全国のドクター9,383人の想いを取材
クリニック・病院 160,949件の情報を掲載(2021年1月22日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 用賀駅
  5. ゆずる葉歯科
  6. 濱 健太郎 院長

濱 健太郎 院長の独自取材記事

ゆずる葉歯科

(世田谷区/用賀駅)

最終更新日:2020/04/01

178538

用賀駅から徒歩2分の好立地に位置する「ゆずる葉歯科」は2015年に開業したばかりの真新しい歯科医院。院長の濱健太郎先生の診療スタイルもあってか、子育て世代の患者をメインに広まりつつあるという。歯科医院特有のイメージを感じさせない快適な空間をめざしたという院内は、ベビーカーや車いすがそのまま入れる診療室やトイレが完備され、診療室からキッズスペースの様子がモニターできる。さらに一画には医院名の由来であるレプリカのゆずり葉が遊び心たっぷりに置いてあり、インテリア1つからも同院のこだわりがうかがえる。今回は濱先生の診療ポリシーからプライベートまで、さらに名前からメッセージが伝わればとの思いで名付けたという医院の名前の由来についてもたっぷり語ってもらった。
(取材日2016年1月14日)

子育て世代が安心して通えるように

2015年12月に開業されたばかりとのことですが、クリニックを拝見して先生のこだわりを感じました。

            df1

歯科医院の怖いイメージを払拭したくて、カフェや美容室のようなエントランス、待合室を意識しました。壁に掛かっている「YUZURUHA」の看板は姉の手づくりなんです。それから、カルテ置き場が患者さんから見えないよう配慮し、院内はベビーカーや車いすがスムーズに入っていけるよう段差をなくして、そのまま診療室にもお入りいただけます。キッズスペースは子どもたちに裸足でくつろいでもらいたくて、ふかふかの人工芝を敷いています。3つある診療室はすべて個室で、キッズスペースにいるお子さんの様子をモニターしながら治療ができ、DVDを観ることも可能なので、お子さんも怖がらずに治療ができるよう配慮しています。親御さんとお子さんの両方が快適に過ごせる空間をめざしました。

この地を開業に選ばれた理由をお聞かせいただけますか?

大学5年生の頃に実家ごと用賀に引っ越してきて、国家試験に向けて頑張るという一番大事な時期をここで過ごしました。卒業後もここから鷺沼にある歯科クリニックへ勤務医として通っていたので、私にとって用賀は歯科医師として原点となる地なんです。だから恩返しの意味も込めてこの地に開業したいと思いました。歯科医師が多い時代なので多くの人の目に触れるところでなければと場所選びは慎重でしたが、日々の暮らしの中で現在当院のお隣にあるお惣菜屋さんとそのお隣の耳鼻科には住んでいた頃によく行っていたので、たまたまこの物件が空いていたときはこんなにいい場所はないと思い、即決でした。

歯科医師をめざされたきっかけをおしえてください。

2

高校生で進路を決める時期に小学校のときの卒業文集を見たら、「将来は歯医者になりたい」と書いてあったんです。両親に相談したら応援してもらえたのでそのまま歯科医師をめざしました。実は、政治の道を志していた父は私が大学4年生の頃に不慮の事故で他界してしまったため、用賀に引っ越してきたという経緯があります。父のお陰で卒業させてもらったという思いと精神的につらい時期を用賀で過ごした分、歯科医師という職業とこの地には思い入れがあります。母と姉が私を支えてくれたのですが家計を助けたかったのもあり、卒業後はすぐに開業医のところで勤務医として働きました。同世代の歯科医師と比べて早くより実践的な研鑽を積んでいたので、多くの患者さんを診させていただいた経験が今の私の支えになっています。

歯科医院の持つ痛い・怖いイメージを払拭したい

勤務医時代のことも教えていただけますか。

1

開業まで3ヵ所の歯科医院で勤務医として働いていたのですが、どこも老若男女さまざまな患者層だったので幅広く臨床経験を積ませていただきました。特に溝の口にある、かわべ歯科では非常勤時代を含めて14年程いたので多くのことを学びましたね。地元で評判の歯科医院で1日150人ぐらいの患者さんがいらっしゃるんですよ。院長先生は私が所属していた大学のアメリカンフットボール部の先輩で大学では補綴を専攻されていたんですが、患者さんはご年配の方だけでなくお子さんも多くて。患者さんの目線を一番大切にされていたので、先生のお人柄が人気の理由だったのだと思います。息子のように可愛がっていただきました。私は卒業後もアメフトを続けていたので、週6日は歯科医院で勤務、日曜はアメフトという生活サイクルの時期もありました。下積みは大事だと思っていたので自分を追い込んでいた時期でしたね。一昨年までプレイヤーとしてやっていましたが、他業種の人とも交流ができて有意義で楽しい時間だったなと思います。

診療の特徴について教えてください。

私自身、幼い頃から歯科医院にお世話になることが多く、行きたくないと思っていたので子どもたちに同じ思いをさせたくない気持ちがあります。虫歯になる原因をつくらなければ嫌な思いをしなくてすみますからね。生まれたての子どもの口の中に虫歯の菌はいません。虫歯は感染症なので唾液に含まれている菌を返して感染します。そこを知って気を付けてもらいたいですね。あとは食習慣です。間食や好きなものだけを食べたり飲んだりしてしまうのは当然ながら良くありませんので、まずは親御さんに意識をしてもらうため、どういう生活習慣をすればいいかというお話をさせていただいています。子どもたちへの歯の教育については年齢に合わせて対応しますが、まずは恐怖心や痛いという気持ちにさせないよう、歯科医院は気持ちいい、楽しいという先入観を持ってもらえるよう施設面にも力を入れて取り組んでいます。

子どもを含め、歯科予防に力を入れているんですね。

4

そうですね。例えば、矯正をするにしてもそれはそれで痛い思いをしますから、矯正をしないですむにはどうしたらいいかと取り入れたのが、顎の発育を促すマウスピースの導入や、歯並びを改善させるための装置、受け口を治療する装置です。これらを使えば舌の位置や唇の筋トレができます。筋機能療法というんですが、本来あるべき成長を促していくため歯並びの変化にもつながるんです。以前、かわべ歯科で反響をいただいた治療法であり、こういった装置を使用して矯正していくことも可能です。治りきらない部分に関しては来ていただいている矯正の先生に経過を伝え、すぐにバトンタッチできるのも当院のメリットです。ここまでにかかった費用は矯正代として割り引くことも可能なので、ぜひやってみてほしいと思います。

メンテナンスだけですむよう、予防歯科に力を入れる

診療の際に心がけていることを教えてください。

3

患者さんにはモヤモヤした感じを残したまま帰ってほしくなくて、納得して帰ってもらいたいと思っています。今後起こりうる可能性のあることや食事時の注意のほか治療内容に関してなど、説明で納得いかないところは理解してもらえるまで話しますし、患者さん目線でどんなところが不安なのかを感じ取れるように心がけています。うやむやにしないのが私の主義です。患者さんの訴えに関してリアクションしていくことを心がけてほしいとスタッフにも伝えています。患者さんに納得してもらうためには人となりの部分を努力することももちろんですが、設備として光学式う蝕検出装置というものを導入しています。これは虫歯の深さを数値化することにより目に見えない虫歯の進行度合いを評価することができます。数字には説得力があるので、患者さんにも納得していただきやすいんです。

ところで、お休みの日のリフレッシュ方法はありますか。

子どもたちの成長を見るのが楽しみです。息子と娘で9歳の双子なんですが、息子がサッカーを頑張っていて遠征に行くことが多いので連れていったり、練習試合がない日は公園に行って練習に付き合ったり、娘のピアノを聞いて練習に付き添ったりしています。私自身は中学生のときまでサッカーのクラブチームに入っていたり、大学ではアメリカンフットボールを始めてみたりでスポーツをずっと続けていたので、何か一つのことを一生懸命やることで得るものがあると思っていて。子どもたちが自分でやりたいと言って始めたことを続けている限りは、応援していきたいと思っています。

今後のクリニックづくりについてお聞かせください。

6

歯の健康を守る理想論をいえば、1日3食でお茶かお水しか飲まないでくださいと、簡単な話かもしれませんが、100人いれば100通りの生活があるので、患者さんの生活習慣の中で可能な範囲を見つけ、レベルを上げていきながら再発しないよう予防に力を入れていきたいです。将来的には治療ではなくメンテナンスだけですむような歯科医院でありたいですし、この地域での歯の治療は必要ないと言える存在になりたいです。当院名である「ゆずる葉」の意味そのものが私の診療ポリシーです。名前の由来はゆずり葉からきています。ゆずり葉とは若い葉の成長を見届けてから古い葉が落ちていく様をいい、もともとはゆずる葉と呼ばれていたそうなんです。そして、ゆずるは私の父の名前。だから2つの意味を掛け合わせてこの医院名にしました。まるで子どもの成長を親が見届けていくような意味合いを持つゆずる葉のように、お子さんの口の中の成長は親御さんにしっかり見届けていただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/30万円~、歯列矯正/6万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/3万円~(別途検査料が必要になります)
※全て税抜きの料金です。
※症例によって費用が異なります。詳細はクリニックにお問い合わせください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access