まつもとメディカルクリニック

まつもとメディカルクリニック

松本 佐保姫院長

頼れるドクター

178804

風邪から複数の疾患を抱えた方までワンストップで診療してもらえ、さらに検査の結果も直ぐにわかるといった、現代のニーズに応える「まつもとメディカルクリニック」。循環器や糖尿病内科を診療の柱としながら、連携先病院との徹底した病診連携で地域医療を支える拠点となることをめざし、2016年5月にこの街に開業した。「専門性の高い地域医療を提供すると同時に、病診連携を徹底し、患者と総合病院との橋渡し役も担っていきたい」と語る松本佐保姫(さほひめ)院長。珍しい名前だが、高齢の患者の中には、その名前が古事記の中に出てくることを知っている人も多いと笑う。今回は松本院長に、新しいタイプの地域医療の提供にかける思いをたくさん語ってもらった。
(取材日2016年6月21日)

地域医療と総合病院を結ぶ架け橋をめざして開業

―開業のきっかけを教えていただけますか?

大学病院での勤務が長かったのですが、現在どこの病院も外来は飽和状態で、予約制であっても待ち時間が長いなど患者さんにもご負担をおかけしている状態にあります。ただ、大学病院に通院されている全ての方が、専門性の高い医療処置が必要かといえばそうではありません。地域の中で行くべきクリニックがわからない、抱える疾患に専門性のあるクリニックが地域にないといった理由から、遠方の大学病院まで通院されているケースもあります。そこで以前から、初診や基本的な検査、術後や定期的な経過管理を担い、必要に応じて大学や総合病院に患者さんをつなぐ、高い専門性も併せ持つ連携型の医療機関が地域に必要だと感じており、今回ちょうど総合病院から連携のお話をいただいたことをきっかけに開業を決意しました。

―この場所を選ばれた経緯を教えてください。

連携のお話をいただいた江東病院がここから数分の場所にあるのですが、書類のやりとりだけでなく、医師同士が直接相談しながら治療を進める本当の意味での病診連携を実現させるためにも、また紹介したりされたりした患者さんの通院の便宜を考えても、江東病院の近隣でという条件で場所を探しました。当クリニックではレントゲンや専門性の高い心臓検査を行うための機器、エコーを備え、CT、MRIなど画像検査が必要と判断した場合には江東病院で受けていただき、すぐに画像を転送していただくことで、お待たせすることなく結果をお伝えできる環境を整えています。今まで勤務しておりました東大病院や、三井記念病院、また良く存じ上げている先生のいらっしゃる東京ベイ・市川浦安医療センター、心臓血管研究所附属病院なども、同じように顔の見える医療連携として繋がっています。今後はこうした連携先病院をさらに増やしていきたいと思っています。

―診療内容を教えてください。

専門は循環器内科ですが、一般内科、糖尿病内科なども担当しています。また心臓疾患との関連性も高い生活習慣病の治療や予防を行うための生活習慣病の外来や、心臓疾患や生活習慣病の誘発要因となる喫煙習慣を改善するための禁煙外来も設けています。最近総合病院では、内科の中でも循環器、消化器などと専門が細分化されていますが、循環器の患者さんは生活習慣病関連の疾患をいくつも抱えているケースが多いので、心臓の治療はここで、糖尿病は別の科でと、掛け持ち受診を余儀なくされます。当クリニックでは循環器内科を柱に内科や生活習慣病全般を診療できるので、複数の疾患を抱えている患者さんに対しても、ワンストップ診療をご提供できる環境が整っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細