全国のドクター9,004人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月27日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市戸塚区
  4. 戸塚駅
  5. ふくむら整形外科
  6. 福村 英信 院長

福村 英信 院長の独自取材記事

ふくむら整形外科

(横浜市戸塚区/戸塚駅)

最終更新日:2019/08/28

179292 %e3%81%b5%e3%81%8f%e3%82%80%e3%82%89%e6%95%b4%e5%bd%a2%e5%a4%96%e7%a7%91

横浜市戸塚区下倉田町、環状3号線沿いにある「ふくむら整形外科」は、明るく開放的な雰囲気が心地良いクリニック。福村英信院長が同院を開設したのは2016年。「患者さんにできるだけ負担なく、適切な治療をご提供したい」という方針のもと、リハビリテーション機器はもちろんのこと、待合室の椅子に至るまで、院長自らが試して納得したもののみを導入したという。「子どもの頃からスポーツ好きでけがが多く、よくお世話になっていたことが整形外科の医師を志したきっかけです」と笑顔を見せる福村院長。専門である手の外科に限らず、スポーツ整形外科、運動器のけがや痛みの治療まで幅広く診療している。「地域のかかりつけ医」として何でも相談される医師でありたいと語る福村院長に、医院の強みや展望などを聞いた。
(取材日2019年1月8日)

高齢者からアスリートまで、幅広く信頼を集める

3年目を迎え、どのような患者さんを多く迎えていらっしゃいますか?

1

おかげさまで地域の方を中心に、多くの患者さんにご来院いただいています。ご自身が来院されたあと友人・知人をご紹介いただいたり、ご家族を連れて来ていただいたりというケースも多く、たいへんありがたいことだと感じています。また、ホームページなどをご覧になって、アスリートの受診も増え、夕方には小学生、中学生といった若い世代の受診も。部活動帰りの受診も多く、スポーツの話で楽しく盛り上がっています。

整形外科ではスポーツを中止するよう勧められることもあるようですが?

もちろん、骨格などに致命的な問題があればスポーツは中止するようにお話しします。しかし、私は多少の痛みがあっても、できる限りスポーツを楽しんでほしいというスタンス。痛み止めや治療機器の力を借りたり、適切なストレッチを行ったりしながら、できる範囲で無理のない楽しみ方をするようにご提案しています。この辺りの方はゴルフやテニスをプレーする方が多く、生涯現役を宣言される方も。腱鞘炎や靭帯損傷などの痛みがある方には、昨年導入した「拡散型衝撃波疼痛治療器」をお勧めすることも多くあります。こちらの機器は、週に1〜2回行うことで痛みの緩和が期待できます。大切な試合や大会に向けてフィジカルコンディションを整えたいという方のサポートも積極的にしています。

リハビリテーション室も広々としていますね。

2

はい。広いスペースを確保して必要な医療機器をそろえ、理学・作業療法士を迎えて、ご高齢の方の予防医学的なストレッチから、本格的にスポーツに取り組んでいる方の理学療法まで、幅広く提供しています。今後もさらに拡充し、リハビリチームをつくって積極的に取り組んでいきたいと考えています。スタッフには、明るくあいさつをすることや丁寧な言葉遣いをすることなど、患者さんを迎えるにあたって当たり前のことを当たり前にできるよう、声がけをすることもあります。「ひとりひとりの患者さんを大事にしましょう。」というのが当院の理念です。クリニック全体でその患者さんのために何ができるのかを考えて、心地よい診療を提供できるよう心掛けています。

慢性痛や骨粗しょう症にも、複数の治療の選択肢を提示

診療上心がけていらっしゃることがあれば教えていただけますか?

3

整形外科の場合、診断名は同じでも、患者さんの年齢や生活スタイルによって治療法や治療のゴールが異なることは多々あります。若い方とご高齢の方では治療のアプローチが違ったり、治った後のアドバイスについても、スポーツをする方とされない方では違っていたりします。そうした点は常に念頭において、一人ひとりに合わせた治療とアドバイスをご提供するように心がけています。その際、もし自分が患者さんであったら、もし自分の家族が患者さんだったら、どんな治療を受けたいかということも考えながら、一番よい治療を提案できるよう努めています。

ご高齢の方では腰痛など慢性的な痛みにお悩みの方も多いようですが?

はい。慢性的な痛みにお悩みで、痛みを取り除くための治療を求めていらっしゃるご高齢の患者さんは多くいらっしゃいます。「結局は手術」と考えていらっしゃる方も多いようですが、そこに至る前段階でもできる手だてはたくさんあります。薬物療法や注射なども一つの方法ですし、ストレッチやトレーニングといった運動療法も役立つ場合があります。さらに、新しい治療機器で対処できる痛みもあります。いわゆる四十肩、五十肩と言われる痛みに対しては、肩のどこに注射をしたら患部に薬液が届くかを研究されていた先生に教わりながらトレーニングしたので、痛み止めの注射は患者さんに満足されることが多いですね。長い付き合いの義肢装具士さんが当院と連携体制をとっていますので、ご希望に合わせた医療用サポーターのご提案も行っています。「手術が嫌だから」と痛みに耐えることなく、ぜひ気軽にご相談いただきたいと思います。

骨粗しょう症の診断・治療にも力を入れていらっしゃるそうですね。

4

骨粗しょう症は自覚症状がないまま進行し、骨折や転倒などにもつながる恐ろしい病気です。将来寝たきりになるリスクを抑えるためにも、50歳になる前にぜひ検査を受けて、ご自身の状況を把握していただきたいものです。当院では全身型の骨密度測定装置を導入しており、腰椎や大腿骨での適切なデータを検討することができます。また、投薬や注射といった治療法だけでなく、食事療法として骨に良いレシピをご提供したり、運動療法をお勧めしたりもしています。骨粗しょう症予防は生活全般をより良くすることにもつながりますから、ご自身の生活を見直す一つのきっかけとしても、まだ検査を受けたことがないという方は、ぜひ検査を受けてみていただきたいと思います。

それぞれにとってベストな治療を探す手伝いを

院長ご自身もスポーツがお好きだそうですね。

5

中学までは野球に熱中していましたが、ピッチャーで肩を痛めてしまい、泣く泣く諦めました。その後、体育教師に誘われてバレーボール部に入部し、大学までバレーを続けました。現在は忙しくてなかなか時間が取れず、ジムに通う程度ですが、子どもの部活の応援に行くこともあります。息子がきっかけで市内の空手道場を運営する団体と医療提携も結びました。選手や指導者の通院を多くお受けしているのに加え、大会の救護班などを担当しています。自分自身がスポーツ好きでスポーツをする方の気持ちがよくわかるので、こうした地域スポーツの選手をサポートすることは、やりがいも大きく感じますね。

今後の展望について教えていただけますか?

実現への青写真もまだで、現時点では「やりたいこと」の段階なのですが、地域で医療・介護を使ったサービスを何か展開できたらと漠然と考えています。ご高齢の方も多い地域ですし、痛みがあるのに、痛みがあるからこそ通院できないという方もいらっしゃいます。そうした方に対して、訪問看護などの形でお役に立てたら良いなと思うのです。また、リハビリスタッフを拡充し、リハビリチームを立ち上げた暁には、通所リハビリのような形でもサービスをご提供できるのではないかと考えています。

最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

6

「整形外科はどんなタイミングで受診するところなのかわからない」と言われることが意外に多いのですが、ちょっとしたけがから長く続く痛みまで、お困りのことがあれば何でもご相談いただきたいと思っています。ご相談いただいた内容によって、痛みの原因が内科疾患であったり、心の問題であったりと整形外科では手を施せないこともありますが、当院での診断・治療が難しいケースでは他院にご紹介したり、カウンセリングをお勧めしたりといった対応も可能です。対応ができないからといって門前払いをするようなことは決してありませんし、逆に即手術をお勧めするような極端なこともありません。状態を診ながらエビデンスに基づく判断で複数の選択肢をご提示しますので、その中から相談しながら一緒にベストの治療法を見つけましょうというのが当院のスタンス。患者さんに負担の少ない新しい治療法もいろいろとご用意しております。ぜひお気軽にご相談ください。

Access