全国のドクター9,498人の想いを取材
クリニック・病院 160,463件の情報を掲載(2022年10月03日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 八王子市
  4. 八王子駅
  5. 医療法人 AI あい歯科クリニック 八王子
  6. 板山 明弘 理事長

板山 明弘 理事長の独自取材記事

あい歯科クリニック 八王子

(八王子市/八王子駅)

最終更新日:2021/10/12

178741 top

八王子駅南口から徒歩1分の場所にある「あい歯科クリニック八王子」。理事長の板山明弘先生のもと、20人ほどの歯科医師が在籍し、特にインプラントとセラミックの治療に力を入れながら、一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正・審美的な治療など、幅広い歯科医療を提供している。患者の口腔内全体を考えた「一口腔単位の医療」を大切にして、良質な歯科診療の提供を心がける板山理事長。近年は後進の育成にも力を入れているという。そんな板山理事長に、同院が得意とするインプラント治療のことや今後の展望などについて語ってもらった。

(取材日2020年3月30日)

正確性と安全性を重視したインプラント治療を提供

インプラント治療に力を入れているそうですが、その理由を教えてください。

1

歯を失った人のための治療法として、ブリッジや入れ歯などの治療法がありますが、当院ではインプラント治療を第1の選択肢と考えています。その理由は、インプラント治療は口腔環境をプラスの状態へ持っていける治療法と考えるからです。ブリッジや入れ歯などの治療法は、ほかの歯にダメージを与えてしまうことがあり、将来的に歯を失うというマイナスの方向に進んでしまう可能性があります。両隣の健康な歯を削ったり、周囲の歯に負担をかけたりすることがあるからです。しかしインプラントは、歯を失った部分だけの治療で済み、入れ歯のようになじみにくかったり、部分入れ歯のように食べ物が詰まったりすることなく、ご自身の歯とほとんど変わらない感覚で、硬いものも噛むことができます。将来的に長く自分の健康を保ってもらえる治療法だと考えています。

一方で、手術に対して不安を感じる患者さんも多いのでは? そういった方にはどのように対応していますか?

当院ではまず、インプラント治療とはどういうものかを患者さんに正しく理解していただくことを心がけています。その一環として、インプラントの無料相談会を毎月開催するほか、診療時にもインプラント治療に精通するスタッフが説明し、より専門的な説明が必要な段階になると歯科医師からも説明を行います。実際の治療では、安全性と精度を重視してインプラントガイドを用いた手術を採用しています。歯科用CTで撮影した患者さんの口腔内の3D画像をもとにマウスピース状のテンプレートを作製し、手術時はそのテンプレートを使ってシミュレーションどおりの位置、深さにインプラントを埋入していくのですが、フリーハンドで埋入するより精密な手術が可能となります。こうした方法についても事前にわかりやすく説明し、患者さんの不安軽減にもつなげたいと考えています。

セラミックを使った治療にもこだわっていらっしゃると伺いました。

2

当院では患者さんの口腔内の健康を考えて、かぶせ物や詰め物、矯正のブラケットにもセラミックを使用しています。セラミックは自費診療扱いとなるので、保険診療と比べると高価ですが、精巧に型採りして歯にぴったりと合わせることで、二次的な虫歯になりにくく、また金属アレルギーの心配もありません。保険診療となる金属やプラスチックのコンポジットレジンでの治療は、3〜5年くらいたつと二次的な虫歯になって再治療が必要になるケースがどうしても多くなります。再治療を繰り返すと、歯をさらに削ることになり、場合によっては神経や歯を抜くことにもなります。患者さんの将来を考えれば、かぶせ物や詰め物には、やはり耐久性のあるセラミックを提案したいですね。

保険診療と自費診療の選択肢を提示し、患者が選択

歯周病治療にも熱心に取り組んでおられるとか。

3

軽度の歯周病であれば、歯科衛生士によるスケーリングやクリーニングを行い、歯石や歯垢除去していきますが、歯周病がかなり進行しているケースにはフラップ手術を行っています。これは、歯茎を切開して、歯肉の奥まで入り込んでしまった歯石をきれいに取り除く手術で、当院でもこれまで数多くの症例を手がけてきました。こうした歯周病の診療にもマイクロスコープを使用しているのが当院の特徴の一つです。肉眼では確認できない細部の汚れもしっかりとチェックしながら治療を行っていきます。骨などの歯周組織を再生する治療を行う場合も、このフラップ手術による歯石除去が必要となるケースがあります。

ほかにも一般歯科・口腔外科・小児歯科など幅広くカバーしておられます。それぞれの特色を教えてください。

当院の口腔外科では、普通であれば大学病院に紹介したくなるような、難しい親知らずの抜歯にも数多く対応しています。また矯正については、先ほどもふれましたが、ワイヤーを使った歯列矯正でも、セラミックのブラケットを使用して行っています。このほか、マウスピース型装置を用いた矯正にも対応しています。あと、当院では、虫歯で来院された患者さんに対しても、主訴以外の口腔内全体を診るようにしています。そして将来的に心配な点があれば、その点も丁寧に説明するようにしています。

患者さんと接する際に心がけていることは何ですか?

4

当院が提供する歯科診療は、保険診療が当たり前ではなく、自費診療となる治療法もあります。治療法については保険診療も自費診療もきちんと説明して、患者さんに選んでもらうことを大切にしています。患者さんの中には、「今まで何も説明されないまま、当たり前のように保険適用の材料で治療してきた」と話す方も少なくありませんが、状態があまり良くない患者さんほど、治療法の良さを理解してくださり、自費治療を選択されるケースが増えています。こうした説明を受けることで、歯は一生使う大事な器官だということを、理解してくださる患者さんが増えることを期待していますし、皆さんが生涯健康な歯でいられるように、歯科医師として説明も治療もベストを尽くしたいと思っています。

患者の将来を考えた、一口腔単位の医療を大切に

クリニックでは歯科技工所もお持ちだそうですね。

5

隣のビルに当院専用の歯科技工所があるのですが、このたび新しい機械を導入し、メーカーの協力のもと、補綴物やインプラントの上部構造を作る体制をバージョンアップすることができました。材料も多彩に取りそろえましたので、よりスピーディーに、精度にこだわった修復物が作れるようになっています。歯科技工士と私たち歯科医師で、直接意思の疎通をして補綴物やインプラントを作ることができるところも、クオリティーの向上につながっていると考えています。

今後の展望をお聞かせください。

今は後進の育成を一番に考えています。当院には多くの歯科医師が在籍し、それぞれ得意分野を持っていますが、今後はマイクロスコープを使った診療も行えるよう、各自技術を身につけてもらいたいと考えています。もちろん自分自身の研鑽も忘れず、歯科医師としての腕をさらに磨いていくつもりです。

読者へのメッセージをお願いします。

6

患者さんに対して、お口の中全体を一つとして捉える一口腔単位の医療を大切にして、しっかりとした歯科診療を提供していきたいと思っています。患者さんが困っている部分だけでなく、将来的に悪化しそうなところがないか、口腔内全体を診てより良い治療を提案していきます。生涯、自分の歯で噛めるよう、悪くなる前にメンテナンスや治療を受けて、大事にしてほしいですね。治療法については、患者さんのご都合や費用的な問題もありますので、いくつかの選択肢を用意し、その中から選んでもらうように心がけています。当院には、以前に受けたインプラント治療に満足できなかったという方や、他院でインプラント治療を断られたという方にも対応しています。口腔内のことで気になることがありましたら、遠慮なく相談にいらしてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

【インプラント治療】
診断料:1万5000円
インプラントオペ:25万円
上部構造(かぶせ物): 9万円~
合計(税別):35万5000円~

【セラミック治療】(税別)
クラウン:8万円~
インレー:5万円~

【矯正】(税別)
一般矯正:75万円
マウスピース型装置を用いた矯正:96万円

※詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access