全国のドクター9,130人の想いを取材
クリニック・病院 161,400件の情報を掲載(2020年4月07日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 安城市
  4. 三河安城駅
  5. かじデンタルクリニック
  6. 梶田 敬太郎 院長

梶田 敬太郎 院長の独自取材記事

かじデンタルクリニック

(安城市/三河安城駅)

最終更新日:2019/08/28

180172

安城駅から車で約10分の場所にある「かじデンタルクリニック」。院長を務める梶田敬太郎先生は、愛知学院大学歯学部を卒業後、さまざまな歯科医院で経験を積み、2015年に開業。広々とした明るい院内は「緊張せずに来院できる歯科医院でありたい」という梶田院長の思いが随所に表れている。虫歯や歯周病の治療、義歯の治療などの一般歯科や小児歯科のほか、口腔外科として親知らずの抜歯なども行い、さらに矯正や審美歯科など治療範囲は幅広い。「歯科医師としてできることをしているだけ」と照れくさそうに話す梶田院長だが、その飾らない雰囲気に「ここでなら何でも相談できる」という患者が多いという。「地域の休憩所のような場所になりたい」という梶田院長に、患者との関わり方や診療方針について話を聞いた。
(取材日2017年4月5日)

患者が自分の目で「見える」治療を心がける

天井が高く広々とした印象の院内ですが、こだわった点などはありますか。

1

開業するまでいろいろな歯科医院を見てきた結果、やはり患者さんにとって快適な空間にしたいという思いを持ちました。特に気を配ったのは、緊張感を軽くするような雰囲気づくりです。空間はゆったりと取り、リラックスできる雰囲気にしました。診察室も完全個室ではなく、パーティションで区切っています。キッズスペースではお子さんと一緒に遊びながら待っていただくこともできますし、アニメなども流しているのでお母さんが治療している間、1人で待っているお子さんもいます。化粧室も、歯磨きなどができる洗面スペースとトイレを分けました。女性は治療後にお化粧直しなどもあるので、患者さんの快適さを考えると別にしたかったんです。やはり歯医者さんって来たくない人が多いですから(笑)。できるだけ快適にリラックスできる環境づくりを心がけています。

どのような患者さんが多く来院されますか。

お子さんから高齢の患者さんまで年齢層は幅広いですね。かなり進んでしまった虫歯の方も意外に多いんです。今まで歯医者が嫌いでほとんど行ったことがないという人で、痛くてどうしようもなくなってからやっと来るといった方ですね。ここまでに至る前に、もう少し早く来てくれれば……と歯科医師としては思うのですが、やはり皆さん「できれば行きたくないところ」なので、ギリギリまで我慢してしまうのかもしれません。でも、一度治療に来ると、その後は定期的にメンテナンスに通ってくださる方が多くいらっしゃいます。

虫歯が進んでしまった患者さんにはどのような治療を行うのでしょうか。

2

まずはカメラで口の中全体を丁寧に撮影させていただきます。皆さんなぜ歯医者が怖いかというと「何をされているのかわからない」からだと思うんです。ですから、まずは治療前の状態を撮影して「この部分を今から削ります」と説明をします。そして、削る前、削って虫歯が見えるところ、虫歯を処置したところ、型を取る前など状態が変わるごとに写真を撮って、実際に見ていただくようにしています。自分のお口の中がどういう状態で、治療していくとこう変わっていくというのが目に見えてわかるので、患者さんの意識も変わると思いますよ。実際に、治療をする前のお口の中の写真と治療終了後の写真を見比べて「もうこの状態には戻りたくない」とおっしゃって、その後は自主的に通ってくださっている方もいます。やはり「見える」ことは患者さんにとっては大切だと思いますので、時間が許す限り「目に見える」治療をしていきたいと考えています。

患者に笑ってもらって楽しく通える歯科医院をめざす

先生の診療方針をお聞かせください。

3

当たり前かもしれませんが、じっくりとお話をすることですね。僕自身人と話をするのが大好きなので、患者さんとも治療以外に世間話をすることも多いのですが、そうすると患者さんのほうも「ここは普通の歯医者さんとは違うな、話しやすいな」と思ってくださるみたいです。例えば、義歯やかぶせ物をした後に何となく違和感があると思っても、歯科医師相手になると言いづらいという方もいるのですが、僕の場合はなぜか「先生だと言いやすい」と言われます。僕が話好きなせいか、スタッフも患者さんと本当によく話すんです。ですから、僕に言いづらいことがあってもスタッフに伝える方もいます。僕よりもスタッフのファンが多いと思いますよ(笑)。患者さんが何でもおっしゃってくださることで、お互いのためによりよい治療ができているのではないでしょうか。患者さんが話しやすい、要望を伝えやすいという雰囲気は当院のよいところだと思っています。

診療の際に大切にしていることは何でしょうか。

歯科は基本的に「行きたくないけど痛いから行く」という方が多いので、皆さん緊張していると思うんです。ですから、とにかく楽しく、笑っていただけることを心がけていますね。まずは世間話から入って、笑ってもらって、緊張をほぐして。そうすると、その後の治療もスムーズになります。患者さんにはリラックスして気持ちよく帰っていただければよいなと思っています。歯医者嫌いで最初はすごく緊張して来た患者さんが、慣れてくるとほかの人にも「あそこの歯医者さん面白いよ、優しいよ」と宣伝してくれたりもしているようで、歯医者嫌いの人が次々に当院に通うようになるという面白い現象も起きているんですよ。

お子さんも多いということですが、治療で気を配っている点はありますか。

4

ほとんどのお子さんが歯医者が嫌なはずなので、まずは慣れてもらうことを大切にしています。僕もスタッフも、お子さんととにかくお話します。怖くて泣いている子でもまずはおしゃべりして、コミュニケーションをきちんと取ることから始めます。いきなり口を開けさせて無理に治療するようなことはないので、安心して来てください。子どもの頃の歯の健康状態は大人になってからも影響しますので、お母さんが子どものお口の中に対する意識を持っていただくことも大切です。ケアの方法などもアドバイスしますので、何でも聞いてください。

遊びに来る感覚で気軽に来院してほしい

先生のリフレッシュ法があれば教えてください。

5

学生時代はソフトテニスや野球をやっていたんですが、歯科医師になってからはなかなかできないですね。今は月1回くらい友人と草野球を楽しむくらいです。何も考えずにぼーっとできる時間が必要かなと思って、休みの日にはとことん頭を休めることにしています。特別なことはしていないのですが、治療へのモチベーションを上げるための僕なりのリフレッシュの時間ですね。あとは、飲みに行くことかな。もともと安城の出身ではないので、飲みに行くことで地域の人たちと仲良くさせてもらうようになりました。ここに暮らすようになって10年ほど経ちますが、やっと地域の一員になれたかなと感じています。今ではここが「第二の故郷」ですね。

地域の中で歯科医院としてどんな存在でありたいですか。

「話をしに来る、遊びに来るだけでもOKですよ」という気持ちで待っています。散歩の途中に寄っていただいてもウェルカムです。そのついでに、お口のことで気になるところがあれば相談していただく、そんな感じで構わないと思っています。歯の治療は遅くなればなるほど状態も悪くなりますし、状態が悪くなると歯医者さんに怒られるんじゃないか、何か言われるんじゃないかと緊張も増してしまいますよね。当院がいつでも気軽に相談できる場所になれば、何かおかしいなと思った時に早めに来ていただけるので、その分治療も短期間で済むようになると思います。できるだけ早い段階で受診していただくためにも、地域の皆さんが立ち寄りやすい、頼りになるクリニックでありたいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

お口の健康のためにいろいろな治療をオールマイティ―に行っているので、何でも気軽に相談してほしいですね。僕たち歯科医師は、患者さんが治療を前向きに進めるための手助けをするのも役割なので、保険治療・自費治療までさまざまな形で提案をさせていただきます。治療についてもメリット・デメリットをきちんと説明して、僕の知識や経験もお話をして、最終的には患者さんに決めてもらうこと。自分で納得して治療を行うことが、患者さんにとっては満足できる治療だと思います。ふらっと来てもらって、治して、満足して。それが僕にとっては一番うれしいことです。治療だけでなく予防やケアについての相談にもぜひ来てくださいね。話好きなスタッフと一緒にお待ちしています。

Access