求人情報ON
加藤歯科医院

加藤歯科医院

鈴木 航院長
頼れるドクター掲載中

180874 %e5%8a%a0%e8%97%a4%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

手間をかけて作る精度の高さにこだわった義歯が特徴

―先生が得意とされている治療について教えてください。

大学院で補綴という、クラウンやブリッジ、義歯など欠損に対する治療について学んだので、補綴が得意です。見た目をきれいに仕上げることはもちろん、しっかり噛めることも重視しています。入れ歯は良し悪しがダイレクトに伝わるので、入れた瞬間から「これは自分にとって良いものなのか」がすぐにわかります。義歯を入れて、患者さんが満足されたことがわかるのがうれしいです。歯科医師として治療していて一番やりがいを感じる瞬間は、お口の中がボロボロだった患者さんが虫歯を全部治療し、お口の中がきれいになって「ちゃんと噛めた」という瞬間です。それを感じられる治療が好きですね。

―こちらのクリニックならではの治療はありますか。

精度の高さにこだわって義歯を作っています。義歯を作るときに、1回型採りをして作るのと、1回型採りをしたものをもとにその方の専用のトレイを作り、もう一度トレイで型採りをして義歯を作るという、2段階の型採りをする方法があります。一般クリニックでは2回型採りをしているところはそれほど多くないと思いますが、2段階で型採りをすると、その分患者さんのお口に合う義歯へと近づけていけるんです。むしろ、2段階の型採りで作らないと、精度が良い義歯にならないと私は思っています。当院では2段階で型採りをして義歯を作っていて、多くの患者さんが義歯を入れたときに納得してくださいます。

―患者さんに接するとき心がけていることを教えてください。

一方通行にならないことです。自分の考えだけで進めるのではなく、患者さんの希望をしっかりくみ取るようにしています。何に困っているのか、どこまで治療したいか。僕らが一番良いと思っている方向と患者さんが望む方向がずれていたら、どれだけ良い治療をしても患者さんは満足できません。そのため、しっかりコミュニケーションを取りたいと思っています。対話を重視するのは、お人柄を知りたいという理由もあります。どんな方かわからずに治療するのは、僕としても本意ではないのです。技術的なことはもちろん、気持ちの面でも患者さんに満足してほしいと思っています。

―そうお考えになられるようになったのには、何かきっかけがあったのでしょうか。

研修医の時に担当したある患者さんがきっかけです。経験も少なかったため、なかなか治療がスムーズに進まずとても時間がかかってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。義歯が入り治療がすべて終わったとき、その患者さんが手紙をくれたんです。そこに「よく見てくれてありがとう、いつも会えるのを楽しみにしていました」と綴られていました。それがとても意外でしたし、うれしかったんです。僕の技術は未熟でしたが、毎回治療計画をお話しし、しっかりコミュニケーションを取ることは心がけていました。意思疎通して、その方自身を見ることの大事さを実感しました。



Access