全国のドクター9,158人の想いを取材
クリニック・病院 161,390件の情報を掲載(2020年5月29日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 佐倉市
  4. 京成臼井駅
  5. スター歯科
  6. 山田  浩平 院長

山田  浩平 院長の独自取材記事

スター歯科

(佐倉市/京成臼井駅)

最終更新日:2020/04/01

178885

佐倉市染井野のショッピングセンターの一角にある2015年開業の「スター歯科」。明るく清潔感あふれる院内は、車いすやベビーカーが楽々通れるバリアフリーの空間が広がる。「自分が受けたい治療」「家族に受けてもらいたい治療」を常に心がけているという院長の山田浩平先生は、その誠実な話しぶりから仕事への情熱がひしひしと感じられる歯科医師だ。地域の患者のニーズに応え幅広い治療を提供する山田院長のもとには、小さな子どもから高齢者まで年齢を問わず患者が通ってくる。子どもが「歯医者嫌い」にならないように子どもの個性に合わせて根気よく向き合うと話す山田院長に、診療時の心がけや歯科医師になったきっかけ、今後の展望などたっぷり話を聞いた。
(再取材日2018年6月21日)

小さな子から高齢者まで、地域に親しまれる歯科医院

なぜこの場所を開業地に選んだのですか?

1

開業するなら小児から高齢者までのファミリー層を診ていきたいという想いがずっとあって、幅広い年齢層の患者さんに来てもらえる場所をいろいろあたっていました。千葉で働いたことはなかったのですが、そんな想いで開業地を探していて自然と絞り込まれていったのがこのエリアでした。ショッピングセンター内にあることで買い物ついでに当院の存在に気づいていただき、かつ立ち寄りやすい立地ということが決め手となりました。大きな駐車場が併設されていますので、車移動が主流のこの近辺にお住まいの方にとって気軽に寄っていただけるのではないかと思います。

おしゃれなカフェのような雰囲気ですね。院内のこだわりポイントなどを教えてください。

この内装はもともと歯科医師である妻のアイデアによるもので、お子さん連れのお母さんにもリラックスしていただけるよう、壁は白で統一し、女性目線の洗練されたインテリアを大事にしました。診療ユニットもクッション性の高いものを使用していますので、ユニットに身を任せてゆっくりくつろいでいただければと思います。また、歯科医院と聞くだけで身構えてしまったり、怖くて行きたくないというイメージがある方もいらっしゃると思います。特にお子さんだと余計に恐怖心があるでしょうから、院内を明るく楽しく、例えばハロウィンの時期にはハロウィン仕様にするなど内装を季節ごとのイベントに合わせて飾ったりして見た目から入りやすく、また来たい場所と思ってもらえるような雰囲気づくりを心がけています。治療を頑張れたお子さんにはカプセルトイのご褒美や、月によってはキシリトール入りのお菓子も用意しています。

どのような患者さんが多く来院しますか? 

2

ファミリー層を中心に、子どもからご高齢の方まで幅広い年齢層の患者さんが来院されます。2015年の開業からかかりつけとして通ってくださる患者さんもいらっしゃいますし、新規の患者さんも増えています。予防のために定期的に来院される患者さんも徐々に増えていて、「これまではその場限りの治療を受けていたけれど、ここに来るようになってから定期的に検診に通うようになりました」と患者さんに言っていただくことがよくあるのですが、これは歯科医師としてとてもうれしいことです。こんなふうに患者さんが安心して通ってくださるのはスタッフの存在が大きいと思っています。開業時からのスタッフがほとんどなのですが、僕の目の届かない部分までしっかりサポートしてくれるスタッフのおかげで当院は成り立っています。

子どもを「歯医者嫌い」にしないためしっかり向き合う

歯科医師を志したきっかけなどありますか?

3

子どもの頃から一緒に住んでいた祖父母が食事のときに「入れ歯だとご飯がおいしくない」とよく言っていたので、「どうにかしてあげたい」と思ったことがきっかけの一つです。また、僕は「歯医者さんに行くのが大好き」という珍しい子どもで、学校の歯科検診でも虫歯ゼロで表彰されたりしていました。そんなことから歯科に興味を持ち始めていたのかもしれません。親に連れられて通っていた歯科医院には、歯のことだけでなく日常的な話もしてくれる優しくフレンドリーな先生がいたんです。幼かった自分が歯医者嫌いにならなかったのは、その先生の態度や歯科医院の雰囲気がとても良かったからだと思っています。ですから、僕自身も小さい子どもが初めて来たときなどは、できるだけ歯科医院を嫌いにならないよう、最初のコンタクトにすごく気をつけて好きになってもらえるようにしてから治療を始めるようにしています。

診療ポリシーなどありましたら教えてください。

当院は「マイナスをプラスに、行きたくない場所から来て良かった場所、また行きたい場所へ」をコンセプトに診療し、歯科治療に対するマイナスのイメージをなくすために、できるだけ無痛に近い治療を心がけています。麻酔については、表面麻酔で針の「チクッ」という痛みを和らげ、電動麻酔器を使って圧をコントロールしながら痛みを感じないように麻酔液を注入したり、麻酔液の温度にも気をつけています。お子さんの場合は「痛み」という「ストレス」がないように特に気をつけ、ちゃんと説明した上で治療を行うようにしています。そのほかにもできるだけ安心して治療を受けていただくために、口腔内カメラで治療前後の口腔内を撮影して実際の状態を一緒に見ていただくなど、少しでも患者さんの不安がなくなるよう努めています。

子どもの治療の際に心がけていることはありますか?

4

まずお話をメインにします。もちろん最初から治療ができるお子さんでしたら虫歯の治療をしますが、中には診療室に入れなかったり、ユニットに座るのを嫌がるお子さんもいるので、その場合はキッズスペースなどで少し話をするだけにして、また次遊びに来てね、という形で治療をしないで終わることもあります。それを何回か繰り返すとだいたいのお子さんは診療室に入ってくれるようになるので、「歯医者は嫌」というイメージにならないよう最初は根気よく向き合って、まずは僕と仲良くなってもらうことを大事にしています。お子さんにも喜んでもらえて、お母さんに「次、いつ来るの?」と言ってくれているのを聞くと本当にうれしいです。僕自身、小さな子どもの父親ですが、もともと子どもが大好きで、どの子もとてもかわいいですね。

定期的な歯科検診でいつまでも健康な歯を

インプラント治療にも力を入れていらっしゃるのですね。

5

学生時代には座学でしかインプラント治療について学んだことがなかったのですが、研修医時代に、歯を失った人がインプラントによって歯を失う前と同じようにものを食べ、生き生きと生活できるようになる姿を見て、この技術にとても魅力を感じ、それ以来力を入れています。また、歯を失った患者さんが当院に来られた場合、「インプラントは取り扱っていないので……」と別のクリニックを紹介してしまうと、患者さんに手間や負担をかけてしまいますので、そういった事態を避けたいという思いもあり、僕自身が一通りできない治療がないようにインプラント治療についても勉強を重ねました。設備面では歯科用CTを備え、的確な診断と確かな技術によるインプラント治療の提供をめざしています。

そのほか、力を入れている治療などありますか? 

セラミック素材を使った治療に力を入れています。自費での治療になるのですが、当院ではより良い物を多くの人に提供したいという思いから、できるだけ費用を抑えて品質を重視したセラミックを治療に取り入れています。セラミックの利点は審美面だけでなく、いわゆる銀歯による金属アレルギーや虫歯の再発などの欠点を補うことができることです。当院では虫歯治療やインプラント治療などすべての治療において、ジルコニアやジルコニアセラミックなど各種素材を導入していますので、患者さんはご自分の希望に合わせて素材を選んでいただけます。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いいたします。

6

これまでの患者さんに加えて新規の患者さんも増え、次回の予約が取りにくくなって患者さんにご迷惑をかけている状態が続いていますので、診療体制を改善し、予約がすぐ取れて待ち時間が少ない歯科医院にしたいと思っています。読者の方へのメッセージとしては、歯科医院に痛くなったときだけ行った人と、定期的に検診を受けている人では、将来的に残る歯の本数が後者のほうが多いという報告が出ていますので、歯を健康な状態に保って少しでも長く使えるようにするためには、歯科医院で定期的な検診を受けることをお勧めします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

オールセラミックインレー(1本)/2万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access