治療も手がけ始めています。矯正治療は自分にとっては新しいことで、とても面白く興味を惹かれ、勉強を始めました。当院の患者さんでも若い世代の方から、歯並びについての質問を受けることが多いので、やる価値があると感じました。歯がない人には義歯を、歯がある人には矯正を、両方できるクリニックになれば良いなと思っています。

―読者の方へメッセージをお願いします。

痛みが出てから来る方も多いのですが、虫歯が酷くなる前に検診を受けて早いうちに発見できると良いです。3ヵ月から半年くらいの間隔で、定期的に検診に来ていただくと、虫歯があってもひどくなる前に治療できます。検診はもちろん大事ですが、僕たちがお口の中を見られるのは数ヵ月に1回なので、セルフケアも忘れずしっかり歯磨きしていただきたいです。1日に3回磨くのが良いのですが、お昼は難しいという人もいると思います。夜は丁寧に磨く、フロスを使っていただくなど、工夫されると良いですね。それから、ただ磨くだけでなく、自分で「歯の調子はどうかな」と気にかけていただくことが大事です。



Access