森川内科クリニック

森川内科クリニック

森川 高司院長

20190215 bana

JR塚口駅のすぐそば、ミリオンタウン塚口2階にある「森川内科クリニック」。大学を卒業後、さまざまな病院で内科のさまざまな診療経験を積んできた森川高司院長。その森川院長がまず何よりも優先するのは「患者」のこと。悩み、困っている患者の相談にできる限り応じ続けることが自分の使命だと語る。また定期的な健康講座や茶話会など、地域住民とのコミュニケーションにも熱心に取り組む。いつも穏やかな笑顔で患者に向き合い、寸暇を惜しんで患者に寄り添い続ける院長のパワーはいったいどこから生まれるのだろうか。じっくり話を聞いた。
(取材日2019年1月24日)

「何でも診る」姿勢を身につけた勤務医時代

―まずは先生のご経歴をお聞かせください。

奈良県立医科大学を卒業後、同大学の付属病院で臨床研修医として働きました。メインは呼吸器でしたが、感染症や血液など幅広く診療を行ってきました。その後も救急対応をする地域の病院など、多くの病院で経験を積みました。現場では、患者さんに対して「わからない」ということが許されません。あらゆる内科系疾患に対応する力が求められましたので、内科のゼネラリストとして、本当にいろいろな症状の患者さんと出会い、多くのことを学ぶ機会に恵まれましたね。その経験が、患者さんの身近で何でも総合的に診る「プライマリケア」を確立する上で、役立ったと考えています。

―医師をめざされたきっかけは?

ご覧のとおり今は元気なのですが(笑)、子どもの頃はとても体が弱かったのです。幼い頃は、病気を診察してもらいに病院に行ったら、違う病気をもらってきてしまう……そんな子どもでした。その時診察してもらった先生が、小児科を専門にしつつも、何でも診てくれるような先生で、私だけでなく祖母も頼りにしていましたね。困っている人には手を差しのべてくれる、頼りがいのある先生でした。すごく温厚で優しくて、「自分もこんな先生になりたい」とずっと思っていました。地域の患者さんのお役に立ちたいという思い、「何でも診る医師になりたい」という思いはこの先生を慕う気持ちから生まれたものです。その思いは現在につながり、私の中に今でも息づいています。

―開業を決意したきっかけはありますか。

どの病院でも、患者さんに寄り添い、何でも診るという姿勢を優先し、日々診療に励んできました。ただ、病気に苦しむ患者さんを見ているうちに、治療するだけが医療なのだろうかという思いが浮かんできたのです。健康な人が病気になるまでの間には段階があります。東洋医学においては、この病気の前段階を「未病」ともいいます。この状態のときこそ、医師の適切なサポートが必要なのではないかと思ったのです。そこで、この状態から患者さんと関わるためには、やはり自分でクリニックを開業しなければと。そんな折、ちょうど地元の尼崎塚口のこの場所で開業できるチャンスがめぐってきたのです。これも何かの縁だなと感じ、開業を決めました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細