全国のドクター8,899人の想いを取材
クリニック・病院 161,004件の情報を掲載(2021年12月01日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市南区
  4. 高宮駅
  5. ほんだ歯科診療室
  6. 予防や審美、入れ歯、インプラントに繋がる噛み合わせの重要性

予防や審美、入れ歯、インプラントに繋がる
噛み合わせの重要性

ほんだ歯科診療室

(福岡市南区/高宮駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

「噛み合わせ」と聞くと、口腔内に症状が表れると思われがち。そのため、全身に悪影響を及ぼす場合があることを知らない人も少なくない。「肩凝りや頭痛など不定愁訴で悩んでいる方は、噛み合わせが原因かもしれません」と、「ほんだ歯科診療室」の本多正幸院長は言う。正しい噛み合わせとは、咀嚼に関わる組織の調和が取れた状態を指す。それが乱れると、全身のバランスをとる際に重要な役割を果たしている顎関節に大きく影響。顎関節は首から上の筋肉とも密接に関係していることから、全身にさまざまな症状を引き起こすのだそう。「噛み合わせは歯科のあらゆる治療につながります」という本多院長に、噛み合わせが悪くなる原因や予防の重要性、入れ歯やインプラント治療との関連性について詳しく解説してもらった。

(取材日2020年10月1日)

何げない癖や習慣が「噛み合わせ」の悪さと体調につながることも。子どもも大人も定期的なメンテナンスを

Q痛みがない頃から定期的に通院することが大切なのだそうですね。
A
1

▲衛生士のメンテナンスも精度にこだわって行う

歯周病治療やすべての治療において言えることですが、費用も時間も少なくて済むというのが一番です。たとえ虫歯があっても、まだ痛みが出ていなければ最小限の治療で済みますからね。痛みが出てからだと歯を削る範囲が広くなりますし、その分費用も時間もかかります。場合によっては自由診療も視野に入れ検討される方もいるでしょう。そう考えると、症状の有無に関わらず定期的にメンテナンスに通うのは自分の歯を守る意味で非常に重要です。実は噛み合わせについては良い人のほうが少なく、程度の差はあれ皆さん何かしら問題があります。メンテナンスでは口腔内をくまなく精査し、噛み合わせもしっかり診ながら予防につなげていきます。

Q噛み合わせは子どもの頃からの予防が大事だとお聞きしました。
A
2

▲子どもの頃から噛み合わせを整えることの重要性を語る本多院長

姿勢の悪さ、歯ぎしり、頬づえをつく癖、氷など硬い物を噛むといった日々の習慣が噛み合わせの悪さにつながるので、子どもの頃から気をつけておくことが大事です。ですので、大人だけではなく、お子さんでも朝起きたら顎が痛い、頭痛がするといった症状がある時は、噛み合わせが原因の場合があります。しかしほとんどの親御さんはそのことをご存じないため、まずはそういったケースもあるということを知っていただきたいなと思います。それから、かぶせ物をした後に体調が悪くなったときは、噛み合わせが原因の可能性が高く、その場合はちょっとした高さの調整を行うことがあります。それだけ噛み合わせは全身に関わりがあるということなのです。

Q審美的な治療においてもこだわりを持っておられるそうですね。
A
3

▲審美面での治療も噛み合わせを基礎に行っていく

最近は歯に対する意識の高い方が多く、自由診療を希望される方も増えてきました。噛み合わせは歯科のあらゆる治療に関わってきますので、審美面に配慮した治療でも注力しています。ただ、自由診療になりますから、カウンセリングをした上で必要と判断した方にしかお勧めはしません。口腔内の状況にもよりますので、まずはカウンセリングをして、患者さんが困っていることやご希望などをお聞きしてからのご提案となります。見た目、機能性、費用というように、重要視される部分が患者さんそれぞれに違いますからね。ですので、「それが本当にその方にとってベストなのか」ということを何よりも重要視しますし、それがこだわりでもあります。

Q入れ歯治療も、噛み合わせの調整が重要となる分野では?
A
4

▲小さな精度の積み重ねを意識し、見た目だけでなく機能性も重視

そうですね。きちんと噛める入れ歯を作るには、型採りと噛み合わせ調整の精度が大切ですが、特に噛み合わせの高さ調整は一番気を使うところです。入れ歯治療はどうしても高齢の方が主になりますので、噛めるようになると脳の刺激にもつながる上、今まで食べたいものも食べられずにいた方の食生活や健康面にも良い影響をもたらします。何より患者さんが喜んでくれますので、その笑顔を見るとやはりうれしいですし、歯科医師としてのやりがいを感じます。入れ歯治療後もメンテナンスを定期的に行い、不具合がないかなど、しっかりアフターケアもいたします。

Q歯を失った際の治療法として、インプラント治療もありますね。
A
20201030 5

▲インプラント治療も入れて終わりではなく中長期を見据える

残存歯を守れるというのがインプラントを入れる大きなメリットです。例えばブリッジは、本来なら削らなくてもいい歯を削るため、欠損している隣の歯に負担がかかり、ゆくゆくはその歯まで抜けてしまう可能性が出てきます。固定して埋められるインプラントはそのようなデメリットを回避できますから、昔に比べるとニーズは高くなっています。オペになりますので、ご不安な方も多いと思いますが、以前よりも技術は進歩していますし、私自身、これまでさまざまな症例を診てきているので、その経験がしっかり生かせる得意分野でもあります。気になっておられる方は、まずはご相談ください。

ドクターからのメッセージ

本多 正幸院長

歯に関して悩まれている方は多くおられると思います。悩みがない方に関しても歯は毎日使うもの。何もしないままだといつか何かしら不具合が生じてきます。そうならないために、メンテナンスが重要であることを知っていただき、定期的に歯科へ足を運んでもらえたらと思います。困っている方にとって「最後の砦」のような存在になれる歯科医師をめざしていますので、状態がひどくて諦めている方も、まずは相談にいらしてください。患者さんにご満足いただける治療法を模索いたします。「ここに来れば何とかなる」と思ってもらえるのが、かかりつけ医のあるべき姿だと思いますので、ちょっとしたことでも構いません。気軽にご来院ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/35万円~、審美歯科(ハイブリッドインレー)/3万2400円 ※その他種類もあります

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access