全国のドクター8,887人の想いを取材
クリニック・病院 161,489件の情報を掲載(2020年1月29日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 相模原市緑区
  4. 橋本駅
  5. なかやま歯科医院
  6. 中山 明院長、中山栄一前院長

中山 明院長、中山栄一前院長 の独自取材記事

なかやま歯科医院

(相模原市緑区/橋本駅)

最終更新日:2019/08/28

17959 df 1 main 1395709139

思い立ったら「なかやま歯科医院」と呼ばれたいんですよ、と笑う中山明院長。これは歯科治療はもちろん、予防、口の中のケア、美顔の施術まで、同院が幅広い対応力を備えている証だ。「なかやま歯科医院」は70年近く続く、地域の信頼も厚い歯科医院。明院長が父の中山栄一前院長と一緒に診療を始めるにあたり、「これまで以上に診療内容を幅広く、同時にインプラントや矯正といった専門分野にも力を入れる体制に強化しました」と自信をのぞかせる。橋本駅から徒歩10分の大通り沿いの場所に移転し、アクセスも向上した。2階建てにしたのは1階は治療、2階は予防や美しさをめざす施術分けのためだそう。「仕方なく予防するというより、もっと健康で美しくなるといったように、ポジティブに取り組んでほしい」と語る明院長。志も新たに移転オープンした同院に、具体的にどのような魅力と特色があるのか、詳しく話を聞いた。
(取材日2013年3月7日)

1階は治療、2階と予防中心となる歯科医院を移転オープン

この場所に移転されて再オープンだそうですね。

17959 df 1 1 1395664149

【明院長】ええ、移転してからまだ1ヵ月ほどです。当院は橋本で開業して70年近くになりますが、ずっと自宅と歯科医院は同じ場所にありました。私が父と一緒に診療することになったときも、当初は自宅の建て替えで対応する予定だったんです。しかし建て替え中は患者さんにご不便をおかけするため、診療が途切れないよう医院だけを移転して再オープンした方がいいと判断しました。
【栄一前院長】以前は年季の入った建物でしたから、昔をご存じの患者さんには「改装して雰囲気が変わったね」と驚かれますよ(笑)。
【明院長】よく歯科医院は怖いイメージと言われますから、リニューアルした当院では壁をガラス張りにして外光を取り入れ、明るい雰囲気を心がけました。また待合室は2階まで吹き抜けになっていますから、特に開放的に感じられると思います。当院は私で三代目になりますが、これからも祖父や父から受け継ぐ患者さんに親しみやすく、また新しい方にも入りやすい医院にしたいと考えています。

2階にも同じように診療室をお持ちなのですか?

【明院長】1階は私と父が診療するスペースになっていますが、2階は治療ではなく予防中心のフロアにする予定です。例えば、せっかく「ホワイトニングで歯を美しくしよう」といらしても、両脇でキーンと歯を削る音が続くと楽しくないと思うんですよ。ですから歯を抜いたり削ったりという処置は1階、それ以外は2階と分けて設備を整えていきます。2階ではブラッシングの指導やクリーニングなどのほか、オーラルエステやフェイシャルエステといったお口や顔の健康と美に役立つ施術も行うつもりです。当院の歯科衛生士はエステの勉強もしているのが強みで、お口と顔をトータルに考えたアドバイスや気持ちの良い施術をご提供できると考えています。

女性のために「マタニティ歯科」もあるそうですね。

17959 df 1 2 1395709139

【明院長】妊娠による女性ホルモンの増加やつわりなどで、女性のお口の中の環境は大きく変化します。さらに食事が不規則になり、歯磨きもやりにくいなど生活習慣への影響も深刻です。ですから妊娠中はいっそうお口のケアに注意して、定期的に歯科検診を受けていただけるようにと、「マタニティ歯科」を発信しているんです。それに生まれてくるお子さんが、虫歯などの原因菌に感染する一番身近なルートはお母さん。母子感染を防ぐためにも、妊娠中に虫歯や歯周病の治療・予防にしっかり取り組んでほしいですね。当院では診療だけでなく、こうした知識を多くの方にお伝えするために、2階に設けたセミナー室での啓発活動を行っていきます。将来的には妊娠中の女性に限らず、幅広い年齢の方に来ていただける地域のコミュニケーションスペースとして活用していきたいんですよ。

患者との信頼関係を大切に。その想いが70年の人気の秘訣

先生方が診療で心がけている点を教えてください。

17959 df 1 3 1395664149

【栄一前院長】当院の診療の根本にあるのは、患者さんに「何でも話せる」と感じていただける信頼関係です。これは非常に難しい目標で、例えば虫歯や歯周病で歯を抜いた後の処置でも患者さんのご希望はさまざま。歯科医師として例えば「この場合はこれがベスト」と思うやり方があっても、それを押しつけず適切な情報提供を行い、患者さんが納得して治療法を選べる配慮を大切にしています。そうした関係をきちんと積み重ねてきたからこそ、親子三代70年近くもこの地で診療を続けて来られたのでしょう。信頼を今後もしっかり受け継ぎ、当院らしさをより明確に打ち出したいと思います。
【明院長】地域に根ざした診療を行っている当院では、ご家族で受診される方も多いんです。最初にお母さんがいらして、次にお子さんと一緒にお見えになって、次にご主人へと、信頼の輪が広がる様子が実感できてとても嬉しいですね。昔ながらのやり方も否定せず、新しい技術ばかりを押しつけることもせず、それでいて患者さんからの質問にはちゃんと情報提供ができるよう、最新知識の勉強も怠らない……このような患者さんのことを考えた対応が、当院の信頼関係につながっているのだと思います。

そのほかにはどのような特色がありますか?

【明院長】患者さんとのコミュニケーションを深める目的で、お口の中を正しく理解していただくための「お口の健康手帳」をお渡ししています。対象は初診や定期検診の方で、「この歯は問題がなく、この歯は虫歯になりかけている」といった現状、「放っておくと今後どうなるか」「これまでどのような治療をしたか」などの予測や治療歴も記載しています。歯磨きで磨けている部分、磨けていない部分は、歯並びをもとに解説してあるので一目瞭然。また診療ユニットに付けたモニターやiPadを使って患者さんの口の中の写真、これからの治療内容などを表示して説明するためか、こちらもわかりやすいと好評です。治療面では患者さんが極力痛みを感じないよう、麻酔のときから十分に配慮しています。麻酔前の表面麻酔がしっかりと効くのを待ち、体温と同じくらいに温めた麻酔を、極細の注射針を使ってコンピューター制御の電動注射器で注射をしているんです。

どのような歯科医院をめざされているのですか?

17959 df 1 4 1395664149

【明院長】そうですね。「思い立ったら、なかやま歯科医院」という感じで、歯科の悩みや疑問がすぐに相談できるような、親しみやすい医院でありたいと思っています。めざしているのは「患者さんが後悔しない治療」。私が診療経験の中には、来院しないで放っておいて病状が進行した方、あるいは私たちプロが心配になる不適切な治療が残っている方も多いのです。そうした患者さんも含めて、「なかやま歯科医院なら安心」と評価されるように、しっかりとした説明と的確な治療を行いたいですね。

親子の興味や視点の違いが、診療分野の幅広さを生む

お二人とも歯科医師になる決心は早かったのですか?

17959 df 1 5 1395664149

【明院長】いや、私はかなりぎりぎりで決めました。最初は歯科より英語関連の仕事に就こうと思っていたほどでしたが、それでも最終的にこの道を選んだのは、「祖父や父が長く診てきた患者さんを自分の代で放り出せない」と責任を感じたからです。
【栄一前院長】私は父の診療を間近で見て興味を持ち、またプラモデルなどを作る手作業が好きだったので、気づいたら自然に歯科医師をめざしていました。特に父から強制されていないので、自分の息子が迷っていても口出しはしませんでしたね。それに本人はスポーツ好きなので、室内の仕事は無理かもしれないと私なりに心配していたんです。ですから最後に決めてくれたときは、よかったという安心感と、本当に歯科医師でいいのかなという気持ち、その両方を感じました。
【明院長】確かに私は高校まで部活で硬式テニス部に入るなどスポーツが大好き。しかし歯科医師になってみると、スポーツと歯科医師との適性にさほど関係はないと感じます。どちらかといえば、医院全体というチームで仕事をする際には役立つ経験かもしれません。もちろん今でもスキーやスノーボードなどは大好きですが、こちらに戻ってからは休みが週1回なので、体を動かす機会は大幅に減りました。特に休みの日は妻と3人の子どもの都合を優先していますからね。

最初は別の医院にお勤めになったと聞きました。

【明院長】私は歯学部卒業後に研修医を務めた後は、新百合ヶ丘の住宅地にある歯科医院で働きました。幅広く診療経験を積むなら、患者さんに偏りがない住宅地の方がいいと考えたからです。当院でも同じように患者さんの層は幅広く、前の医院での経験を十分に生かせていると思います。
【栄一前院長】歯科医師にとって最初に働く場所の影響はとても大きいんですよ。私の場合は勤めた医院が都心のビジネス街にあり、患者さんは働き盛りの年代ばかり。確かに技術は磨けましたが、こちらに戻った当初はお子さんの診療などに慣れず、かなり苦労が続きました。ですから息子が最初から当院と似た環境で経験を積めたことは、とてもよかったと感じています。
【明院長】とはいえ以前は勤務医でしたから、開業医になってから患者さんや医院への思い入れは格段に強まりました。私の言葉や行動が「なかやま歯科医院」への評価に直結するのですから。また経営の視点からスタッフとの接し方も、さらに真剣に考えるようになっていますね。

最後に明院長のこれからの目標を教えてください。

17959 df 1 6 1395664149

【明院長】大学時代から興味のあった口腔外科、インプラントが私の得意分野ですが、今後は矯正にも力を入れていきたいと思います。矯正によってかみ合わせが正しくなると、姿勢がよくなる、食事もおいしく食べられるなど、その方の健康増進にも役立つんですよ。また歯並びが整うとブラッシングが楽になり、食べ残しも減る傾向ですから、虫歯になりにくいメリットもあります。歯並びの悪さや顎の未発達が指摘されるお子さんについても、矯正専門の医師を招いて早期に治療できる体制を整えたので、お気軽にご相談ください。歯並びがよくなって笑顔に自信が持てるようになり、たくさん笑えるようになればもっとすてきだと思いますよ。

Access