全国のドクター8,988人の想いを取材
クリニック・病院 161,446件の情報を掲載(2020年2月18日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港北区
  4. 新横浜駅
  5. 医療法人社団白浩会 新横浜プリンスペペ歯科クリニック 新横浜インプラントセンター
  6. 北崎 浩一 院長

北崎 浩一 院長の独自取材記事

新横浜プリンスペペ歯科クリニック 新横浜インプラントセンター

(横浜市港北区/新横浜駅)

最終更新日:2019/08/28

20190204 bana

新横浜駅から徒歩1分、新横浜プリンスペペにある「新横浜プリンスペペ歯科クリニック 新横浜インプラントセンター」。運営するエス歯科グループは、神奈川県の主要駅である上大岡駅、横浜そごうにもクリニックを展開。2015年の開院以来、院長を務めるのは、国立新潟大学を卒業後、首都圏の医療法人にて医局長や分院長を歴任し、都内のクリニックで研鑽を積んだ北崎浩一先生。診断と技術力と設備においては高い水準、患者には質の高い医療を提供するために常に努力し続ける姿からは、患者への深い思いやりが感じられる。マイクロスコープは、根管治療やできるだけ削らない虫歯の治療などで活用し、精密かつ正確な診断になるよう役立てている。優しい笑顔が印象的な北崎院長に治療や患者に懸ける熱い思いを聞いた。
(取材日2018年12月26日)

提供したいのは「質の高い総合歯科治療」

多くの患者さんが来院されていますが、どのような患者さんが通院しているのですか?

1

新幹線が通る新横浜駅から徒歩1分という立地の良さは、当院の魅力の一つです。通院してくださる患者さんは、お昼休みや会社帰りに来院される周辺のオフィス街に勤めるビジネスパーソンから、近隣にお住まいの方まで幅広くおみえになっています。また、たいへんありがたいことに神奈川全域・東京はもちろんのこと、静岡や神戸などの遠方から通院される患者さんもいらっしゃいます。2015年に開院し、クチコミや患者さんからのご紹介で多くの患者さんに来ていただけるのは、何よりうれしいことです。これからも、ご友人やご家族など、患者さんご自身にとって大切な方を紹介していただけるように、頑張っていきたいと思っています。

先生が得意とされる治療について教えてください。

当院では歯科、歯科口腔外科、小児歯科、矯正歯科の診療を行っていますが、中でも私が得意とするのはインプラント治療、マイクロスコープを使用しての治療、噛み合わせの治療になります。どの治療の際にも、まずはお口の中を全体的にチェックするところから始まり、重要なのはお口の中を全体的に検査して、どうしてその歯に問題が生じたのかを突き詰めて考えること。そして、必要に応じてデジタルCTを活用して歯やその周囲の組織の状態を正確に確認すること、さらに、不正な噛み合わせや歯周病の状態を確認して治療に取り組んでいます。ほかにも、根管治療や補綴治療はもちろんのこと、それ以外のマイクロスコープを用いた精度を要求される治療、そして、矯正やかぶせ物を入れる際に重要な噛み合わせ治療にも力を注いでいます。

マイクロスコープを使用した治療について、より具体的に聞かせていただけますか?

20190131 2

当院ではマイクロスコープをあらゆる治療シーンで積極的に使用しています。マイクロスコープを使うメリットは、精密に調べてから診断きること。これまで他院で抜歯と診断されていたケースでも、当院では歯を残せる治療を数多く手がけています。また、インフォームドコンセントを大切にしていますので、撮影した写真や動画もすべて記録に残し、どんな治療を受けたのか患者さんが理解できるようにしています。なるべく歯を削らずご自身の歯を残せるように、かつ、患者さんに合わせた治療方法を幅広くご提案できるように全力を注いでいます。

患者本位の治療で、一度治したら長持ちする口の中に

先生が治療をする上で大切にしていることは何でしょうか?

20190131 3

いつも大切にしているのは、歯科医師がやりたい治療ではなく、じっくりお話をして患者さん本位の治療を提供することです。そして、お口の中を一つの単位として考えて治療に取り組むことです。悪くなったところだけを治すのではなく、お口の中全体をみて幅広く治療計画を提案し、患者さんのご要望に合わせてこまやかに対応しています。いつも私が心がけているのは、一度治療をしたら長持ちするお口の中にすること。そのために必要なのが、診断力と技術力と設備です。そのどれが欠けても、患者さんに満足していただける治療が提案できないと考えています。そのすべてにおいて高いレベルを維持し、来ていただける患者さんに期待以上の満足を提供できるように努めています。

クリニックで活用されている機器の特徴はございますか?

当院では、CTやマイクロスコープを使用して、精密かつ正確な診断をしていることに加えて、新型の口腔内3Dスキャナーを導入しています。従来の型どりはまったく必要なく、お口の中をセンサーでスキャンして、3D画像で現状と治療後の歯並びを確認できる装置です。こちらを患者さんへのご説明の際に使用して、治療後のイメージを具体的にお伝えするのに役立てています。この機器を導入している歯科医院はまだ少ないですが、患者さんにわかりやすく治療のご提案やご説明を行うために取り入れております。マウスピース型の装置を用いた矯正や、かぶせ物治療の際に、こういった機器を活用しながら、患者さんのご要望に沿った治療計画を綿密に立案につなげていっています。

その他の設備でこだわったポイントを聞かせてください。

20190205 4

まず6つの診療ユニットは広々とした完全個室にしております。プライバシーに配慮しているので、別の患者さんの目を心配する必要がなく、リラックスした環境で治療に臨んでいただくことができます。ほかにも、クリニックにとって何より大切な衛生面の管理にもこだわりました。滅菌基準の厳しいヨーロッパ基準をクリアした新鋭の滅菌器や、B型・C型肝炎ウイルス・HIVウイルスなどを死滅させることが可能な歯科用自動洗浄機を導入しています。すべての患者さんに安心して、快適に過ごしていただきたいと思っています。

身近で、気軽に悩みを相談できるクリニックをめざして

先生が歯科医師を志したきっかけを教えてください。

5

もともと私の父親が歯科医師で、実家に診療所が併設されていました。幼い頃から父親の背中を見て育ったので、漠然と「歯科医師って人に感謝される素敵な仕事なんだ」と思いましたし、父親が「先生」と頼りにされている姿を見て、やりがいのある仕事だと感じたのも大きいです。あと細かい作業に興味があり、物を組み立てることも好きだったので、自然な流れで歯科医師を志すようになりました。これまで首都圏医療法人にて医局長や分院長を経験し、その後都内にある複数のクリニックでマイクロスコープを使った根管治療や審美歯科、インプラントの診療や指導にあたって当院を開院いたしました。診断力と技術力、設備を駆使して口腔内をトータルに診療できる歯科医師でありたいと思っています。

今後の展望について聞かせていただけますか?

今現在、幅広い地域から患者さんが通院してくださっているのことに加えて、横浜を基盤とするサッカークラブのチームデンティストでもあるので、より多くの方の期待に応えられるようにしていきたいと思っています。そして、今後は若手歯科医師や開業後に技術を学びたいという歯科医師など、さまざまな後進の技術育成により力を入れていきたいです。そのためには私自身、国内外の講習会にも積極的に参加して技術を磨くことが大切だと思っています。微力ながら、日本の歯科医療の発展に貢献していければと思っております。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

20190130 6

これまでいろんなクリニックで治療を受けられた方が多いと思いますが、これからの人生をどういう口腔状態で過ごしてほしいか考えた時に、私は「一度治療したらなるべく壊れない健康な口腔状態を保ってほしい」と思っています。当院では、どのようなお悩みであっても患者さんのご要望に合わせた治療計画をご提案したいと考えていますので、ぜひ一度お話を聞かせていただけるとうれしいです。お口の悩みを相談できる身近な場所だと思って、ぜひ気軽に足を運んでください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

根管治療(マイクロスコープ)/6万円~、インプラント治療/40万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/40万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access