求人情報ON
世田谷脳神経外科クリニック

世田谷脳神経外科クリニック

田中 正人院長

頼れるドクター

177826

小田急線の経堂駅 千歳船橋駅と、京王線の桜上水駅の中間地点。どちらからも徒歩15分の場所に「世田谷脳神経外科クリニック」はある。クリーム色の外壁の優しい印象の戸建てクリニックだ。2015年9月に開院したばかりの院内は白を基調に落ち着いた雰囲気。診察室、MRI・レントゲン室、リハビリテーション室と、どれもゆったりとした造りになっている。院長の田中正人先生は、脳梗塞やくも膜下出血などの脳卒中治療に豊富な経験をもつ医師で、脳卒中の主な原因である高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を改善して、脳卒中のリスクを下げる治療を進めている。気さくで優しい印象の院長に、MRI検査の重要性やリハビリテーションの有効性などについて話を聞いた。
(取材日2016年6月1日)

MRI検査で素早く診断し、リハビリで症状を改善する

―こちらのクリニックの特徴を教えてください。

これまで脳神経外科の医師として多くの脳卒中の患者さんを治療してきた経験から、MRIを使ってスピーディーで正確な脳疾患の診断と治療をしています。脳卒中の3大危険因子と呼ばれる高血圧、高脂血症、糖尿病の生活習慣病治療、脳卒中と関係の深い心疾患などの治療も行っています。さらに一般内科、整形外科の治療も行っています。リハビリテーション科には理学療法士、作業療法士が常駐しており、脳卒中後の運動麻痺や神経疾患のある患者さんへのリハビリテーションに積極的に取り組んでいます。慢性の腰痛、肩の痛み、膝の痛み治療にも対応しています。また、頭痛や物忘れ、動脈硬化を専門とした診療も行っています。

―脳神経外科とリハビリテーション科の組み合わせでのクリニックは珍しいですね。

当院では、脳の病気を心配して来院される患者さんをMRIできちんと検査し、お待たせすることなくその日のうちに検査結果をお伝えしています。必ずしも脳に異常があるわけではなく、頚や腰の骨の異常だったり、肩が凝ったり、背中 腰の筋肉が張っているのが原因だったりで頭痛 めまい 手足のしびれなどの症状が出ている患者さんが多いのです。こういった患者さんはリハビリで良くなる可能性が高いので、脳神経外科とリハビリテーション科のクリニックを開設しました。

―どんな患者さんが来院していますか?

区内の方、特にこの地域の方が多いです。症状としては頭痛、めまい、手足のしびれ、物忘れ、頭のケガといった患者さんが来院します。20~30歳代の方は頭痛、めまいの方が多く、30~40歳代の女性では片頭痛の方が多いですね。月経時の頭痛を生理痛のひとつだと思い市販の痛み止めを飲んで済ませている方が多いのですが、片頭痛が原因があることもあり、適切な治療で頭痛を軽減させることもできます。また直接は関係ありませんが、検査で脳に動脈瘤と診断されることもあります。動脈瘤だとすればクモ膜下出血になる恐れもありますから、毎月のように頭痛のある方は、一度MRI検査を受けておくのが大事だと思います。片頭痛の治療法もずいぶん変わり、今では良い薬も出ていますから、我慢せずに受診することをお勧めします。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細