全国のドクター8,912人の想いを取材
クリニック・病院 161,010件の情報を掲載(2021年12月05日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市磯子区
  4. 新杉田駅
  5. スターボードオーラルクリニック&おとな・こども矯正歯科
  6. 西原 伸一 院長

西原 伸一 院長の独自取材記事

スターボードオーラルクリニック&おとな・こども矯正歯科

(横浜市磯子区/新杉田駅)

最終更新日:2021/11/15

178582 top

新杉田駅に隣接するビルの3階に「スターボードオーラルクリニック&おとな・こども矯正歯科」はある。スターボードとは、船のかじを右に切る面かじ(おもかじ)を差す海事用語。海上自衛隊の歯科医官であった西原伸一院長が「根本的な原因を排除することで虫歯や歯周病の再発を防ぐ新しい歯科医療に大きくかじを切りたい」と考え、クリニック名にした。インプラント治療や矯正など幅広い診療技術を強みに、歯周病に対する除菌治療や口臭ケアなど、これまでの歯科の概念とは違った先進的な診療に積極的に取り組み、患者の心の声に寄り添う診療を大切にする西原院長に、歯科医療にかける想いや、クリニックがめざす方向性についてじっくり話を聞いた。

(取材日2019年1月11日/更新日2021年6月22日)

虫歯、歯周病、歯並びのトラブルを防ぐ「3つの予防」

開業されるまでの経緯を教えてください。

1

祖父も父も歯科医師という環境に育ったものの、私自身はパイロットになりたくて、防衛大学校への進学を考えていたんですが、担任の先生や親戚に説得され歯学部へ。それでも大学では歯科の面白さにのめりこみ、一生懸命勉強したんですよ(笑)。大学卒業後は歯科医官として海上自衛隊に入職しました。自衛隊時代は転勤で全国を転々とし、約30年勤めた最後の勤務地が横須賀でした。自衛隊の中では扱う疾病や治療方法も限られていたので、このあたりで頑張って自分の夢を追いかけようと、なじみのある杉田で開業しました。新旧混ざり合った活気のある街の雰囲気が気に入っています。

開業して実現したかった夢とは?

日本人の国民病ともいえる虫歯や歯周病のない社会をつくることです。その想いから、予防に重点を置いた新しい歯科医療に大きくかじを取りたいと、船の面かじを意味する「スターボード」をクリニック名にしたんです。では、予防に重点を置いた新しい歯科医療とはどういうものか。これまでの予防歯科は、早期発見・早期治療を目的としていましたが、それでは手遅れです。虫歯も歯周病も感染症ですから、削って詰めたり、歯石を取ったりするだけでは、根本的な解決は図れません。そこで当院では、薬剤で菌を取り除くという新しい概念が定着しているヨーロッパに倣い、虫歯や歯周病の診療に取り組んでいます。また、虫歯や歯周病が全身疾患につながることも丁寧に伝え、歯に対する患者さんの意識を変えることも私の大切な役割だと考えています。

具体的にどのような診療を行っていますか?

20211111 2

虫歯予防・歯周病予防・歯並びに対する予防、この「3つの予防」を重視した診療です。その特徴は原因の排除にフォーカスしていること。最初の虫歯予防では、唾液検査で虫歯菌の生息状況や唾液の中和能力を調べ、3DS(dental drug delivery system)という予防法や歯磨き指導、唾液活用トレーニング、フッ素塗布を実施します。次に歯周病予防ですが、従来の歯周病治療は、歯石を取る外科的処置が中心でしたが、これでは歯周病菌の多くが歯周ポケット内の深部に残り、数日後には菌質・菌量ともに元に戻ってしまいます。なので当院では内科的なアプローチで歯周病菌の除菌治療を行い、それと並行して歯科衛生士による集中クリーニングを含めた定期メンテナンスを継続し、再発予防を図っていきます。

「歯並びの予防」についてはいかがでしょう。

「歯並びの予防」では、子どもの不正咬合に対し早期からアプローチしています。不正咬合の原因は遺伝とされていましたが、実は姿勢や呼吸、嚥下、口周りの筋肉の間違った習癖が大きく関与することがわかってきており、当院では、これらを低年齢のうちに改善するための、歯並びの予防につなげています。ワイヤー矯正が不要なこともあり、後戻りの心配も少ないです。

マウスピース型装置で矯正ヘのハードルを下げる

得意分野や特徴的な治療についてお聞かせください。

20211111 3

インプラント治療と、私の専門分野である歯列矯正です。インプラント治療は、近年国内でも一般的に行われるようになりましたが、当院では、処置の安全性と確実性を高めるために、歯科用CTとガイデッドサージェリーという手術システムを導入しています。インプラントの最大の利点は、自然の歯に近い噛み心地と審美性が期待できること。入れ歯が外れて食事がうまくできない方には、インプラントで入れ歯を固定する方法なども紹介しています。歯列矯正については、従来のワイヤー矯正に加え、これまでお仕事などの都合でワイヤー矯正が難しいという方々のご要望にお応えするため、2020年よりマウスピース型装置を用いた矯正を導入しました。

マウスピース型装置を用いた矯正とはどのようなものですか?

透明の素材でできたマウスピース型装置を使って行う矯正で、形が異なる装置を2週間ごとに交換し、めざす歯並びに誘導していきます。流れとしては、まず口腔内スキャナーや歯科用CTで口の中の撮影をし、そのデータをもとに、コンピューターシステムで3Dのシミュレーション画像を作成、歯が動く工程や最終的な歯列のイメージを事前に確認できます。ほとんどの場合抜歯は不要で、早ければ10ヵ月、平均だと1年半ほどで終了するという期間の短さも大きな特色です。

マウスピース型装置を用いた矯正は、どのような人に向いていますか?

20211111 4

歯並びが少し気になるけれどワイヤー矯正はハードルが高いと思っている方にお勧めですね。検査も短時間で終わりますし、通院も月に1回でいいので、子育てなどで忙しい方でも受けやすいでしょうし、透明な装置で目立ちにくいため、お仕事をされている方にも向いていると思います。また大人だけでなく、乳歯が残っているお子さんでも対応可能です。装置は一日20時間以上の装着を奨励していますが、食事や歯磨きの時は自分で取り外せるので、歯や装置のケアがしやすく清潔な状態を保てることから、虫歯になるリスクも低いとされています。あと、歯並びが悪くなる原因には、口周りの筋肉の誤った使い方や癖が挙げられるので、当院ではマウスピース型装置の矯正と並行して舌の位置や呼吸の仕方など、後戻りを防ぐための指導も行っています。

患者の心に寄り添った診療を提供

口臭ケアにも力を入れていると伺いました。

5

口臭ガス測定器を使って口臭の原因となる成分や臭いの程度を特定し、症状や生活習慣に合わせたオーダーメイド治療を行っています。口臭は一般的に病的口臭と生理的口臭との2種に大別されます。病的口臭は、口腔領域の疾患のほか、耳鼻咽喉科、内科、心療内科領域の疾患が原因となっている場合があるので、必要に応じて医科と内科が連携し、原因となる疾患の治療を行うことで改善を図ります。一方、生理的口臭は誰もが持つものですが、家族や友人からの指摘をきっかけに、口臭に対して強い不安を感じるようになる方もいらっしゃるので、よりこまやかな配慮が必要です。当院では口臭の診療はプライバシーに配慮し個室で行います。患者さんの悩みをよく聞き、特に口臭への不安が強い方には、心療内科と連携して精神面でもサポートします。

先生のご趣味や、自衛隊時代のエピソードなどもお聞かせください。

趣味は盆栽です。盆栽は1年を通していろいろな表情を見せてくれますし、かけた手間にきちんと応えてくれるところが良くて妻と楽しんでいます。健康法はエクササイズウォーキングで、毎日30分程度早足で歩いています。自衛隊の歯科医官時代は、患者は皆自衛官という環境でした。仲間意識が強く、家族のような存在でしたね。航海中に痛みが出ないよう、ひと手間加えた処置を心がけていました。長い航海に同行することもあり、当初は揺れる船の中で治療ができるのかと不安でしたが、徐々に慣れていきました。

最後に、読者にメッセージをお願いします。

6

今後も予防中心の診療を行いつつ、歯並びが気になる方、歯を失った方や機能的に困っている方への、マウスピース型装置を用いた矯正やインプラント治療、価格を抑えたセラミック治療にも力を入れたいです。日本では「痛くなってから歯科医院に行く」のがまだ一般的ですが、「痛くならないように、病気にならないように、定期的に歯科医院へ行く」という発想へと変えていけるよう尽力したいですね。歯の健康を保つには、若いうちからの正しい予防と定期的なメンテナンスが不可欠です。高齢になっても歯を残して健康的な人生を歩んでいただけるよう、しっかりお手伝いします。歯のことも、それ以外のどんなお悩みでも聞かせていただき、心理的にも寄り添っていきたいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

・インプラント治療/60万5000円~
・矯正/マウスピース型装置を用いた矯正:65万7800円(検査・診断費用込み)、ワイヤー矯正/77万円程度
・歯周病に対する除菌治療/重症の場合:13万2000円、それ以外:8万8000円
・セラミック治療/インレー:3万3000円〜、クラウン:6万6000円~
・3DS/4万4000円
・口臭の診療/初診8万8000円、再診4万4000円 

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access