黒住歯科医院

黒住歯科医院

黒住 琢磨院長

180722

京阪本線天満橋、または大阪市営地下鉄堺筋線・北浜より徒歩約5分の場所にある「黒住歯科医院」。同院では、患者の不安軽減、治療を受けた患者に満足してもらうことを信条に診療が行われている。プライバシーが守られる完全個室の診察室や、入念なカウンセリング、動画を用いた治療説明、しっかりとした衛生管理、これらはすべて、患者の安心と満足のために用意されたものだ。また、歯科用CTなどのデジタル診断機器も充実している。今回の取材では、院長である黒住琢磨先生に、診療に懸ける真摯な想いや、クリニックのこだわりなど、オフィシャルからプライベートに至るまで、さまざまな話を聞いた。
(取材日2017年6月20日)

一番大切なのは患者との信頼関係

―診療方針や、診療の際に心がけていることはありますか?

歯科医院に来院する患者さん、特に初めての方は、大きな不安を抱えていらっしゃるものです。当院ではまず、患者さんの不安を解消するため、患者さんの現状や今後の治療方法について、しっかりとカウンセリングを行います。長い場合はカウンセリングに30分お時間をいただくこともあります。患者さんと歯科医師の間に信頼関係があるのとないのでは、患者さんの満足度に大きな違いがあります。やはり来院してくれた患者さんには、「この医院で治療を受けて良かった」と満足していただきたいですから、患者さんの不安を軽減する、信頼関係を築く、という点は常に心がけています。

―特に注力している治療や検査について教えてください。

注力しているのは、予防です。虫歯や歯周病というのは、ある意味生活習慣病ですから、患者さんの生活習慣や口腔内の特徴をしっかりと把握したうえで、ケアをした方がより効果的です。当院では歯科衛生士が継続的に患者さんのケアができるよう、担当制を採用しています。また、私が心がけているのは、大学では補綴学を専門としていましたが、かぶせ物に頼りすぎる治療をしないことです。補綴が得意な先生は、つい何でもかぶせ物で治療をしがちですが、かぶせ物をするためには虫歯以外の歯も多く削らなくてはなりません。詰め物で済ませるのか、かぶせ物にするのかの見極めが大切です。

―施設や設備面でのこだわりについて教えてください。

当院では、歯科用CTやデジタル診断機器に力を入れています。歯科用CTの一番のメリットは従来のレントゲンに比べて被ばく量が少なく、画像もきれいなので精度の高い診療も可能です。さらに、患者さんがどのような治療を受けるのかをご自身でしっかりと理解できるよう治療説明動画ソフトを導入し、それを各診察室に設置してある大型のモニターでご覧いただいています。治療内容は言葉だけで説明されても伝わりにくいものですが、映像を合わせて見ることで患者さんの理解も深まります。モニターには、治療説明動画の他に患者さんの口腔内の写真レントゲン結果なども表示します。また、診察室はすべて個室です。実際に、診察室が個室だから当院を選んだという患者さんもいらっしゃいます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細