新井歯科医院

新井歯科医院

新井 聖一院長

179267

綾瀬駅から徒歩5分の立地にある「新井歯科医院」は、患者の未来を見据えて治療を行うクリニックだ。新井聖一(あらい・まさかつ)院長は、神経を抜くと「治療→再発に気づかず悪化→治療」と負のスパイラルに陥りやすくなることから、神経を抜かない治療を提唱。実績を重ねてきた。また、患者の経済的負担にも心を砕き、質の高い保険診療を実現すべく院内技工室も完備している。「患者さんとのコミュニケーションを大切にしたい」と話す新井院長は、「お話の日」という独自のシステムをつくり、「患者の話を聞く」時間を重視。丁寧にゆっくりと話す姿勢からも、新井院長の誠実さが伝わってくる。診療理念や今後の展望などを聞いた。(取材日2016年11月30日)

歯の健康、医療の壁、経済的負担。患者のケアに尽力

―「神経を抜かない治療」に力を入れているそうですね。

はい。当院では虫歯と歯周病の治療に力を入れているのですが、この2つの疾患は歯を失う理由の80%をしめていると言われています。つまり、この2つをきちんと予防・治療していけば、歯を失わずに済むはずなのです。その具体的な方法として、私は虫歯治療の際に「神経を抜かないこと」を大切にしています。歯を抜きたくないとおっしゃる方はいますが、神経について意識している患者さんは多くないのが現状。ぜひ皆さんには、神経を抜くとかぶせ物の下の再発に気づけず、虫歯が悪化し、最終的に抜歯する可能性が高まることを知っていただきたいです。もちろん必ずそうなるということではありません。ですが、最終的に自分の歯を守れるのは自分だけ。歯と治療内容に興味を持ち、ご自分の意志で治療を進めてほしいと思います。

―「お話の日」にはどのようなことをされているのですか?

希望者の方だけに、治療日とは別に治療内容の説明や疑問点へのお答えなど、30分の相談時間を設けています。診療中にもお話はさせていただいているのですが、治療中は私もできる限り丁寧な治療をしたいためお話に集中できないですし、治療されている患者さんも聞きそびれてしまうことがあると思うんです。治療のどのタイミングでも「お話の日」をご予約いただけますので、不安や気になることはどんどん聞いていただきたいです。また、患者さんのお口の中の状態によっては、治療が始まってから診療方針を調節する場合もあります。そんなときは一度「お話の日」を設け、ご理解いただいた上で治療を進めています。

―院内に歯科技工室があるのは珍しいですね。

そうですね。当院では患者さんにとって最良のものをオーダーメイドでつくるため、技工室を設けています。よくお寿司屋さんに例えるのですが、外部に発注する技工物は回転寿司、個人技工の技工物は目の前で握ってもらいカウンターで食べるお寿司と同じ。どちらが丁寧に作られたおいしいお寿司かはわかりますよね。当院はそのカウンターのお寿司と同じように、自由診療、保険診療の技工物に限らず一つ一つ丁寧に仕上げています。また、保険のかぶせ物では生活に不便があるのではと心配される患者さんがいらっしゃいますが、精度の高い技工物なら保険適用の素材でも噛む機能は十分なんです。当院の自由診療は、そこに審美的なプラスアルファやさらなる快適さをプラスしたものと考えていただけるとよいかと思います。

記事更新日:2017/01/17


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細