全国のドクター8,939人の想いを取材
クリニック・病院 160,775件の情報を掲載(2021年9月29日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 品川区
  4. 大崎駅
  5. 大崎ブライトタワー歯科クリニック
  6. 本淨 学 理事長

本淨 学 理事長の独自取材記事

大崎ブライトタワー歯科クリニック

(品川区/大崎駅)

最終更新日:2020/04/01

179029

JR山手線の大崎駅北改札口から徒歩で約5分、タワービル内の2階にある「大崎ブライトタワー歯科クリニック」。ビジネスパーソンが行きかうタワービル内のクリニックらしく、シャープで洗練されたたたずまいが印象的だ。一般・予防歯科、口腔外科、小児歯科、インプラント治療、審美歯科、矯正歯科など幅広く対応し、2015年の開業以来、ビジネスパーソンのみならず、近隣に住むファミリー層の来院も多いという。保存治療を専門とする本淨学(ほんじょう・がく)理事長は、「当院でどこまでの治療を行い、どこから他の医療機関と連携していくか。正確な診断力が大切です」と話す。本浄先生に、診療の特徴や今後の展望などについて聞いた。
(取材日2019年10月8日)

正確な診査・診断にこだわる

開業の経緯を教えてください。場所柄ビジネスパーソンの患者さんが多いのでしょうか?

1

僕は医師の家系なのですが、本家が大崎にあり、駅前の開発でクリニックモールができるという話をもらい、この地に開業を決めました。患者さんは会社員の方が多く、昼休みを利用して来院される方もいます。午後の時間帯になると、近隣に住むファミリー層の患者さんの来院も多いですよ。お母さんが、園や学校が終わったお子さんを連れてくるケースも増えてきました。近くに保育園があるのですが、転んで口を打ってしまったり歯がグラグラしてしまったり、ということで来院されることも少なくないですね。最近のお子さんは、昔ほど外遊びをしなくなったせいか、うまく転倒できず顔から転んでしまうケースも多く見受けられます。当院では必要に応じて応急処置を行い、症状に応じて連携先の病院を紹介しています。

クリニックのコンセプト、特徴を教えてください。

歯科医師として当たり前のことかもしれませんが、患者さんに対し、きちんとした診査・診断を行うことです。主訴の原因と治療法を見極め、当院ではどこまで治療を受け持つのか、どこから他の病院と連携していくのか、その線引きを正確に行うのが、歯科医院の務めだと思っています。インプラント治療や入れ歯治療、小児歯科など幅広く対応します。小児歯科は、歯医者さんに来ることへの恐怖心を払拭してもらうところから始めるなど一人ひとりの患者さんの年齢や疾患に即した形で最善の医療を提供したいと思っています。丁寧な説明を心がけていて、口腔内モニターをお見せしながら患者さんとお口についての情報を共有し、治療を進めていきます。また、クラスBの衛生システムを導入していて、プラスチックの材料など、物理的にどうしても消毒がかけられないもの以外は、衛生面で細心の注意を払っています。

先生は、歯の食いしばりの診療に力を入れているとか。

2

そうですね。ストレスを主な要因として、無意識のうちに歯を食いしばってしまい、歯の表面が擦り減って食べ物を食べる時にしみたり、顎関節や顎の筋肉が痛んだりなどの症状が表れることがあります。もっとひどくなると、口を開けただけで痛いという方もいらっしゃいます。食生活よりも、緊張度の高い仕事をしている人がなりやすいと考えられているので、問診では、仕事のことや生活サイクルなどについてじっくりお伺いするようにしています。大人の方だけでなく、子どもの頃から舌が正しくない位置に定着することによって、食いしばりが習慣的になってしまうこともあるので、注意が必要です。

さまざまな視点から食いしばりの診療に注力

どのような対処法があるのですか?

3

問診や診察で治療が必要だと判断した場合は、マウスピースを処方することもあります。また、治療以外にもMFTと呼ばれる口腔筋機能法を取り入れ、お口の周りの筋肉を鍛えバランスを整えていくことで、正しく機能させるための指導をすることも。大事なのは、舌の位置なんです。歯を食いしばってしまう人というのは、舌の位置が歯の下のほうにいってしまうことで、頬の肉の緊張度が落ちてしまうことが多いのだと考えられます。舌の位置を、上顎につけるように意識するだけで変わってくるのではないでしょうか。マウスピースは、患者さんの状態に応じて就寝中につけてもらったり、可能な方には仕事中にもつけてもらったりしています。就寝中に食いしばってしまう人には、マウスピースが役立ちますが、自身が感じているストレスが治まると自然に改善に向かうこともあります。患者さんの症状を診ながら、その時に応じた対応をしています。

得意分野について教えてください。

いつまでも自分の歯で噛めるよう治療を行う、保存治療が専門です。歯を保存するために、できるだけ削らない治療を行うなどできることは何でもやっていますが、中には、残念ながら歯を抜いたほうがよいケースもあります。歯を無理やり残しても、1年くらいで駄目になってしまうこともありますので、そのあたりはケースバイケースで診断しています。万一虫歯になっても早期に対処できるよう、定期検診などの予防が大切になってきます。当院は、歯を失った時の治療法としてインプラントも行っています。インプラントはメリットもデメリットもありますが、患者さんが納得いくまでご説明します。治療前の的確な診断を大切にしておりますので、まずはご相談ください。

現在も、大学病院で講師をなさっているそうですね。

4

日本大学歯学部保存学講座で、週に1回講師を務めています。大学へ行くと、先生たちに実習で教えたり、大学の先生と話をしますから新しい材料や技術などを知ることができます。材料自体もどんどん向上していて、本当に10年ひと昔です。トピックがわかるということは、クリニックでの診療において強みにもつながると確信しています。患者さんに臨機応変に対応し続けて20年目ですが、これから先30年目になれば、また変わっていくかもしれないですよね。歯科医療の進化を目の当たりにしながら、自分自身も成長し続けていきたいと思います。

地域に長く愛されるクリニックをめざして

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

5

僕の両親の実家は、北海道札幌市から200kmほど離れた町で総合病院を営み、外科、内科、小児科など幅広い患者さんのニーズに対応していました。祖父の代から続いていて、親戚にも医療系の仕事についている者が多かったので、自分も自然と医療の道を志しました。

お忙しい日々の中、休日はどのようにリフレッシュされていますか?

トレッキングですね。週末ごとに逗子の家に帰っているのですが、自宅が山の中で、40分くらい歩いていくと海に出られるんです。娘と一緒に歩いたり、海で遊んだりしてリフレッシュしています。娘も山が好きで、木や花を触って楽しんでいます。4歳になるのですが、もう少し大きくなったら、何か一緒にスポーツを楽しんでみたいですね。

今後の展望について聞かせてください。

6

これまでどおり、当院の歯科医師、歯科衛生士などスタッフと力を合わせ、総合的な治療を変わらず続けていきたいと思います。冷静で的確な診断力、判断力にこだわった診療を行いながら、患者さんのお口の健康をサポートしていきたいと思います。また、開業から5年近くたちますが、当初思っていたよりも、地域にお住まいの、いわゆる地元の患者さんが家族ぐるみで来院くださるようになりました。診療を通して、小さかったお子さんの成長が見られるのはとてもうれしいですね。地域の患者さんたちとも、長くお付き合いしていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/38万5000円~
小児矯正/Ⅰ期20万円、Ⅱ期20万円~
成人矯正/80万円
セラミックインレー/1歯 5万5000円
セラミッククラウン/前歯(1歯) 10万円

※症例によって費用が異なります。詳細はクリニックにお問い合わせください。

Access