全国のドクター9,318人の想いを取材
クリニック・病院 161,130件の情報を掲載(2020年10月29日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港北区
  4. 菊名駅
  5. 菊名デンタルクリニック
  6. 生熊 将司 院長

生熊 将司 院長の独自取材記事

菊名デンタルクリニック

(横浜市港北区/菊名駅)

最終更新日:2020/04/01

180505

「菊名に住んでいる方には全員、当院に来てほしいぐらいの気持ちで開業したんです」とにこやかに語る「菊名デンタルクリニック」の生熊将司院長。その言葉どおり、地域の患者の幅広いニーズに応えたいと多様な治療に対応し、「総合歯科医療」をコンセプトに、口腔内全体、噛み合わせはもちろん、全身疾患まで考慮した治療を提供する。通院が困難になった高齢者への訪問歯科診療も視野に入れているという。また患者が安心して治療を受けられるよう、診療技術はもちろん、滅菌対策などの衛生面や、清潔感ある院内環境にもこだわる。「患者さんにもスタッフにも、正直に向き合いたい」。歯科医療に対する明確な姿勢を打ち出し、最善の治療を提供したいとの思いで診療にあたる。そんな生熊院長に、診療の特徴などを聞いた。 (取材日2020年1月8日)

地域のニーズにすべて応える総合的な歯科医療をめざす

まず、開業の際のこだわりや思いを聞かせてください。

%ef%bc%91

開業するにあたって、「自分が通いたい、子どもや家族を通わせたいのは、どんなクリニックなのか」と考えた時に、やはり常に衛生面に気を使っていることを重視すると思いました。ですから、もちろん滅菌対策も徹底しています。治療に使う器具は、厳しいといわれるヨーロッパ基準でクラスB規格の滅菌器で滅菌し、治療中にお口の中にかける水や、うがいの時に使用する水もすべて消毒しています。また、口腔外バキュームを設置し、清潔な院内環境を維持しています。ユニット椅子も壁紙も定期的に交換して、常にきれいな状態を維持するように心がけています。そもそも歯医者さんに喜んで来る人はあまりないと思うので(笑)、せめて気持ち良く治療を受けていただける環境を保ちたいと考えています。

開業から5年目を迎えて、どのような変化がありましたか。

おかげさまで、0歳から95歳まで幅広い年代の方に来院していただいています。駅から近く、建物の1階にあるので、高齢の方や、ベビーカーでも通院しやすいという声もお聞きします。キッズスペースは受付の目の前にあり、保育士の資格を持つスタッフも在籍しています。ですから小さなお子さんをお連れの場合でも安心して治療を受けていただけます。だんだん患者さんが増えてきたので、開業時より診療室を拡充して診療チェアも増やしました。また、近くの菊名小学校の学校歯科医を担当するようになったこともあり、子どもの患者さんが増えてきましたね。大学病院の小児歯科出身の先生が在籍していることもあり、小児歯科は当院の強みと言えるかもしれませんね。

診療にあたっては、どのようなことを心がけていますか。

%ef%bc%92

まず知りたいのは「患者さんが今、一番何を望んでいるか」です。ですから当たり前のことですけれど、患者さんのお話をよく聞くことですね。お話をお聞きして、患者さんのニーズにはすべて応えてさしあげたい。そのために、当院でできない治療、不得意な治療はなくしたいと考えています。ですから常にアンテナを張って歯科医療に関する情報を収集し、いろいろ勉強もしています。すぐに患者さんの治療に反映できるよう、常に新しい機材や設備を導入することも心がけています。

歯周病、親知らず、入れ歯治療など幅広く対応

診療面では、どのような治療に力を入れていますか。

%ef%bc%93

歯科治療すべてです。「できない治療はない」をポリシーにしつつ、歯が痛いから虫歯を治すというだけでなく、患者さんのお口の中を拝見して、総合的に全顎の治療をしたいと考えています。ですから虫歯や歯周病、噛み合わせといったお口の中の状態はもちろん、全身疾患や患者さんの健康状態、ライフスタイル、年齢までを考え、その方にベストな歯科医療を提供したいのです。そのためには、専門性の高い治療にも長く取り組んできましたし、入れ歯治療もばねを使わないはめ込み式の「コーヌスクローネ義歯」などを取り入れ、その人に適した方法をご提供できるよう努めています。僕自身は口腔外科が得意ですので、インプラントや親知らずの抜歯、歯周外科治療が増えてきました。親知らず治療などは遠方から患者さんが来られることもありますね。

歯周病治療にも特徴があると聞きました。

歯周病の治療は、歯周病の進行度によって治療内容も変わってきますので、まずは歯周ポケットの深さを検査し、現在の状況にマッチしたブラッシング指導やクリーニング、必要に応じて歯石除去を行います。歯茎の状態をデータ管理することで、患者さん一人ひとりに合わせた歯周病治療を行うのです。また当院では歯周組織再生療法を早い時期から導入しています。この治療法は、歯槽骨の増加など歯周組織の再生を促すことを目的とした薬剤を使用するものです。以前は自由診療だったのですが、保険適用となり患者さんの負担も減り、ご希望に沿った治療を選択できるようになりました。当院は、この療法の症例数が多いので、調査研究にも参加しています。歯周外科治療と合わせて、歯周病でお悩みの方にぜひ役に立ちたいと思いますね。

歯周病治療には時間がかかるイメージがありますね。

%ef%bc%94

だからこそ大切なのが予防です。歯周病治療に時間やお金をかけたくないなら予防しかないともいえるでしょう。歯周病は世界で一番かかっている患者が多い病気ともいわれ、歯を失う最大の原因となっています。同じ80歳で平均的に残っている歯の本数を、歯科先進国といわれるスウェーデンと日本で比較した場合、日本の平均本数はスウェーデンには及ばないといわれます。この差は、やはり歯周病の予防に対する意識の違いでしょう。そういったことを知っていただくためにも、患者さんとのコミュニケーションを重視し、その方に合わせたブラッシング指導を心がけています。

正直に誠実に患者と向き合い、信頼関係を構築

これからの展望を聞かせてください。

%ef%bc%95

「菊名に住んでいる方には全員当院に来ていただきたい」くらいの気持ちで、生まれた時から亡くなるまで、ずっと来ていただけるような歯科クリニックをめざしてきました。そのためには、すべての治療に力を入れ、訪問歯科診療にも対応したいと考えています。この周辺は坂も多く、当院は1階にあるから通いやすいという高齢の患者さんも少なくありません。地域には、通院できないけれど、歯を治療したい、お口の中をきれいにしたいという方も多いのではないかと思います。ですから、通院が困難な方を対象に訪問診療も行っていきたいのです。そのためにはスタッフを増員するなどして、できるだけ早く訪問診療ができる体制を整えたいですね。

訪問診療も含めて、多様なニーズに応えたいということですね。

そうです。一度診た患者さんには、最後まで責任を持って総合的な歯科医療を提供し、地域にお住まいの方、すべてのニーズに応えられるオールマイティーなクリニックをめざしていきたいですね。小児歯科や歯周病治療、インプラントや入れ歯治療、そして難しい親知らずの抜歯や、顎関節症治療にも、満遍なく力を入れていきたいと考えています。そのためには多くの技術を習得する必要がありますし、若い先生方やスタッフにも勉強してもらう必要もあるので、なかなか大変ですけれどね(笑)。

子どもの歯の健康について、アドバイスはありますか。

6

あまり固苦しく考えないでいただきたいですね。特に初めてのお子さんだといろいろ考えてしまうと思いますが、それでは疲れてしまいますよね。ですから、ちょっと時間を見つけて気軽に受診して、ブラッシング指導やクリーニングは、専門家の僕たちに任せてください。歯科に関しての親御さんの一番の仕事はお子さんに歯科を好きになってもらうことだと思うのです。何もなくても定期的に歯科に行くのが当然だという育ち方をした子は、大人になっても当然歯科を受診するようになるでしょう。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

僕はごまかしたり、変ににごしたりはしたくありません。とにかく患者さんにも、スタッフに対しても、常に正直に向き合いたいと思っています。ですから治療についてはメリットだけでなく、デメリットもすべてお話しします。良いことばかり言わないのは信頼につながる大前提です。どのような治療が患者さんにとって最適なのかを考え、複数の治療をご提案し、メリットとデメリットをすべてお話しした上で選んでいただきます。もちろん歯科医療のプロとしてアドバイスもします。そのためにも患者さんの望んでいることをできるだけ知りたいですし、わからないことがあればどんどん聞いていただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

コーヌスクローネ義歯/50万円~、インプラント治療/30万円~、歯列矯正/30万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/30万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access