ミューザ川崎こどもクリニック

ミューザ川崎こどもクリニック

三井 理恵院長

新規開院

頼れるドクター

178826

JR川崎駅直結の複合施設ビル・ミューザ川崎。その2階に2016年5月に開院したのが小児科、皮膚科を標榜する「ミューザ川崎こどもクリニック」だ。皮膚科専門医である三井理恵院長は、自らの子育て経験の中から得た母親目線のアイディアをクリニックに盛り込み、患者の心に沿う診療を提供している。小児科外来のほか、喘息・アレルギー、低身長・肥満、発育・発達などの専門外来を設置しており、第一線で活躍してきたさまざまな専門医が診療にあたる。優しく穏やかな雰囲気の三井院長に、女性医師が働きやすい環境を踏まえて考えたクリニックのコンセプトなどを聞いた。
(取材日2016年6月30日)

子育て経験で得たアイディアで母親目線の診療を提供

―クリニックの特徴を教えてください。

風邪などを診察する小児科一般外来のほかに、喘息やアレルギー、成長、発達発育、スキントラブルといったじっくり時間をかけて診る必要がある慢性的な健康問題に応える「専門外来」を設けています。慢性的な症状に気づかず、一般外来で受診を繰り返しているケースがあります。病院に行くまでも…というようなご相談でも構いませんので気軽にご相談いただければと思います。それぞれの外来には、それぞれの専門家が診察しております。特に新生児専門医がおりますので、生まれたての赤ちゃんの育児におけるいろいろな不安に対しても対応し、安心して受診していただけると思います。

―予防接種、乳児健診の体制も充実していますね。

予防接種と乳児健診、皮膚科の患者さんが待つスペースがあり、そこから直接入れる別の診察室を設けています。小さなお子さんやお母さん方は日中の時間が空いていることが多いと思いますので、そういった面を考慮して平日の13時30分から15時までを乳児健診、予防接種に特化した時間に設定しています。一方で働くお母さんや保育園へ通われている方は、朝早くや夕方近くの時間の方が利便性が高いということもあるので、終日、予防接種と乳児健診を行っています。どちらの場合も、電話とインターネットからの事前予約が可能です。今は予防接種の数がとても多いので、お子さん一人ひとりのワクチンスケジュールをご提案しながら、ご家族と一緒に、接種できるワクチンを決めていきたいと思っています。

―お母さん目線のアイデアがたくさん盛り込まれていますね。

こどもが生まれて予防接種に連れていったとき、風邪をひいている方にあまり近づくと心配だなと思ってしまったんですよね。そこで、待合室から分けてあるとやはり安心するということに気がつきました。現在、6歳と2歳のこどもがおり、先月3人目を出産しました。家のことは主人や両親など、家族総出で手伝ってもらっていて、そのお陰で私も仕事ができるので家族には感謝していますが、何よりこどもたちに感謝です。こどもたちが元気に学校へ通ってくれるから私たちも仕事ができるのだと思います。こどもが重症になる前に早くケアしてあげることで、働くお母さん方が急な欠勤などをせずにすむ。そういった手助けができる身近なクリニックとして利用していだけたらいいなと思います。

記事更新日:2016/09/20


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細