堀江歯科

堀江歯科

堀江 信夫院長

20181026 bana

西長堀駅から徒歩1分。新なにわ筋とあみだ池筋の間にある「堀江歯科」を訪ねた。通りに面したガラス張りの待合室は、明るく温かな雰囲気。院長の堀江信夫先生も、優しい雰囲気で、患者への思いが言葉の端々にあふれてくる。院内環境も気遣い、患者に使用する診療機械、器具はすべて滅菌している。自身が小さな子どもがいる父親でもあるため、小児歯科にも力を注ぎ「子どもたちが頑張ってお口を開けてくれているのだから、治療で報いたい」と語る。最新の技術や知識の習得にも熱心で、大学の先輩が立ち上げたスタディーグループの勉強会にも休日返上で足を運ぶ。「勉強したことはすべて患者さんに還元したい」。医院に関わるすべてのことに努力を惜しまないという堀江院長に、さまざまな角度から話を聞いた。
(取材日2018年9月14日)

子どもたちが「楽しくてまた来たい」と喜ぶ場所に

―開院されてちょうど3年と伺いました。患者さんはどういう方が多いですか?

近隣の会社にお勤めのサラリーマンの方や、近所の学校に通うお子さんとその親御さんが多いですね。南の方面には工場が多く、ご高齢の方もたくさんお住まいです。当院は「赤ちゃんからお年寄りまで、一生涯安心して通える歯科医院」がコンセプトで、地域の患者さんの求めに応じて、小児歯科、矯正歯科、入れ歯治療、インプラント治療、審美歯科まで、幅広く治療させていただいております。歯科治療は日々進歩しています。患者さんに最新の歯科医療をお届けしたいので、土日の休診日には、大学の先輩が立ち上げたスタディーグループの勉強会に参加したり、興味のある分野の勉強会に足を運んで、さまざまな歯科治療や症例を学び、患者さんに還元するのが私の務めだと思っております。

―小児歯科では、0歳からの受診を勧めておられますね。

首がすわる4ヵ月までに受診することをお勧めし、お口の発育と姿勢についてのアドバイスをさせていただいております。お乳のくわえさせ方や哺乳瓶の選び方、抱っこの仕方や家庭での過ごさせ方などです。例えば、抱っこの際に首を支えずにいると赤ちゃんは鼻呼吸ができず口で呼吸するようになります。すると常に口が開いてしまうため、上下顎の成長や発育に影響を及ぼす可能性があります。顎の発達にもよくないという研究もあります。また、小さい頃から通っていただくことで、歯科医院がお子さんにとって身近な場所になることにも、期待しています。私は、歯科医院を子どもたちにとって「痛い治療をする怖い場所」から、「楽しくて、また来たい場所」に変えていきたいのです。

―矯正治療にも力を入れておられるそうですね。

顎顔面矯正という手法を取り入れています。歯だけを治すのではなく、顔面の発育を正常に戻すことで不具合を治していくという考え方です。歯の内側に器具を装着して、上顎と下顎をゆっくりと広げていくという方法です。最初に前歯が抜けた頃に始めると、口腔内の動きとしてもスムーズに始められるのではないでしょうか。最近のお子さんは、歯は大きいのですが、反対に顎が小さいため、歯並びが整いにくい傾向があります。この矯正装置を使うことで、鼻腔が広がって鼻呼吸がしやすくなったり、それでいびきが減ったりする変化が期待できるようになるのです。もちろん、歯を抜く矯正もありますが、私としてはできるだけ健康な歯は抜きたくありません。気になる方はぜひご相談いただきたいですね。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

顎顔面矯正/50万円~、インプラント治療/1歯38万円~、ジルコニア治療/12万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細