全国のドクター9,025人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月29日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市名東区
  4. 藤が丘駅
  5. ひまわりデンタルクリニック
  6. 伊藤 大輔 院長

伊藤 大輔 院長の独自取材記事

ひまわりデンタルクリニック

(名古屋市名東区/藤が丘駅)

最終更新日:2019/08/28

179129

大きなひまわりとかわいらしい猫のロゴマークが目印の、「ひまわりデンタルクリニック」。名古屋市営地下鉄東山線の終点・藤が丘駅から徒歩10分ほどの住宅地にあり、開業以来地域の人々に親しまれている。バリアフリーのために入口にスロープを設けたり、車いすごと入れるよう広めの診察室にしたりと、クリニックの中は伊藤大輔院長の優しい人柄が随所にうかがえるつくりとなっている。そんな院長のもとには、セカンドオピニオンを求めて来る患者も少なくないのだとか。歯が生えたばかりの乳児から、高齢の方の訪問歯科まで、どんな患者でも受け入れられるように。伊藤院長は歯科医療を通して、患者の人生に寄り添い続ける。
(取材日2016年10月1日)

子連れのママも気軽に通えるクリニック

歯科医師をめざしたきっかけはなんですか?

Df1

進路を考えていたとき、「食べることはすべての健康に通じている」ということに気が付いたんです。人はみな口からものを食べるわけですし、口腔内を健康に保つことは生きていく上で一番大事なのかもしれないなと。そんなふうにして人々の健康に携われたらと思い、歯科の道に進むことに決めました。地元の愛知を離れ、鹿児島大学の歯学部に進学し、卒業後は、福岡と広島で勤務医として経験を積みました。開業するにはやはり地元がよかったので、たまたまご縁があったこの地に開業させていただきました。

クリニック全体としてのこだわりを教えてください。

まず、クリニックの名前ですね。ひまわりは僕が好きな花で、その花言葉は「いつもあなたを見つめる、愛慕」という意味なんです。悩みを持って来院される患者さん一人ひとりに寄り添っていけたらと思い、名付けました。マークに描かれている猫は、僕が家で飼っている猫がモチーフなんです。患者さんから親しみをもってもらえるようなかわいい印象になればと思い、このマークにしました。院内のこだわりとしては、差し色にしたオレンジがポイントですね。もともとインテリアも好きなので、ひまわりを意識した配色にして、カフェのような雰囲気にしました。院内で流れている音楽も、クラシックではなく洋楽を流すようにしています。なるべく、リラックスして治療を受けていただき、次回また来院したいと思ってもらえるような医院づくりを目指しました。

クリニックのコンセプトについてお聞かせください。

Df2

診療科目としては、口腔外科や審美歯科、インプラント治療、ホワイトニング、歯周病治療などありますが、あえて専門を設けず、メインは総合的な一般歯科として診療しています。以前勤務していた病院がショッピングモールの中にあり、子どもからご年配の方まで、年齢も症状もいろいろな方が数多くいらっしゃいました。その時の経験から、「どんな患者さんが来ても診られるクリニック」をコンセプトにしています。ベビーカーや足の悪い患者さんが来やすいように入口にスロープを設置したり、院内の設備も、診察室には4~5台はユニットを置ける広さがあるのですが、あえて3台にして一つ一つの間隔を広めにとって、患者さんがリラックスできる作りにしています。

患者の要望を聞き、できるだけ望むような治療を

診察に際し、心がけていることはありますか?

Df3

治療するときは、患者さんの希望を聞いたうえで、必ず医学的な説明をしっかりするようにしています。その後、その患者さんのライフスタイルに合わせて、治療方針や治療回数などを決めていきます。どんな治療でもよく相談して、コミュニケーションをとって、納得してもらうことを心がけるようにしています。もちろん、100パーセント思い通りにはしてあげられないかもしれませんが、患者さんにとってはご自分の大事な歯についてよく考える、いいきっかけになっているのではないかなと思います。また、あるセミナーをうけて、院内感染予防のために滅菌を行う必要性を強く感じ、器具の滅菌は徹底しています。口腔内で使用する器具はもちろん、エプロンホルダーも毎回滅菌して、清潔な環境で治療を受けていただいています。知人の先生から、滅菌の徹底ぶりに驚かれることもあります(笑)。

幅広く診療を行っていますが、特にこだわっている科目はありますか?

予防を軸に治療に取り組んでいますが、地域の方のニーズが多く、ご要望にしっかりとお応えするために、歯周病治療と矯正治療、インプラント治療に力を入れています。歯周病治療では、位相差顕微鏡を導入し、口腔内の菌をこまかく観察、視診。患者さんの治療のモチベーションを上げられるよう工夫しています。また、当院の矯正治療の特徴は、お子さんの舌の筋肉の働きを正してあげる治療に取り組んでいることです。治療の結果、正しい舌の筋肉の働きによって歯並びも整えられたり、鼻で呼吸できるようになったりします。歯並びが悪くなる原因となる、舌癖や飲み込み癖もなくなるので、希望される親御さんも多いですね。インプラント治療は、しっかりと噛むことができるという声をいただいており、結果として健康寿命が延びるので、希望される方も多いですね。ただ、やはり手術ですので、何度もよく相談して患者さんの意思を尊重して治療を行うようにしています。

患者さんの層は、どんな方が多いですか?

Df4

50~60代の方が多いですね。歯に対する意識が高い方が多く、治療が終わっても、定期的に来院される方が多いように感じます。また、この辺りは転勤でいらっしゃった方も多いので、小さなお子さんを連れたお母さん世代の患者さんもよく来られます。当院では、週に2回ベビーシッターさんに来てもらっています。お子さんを一緒に連れて来ていただければ、シッターさんに預けている間ゆっくりと治療を受けられます。これが、かなり好評をいただいているんです。大事なお子さんですから、やはり資格がある人に見てほしいですよね。今は水曜と金曜ですが、他の曜日もいてほしいという声があるので、今後増やしていきたいと思っています。

患者にとって、一生付き合っていけるクリニックに

学生時代についてお聞きします。どんなことをして過ごされましたか?

Df5

中学、高校、大学と、学生時代はバレーボールに打ち込みました。今では年に一度、大学のOB戦で仲間が集まってやるくらいなんですが。大学時代は、練習がとても厳しかったですね。勉強との両立でとても大変でしたが、先輩方にバレーボールのことだけではなく勉強も教えてもらっていたので、とても有意義な時間を過ごせたと思っています。また、バレーボールを通してチームワークの大切さを学びました。歯科治療もチームワークなので、ドクターひとりでは絶対にできないですし、衛生士さんや、歯科技工士さんとのコミュニケーションをしっかりとるようにしています。

今後どんなクリニックにしていきたいか、展望をお聞かせください。

日本人の歯に対する意識というのは、欧米諸国に比べるとまだまだ低いと言えると思います。定期健診やメンテナンスを通して、一生付き合える歯科医院でありたいですね。また、訪問診療は今後ますますニーズが高くなっていきます。名東区歯科医師会とも連携を取り合って、健康寿命を延ばすお手伝いができればと思います。もう歯を削って埋めてという時代ではなくて、悪くならないように予防する時代になってきています。それに見合った治療ができるよう、患者さんのニーズに応えられるようにしていきたいです。常にアンテナを張り巡らせて、新しい技術や治療法はどんどん取り入れたいですね。

読者に向けてメッセージをお願いします。

Df6

できるだけ患者さんの意志を尊重してあげるのも歯科医師の仕事かなと思います。ライフスタイルに寄り添って、その患者さんに合った治療をしていきたいです。あとは、「診せていただいている」という、謙虚な気持ちを常に持って、診察をするようにしています。めざしているのは、次また来たくなるクリニック。そうすることで患者さんと長いお付き合いができればいいですね。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access