全国のドクター9,222人の想いを取材
クリニック・病院 158,511件の情報を掲載(2024年5月26日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 佐倉市
  4. 京成臼井駅
  5. スター歯科
  6. 山田 浩平 院長

山田 浩平 院長の独自取材記事

スター歯科

(佐倉市/京成臼井駅)

最終更新日:2022/07/08

山田浩平院長 スター歯科 main

佐倉市染井野のショッピングセンターの一角に構える「スター歯科」は、ファミリー層を中心に幅広い世代が訪れるクリニック。2015年の開業から7年、一般歯科から小児、矯正、審美、インプラントとオールラウンドな歯科診療を手がけ、地域のかかりつけクリニックとして徐々に存在感を高めてきた。山田浩平院長がめざすのは、歯科に対するマイナスイメージを払拭し、歯科医院を「来て良かった」「また行きたい」と思えるプラスイメージの場所に変えること。自分が受けたい治療、家族に受けてもらいたい治療を常に意識し、患者一人ひとりに寄り添った歯科医療を提供している。クリニックの特徴や診療時に大切にしていること、院内空間のこだわり、そして最近ニーズが高まっている審美面や矯正治療の話題など、山田院長にたっぷり話を聞いた。

(取材日2022年5月27日)

患者がまた行きたいと思える歯科医院をめざして

こちらは開業から7年になるそうですね。どういった患者さんが多く来られていますか?

山田浩平院長 スター歯科1

当院はショッピングセンター内にあるので買い物ついでに立ち寄りやすく、ファミリー層を中心に子どもからご高齢の方まで、幅広い年齢層の患者さんが来院されています。開業当初からの患者さんに加えて、ご紹介やクチコミで新規の患者さんも年々増えてきましたから、スムーズなご案内ができるように、当初3台だったユニットも5台に増設しました。歯科医師も当初は私1人で対応していましたが、現在は私を含めた3人体制で診療を行っています。初めの頃は、痛みなど歯に何らかのトラブルがあって来院する患者さんが多かったのですが、年を追うごとに予防目的で定期的に通院される患者さんの割合が高くなってきました。痛いところを治療して終わりというような「その場しのぎの治療」を見直し、「歯の健康を守るためのメンテナンス」が患者さんの間で徐々に定着してきたことには、地域の歯科医師として大きな手ごたえを感じています。

診療にあたって心がけていることは?

世間一般に歯科というと、「痛い」「怖い」「削る」「抜く」といったネガティブなワードばかりが思い起こされ、マイナスイメージをお持ちの方が多いと思います。そうした不安感と患者さんの歯に関する悩みを取り除き、「来て良かった」「また行きたい」と思えるようなプラスイメージの歯科医院づくりをめざしています。そのために注力しているのが、痛みの少ない治療。表面麻酔や電動麻酔器を組み合わせて使用し、麻酔液の温度にもこだわるなど、治療の前段である麻酔のプロセスから痛みを最小限に抑える工夫を重ねています。また、口腔内カメラで治療前後の口腔内の様子を撮影して患者さんにも見ていただくなど、治療の過程を可視化することで患者さんが不安を感じることがないように努めています。

院内がとても明るく、おしゃれなカフェのような空間ですね。

山田浩平院長 スター歯科2

内装は、もともと歯科医師である妻のアイデアで、お子さん連れのお母さんにもリラックスしていただける空間づくりを意識しました。診療ユニットもクッション性の高いものを使用していますから、治療中もユニットに身を任せてゆったりくつろいでいただけると思います。大人でも、歯科医院と聞いただけで身構えてしまう方もいらっしゃると思いますが、お子さんの場合はそうしたイメージが恐怖心につながりがちです。だからこそ院内をできるだけ明るく楽しい空間にできればと、ハロウィンやクリスマスなど季節感のある装飾を取り入れたり、治療を頑張れたお子さん用にカプセルトイのご褒美を用意したりと、目で見て楽しい院内づくりを心がけています。

小児の治療は、焦らずじっくり対話を重ねる

ところで、先生が歯科医師を志したきっかけは?

山田浩平院長 スター歯科3

子どもの頃、一緒に住んでいた祖父母が「入れ歯だとご飯がおいしくない」とよく言ってました。それを自分が何とかしてあげたいと思ったことが、最初のきっかけだったかもしれませんね。僕が子どもの頃に通っていたかかりつけの歯科医院には、歯に関することだけでなく、いろいろな話を聞かせてくれる優しくフレンドリーな先生がいました。そのおかげで当時の僕は歯医者さんに通うのが大好きで、虫歯ゼロで学校の表彰を受けたりしていました。幼かった自分が歯医者嫌いにならずに済んだのは、その歯科医院の雰囲気やすてきな先生との出会いがあったからこそ。ですから、今も小さいお子さんが初診で来た時などは、できるだけ歯科医院を好きになってもらえたらと、お子さんとの最初のコンタクトに細心の注意を払って治療を始めるようにしていますね。

ご自身の幼少期の経験がお子さんの治療に反映されているのですね。

そうですね。そして僕自身、今は小さい子どもを持つ父親でもありますから、自分の子育て経験も多少生かされているかもしれませんね。最初からスムーズに治療に入れるお子さんもいますが、中には怖がって診療室に入れなかったり、ユニットに座るのを嫌がるお子さんもいるので、その場合はまずお話をメインにします。キッズスペースで少しお話をして、「また遊びに来てね」といった形で治療せずに終わることもあります。そういう対話を何度か繰り返すうちに、ほとんどのお子さんはこの空間に慣れて診療室にも入って来られるようになると思いますから、焦りは禁物。根気よく向き合って、まずは僕と仲良くなってもらうことを大切にしています。

こちらの歯科医院はインプラント治療にも力を入れているそうですね。

山田浩平院長 スター歯科4

学生時代はインプラント治療について座学でしか学んだことがなかったのですが、研修医時代、実際に歯を失った患者さんがインプラントによって歯を失う前と同じように食事を楽しめるようになり、生き生きと生活できるようになる姿を目の当たりにし、インプラント治療に大きな可能性を感じました。それ以来インプラント治療について勉強を重ね、開業後の現在は当院が注力する治療のうちの1つになりました。院内に歯科用CTも備えていますので、適切な診断と技術のもと、インプラント治療を提供しています。

美しく機能性に配慮したセラミック治療にも注力

マウスピース型装置を用いた矯正も始められたそうですね。

山田浩平院長 スター歯科5

ご要望を受けて2020年からスタートしました。患者さんにとって一番のメリットは、マウスピースが透明で治療中も口元の装置が目立たないこと。装置を外すまで患者自身が仕上がりをイメージしづらいワイヤー矯正と異なり、マウスピース型装置を用いた矯正では、術前の状態から術後の仕上がりまでの変遷をシミュレーション動画であらかじめ確認できるので、患者と歯科医師双方が描くゴールのイメージをしっかりすり合わせることができます。ともあれ、装置を毎日欠かさず、決められた時間しっかりと装着することが基本。日々の装着状況については患者さん任せにならざるを得ませんが、口元をきれいにしたいという明確な意思を持って取り組まれることで、順調に進んでいけるかと思います。

口元の見た目を整えられると、表情にも自信が持てそうですね。

見た目の改善という意味で言うと、最近は矯正と同様に、セラミック素材を用いた補綴治療のニーズも高まっています。セラミックは金属と比べて初期費用が割高にはなるものの、見た目が自然歯に近い仕上がりをめざせますし、機能面においても優れた素材だと思っています。虫歯になりにくく、金属アレルギーの心配もほぼありません。素材によっては耐久性が高いので、その後の治療回数が少なく済むことも大きなメリットだと思います。当院では虫歯治療やインプラントなどすべての治療において、ジルコニアやジルコニアセラミックなど各種素材を導入していますので患者さんのご希望に合わせて素材を選んでいただけます。

最後に読者に向けて一言メッセージをお願いします。

山田浩平院長 スター歯科6

開業してからこれまでの間に、自身の歯を大切に守っていくという患者さんの意識は格段に高まっているように感じています。そうした意識の変化を促しているのは、ブラッシング指導などを通じて予防に力を注いでくれている当院のスタッフたち。開業当時からのスタッフが中心メンバーとなって、抜群のチームワークでクリニックを支えてくれていて、とても頼もしく思っています。これからも引き続き、患者さんが健康な歯を長く保ち続けられるよう、定期的な受診の大切さを伝え続けるとともに、スタッフ一同でできる限りのサポートをさせていただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

オールセラミックインレー(1本)/2万7500円~
インプラント治療(1本)/33万円~
ホームホワイトニング(上下)/2万7500円~
オフィスホワイトニング/1万6500円~
マウスピース型装置を用いた矯正/66万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access