医療法人メイ・ロイヤル  相模大野駅前歯科医院

医療法人メイ・ロイヤル 相模大野駅前歯科医院

中島醇二 院長

17682

小田急線相模大野駅から徒歩3分と、とても便利な場所にある「相模大野駅前歯科医院」。アーケード街の中にあるので、雨の日でも濡れずにたどり着くことができる。爽やかな笑顔が印象的な中島醇二先生は、この10月に院長になったばかりだ。患者のニーズに応える幅広い治療を行い、予防歯科にも力を入れる。歯の治療だけではなく、歯の健康のために通ってもらえるクリニックでもありたいと中島先生。患者に「来て良かった」と言ってもらえるように、確かな診療と細やかな気遣いを心がけているという。新しい視点でクリニック運営をしていく意気込みについて、じっくりと話を聞いた。
(取材日2012年11月13日)

いつまでも健康な歯、美しい歯を保つお手伝い

―どのような患者さんが多いのでしょうか。

昼間は主婦の方が多いですね。治療のために来られる方がほとんどですが、歯の健診やクリーニングを希望される方もいらっしゃいます。子どもの患者さんもお見えになりますが、虫歯予防という意味でも、もっと増えてもいいと思います。夕方からの患者さんの多くは、サラリーマンです。夜は10時まで診療しているので、仕事帰りに通院できて助かると言っていただいています。

―院長として、どのような歯科医院にしたいとお考えですか。

歯の健康のために通ってもらえる医院にしたいと考えています。治療を受けるだけではなく、歯の定期健診にも来てもらえるのが理想です。歯の定期健診は、虫歯予防など健康な歯を維持するために必要です。歯や神経を抜かざるを得ない状態にならないように、ぜひ健診を受けてほしいですね。でも患者さんに「定期健診に来てくださいね」と言うだけでは、なかなか通ってはもらえないので、なぜ必要なのかをきちんと説明します。また、自分の口の中の状態を知ることでも、健診の重要性を実感できるのではないかと考え、年明けには最新の口腔内カメラを導入するつもりです。従来よりも鮮明な画像を見てもらうこと、治療やクリーニングの前後の違いを確かめてほしいですね。

―歯のクリーニングはやはり必要ですか?

クリーニングをするとスッキリして気持ちいいんですよ。「歯科=痛い」というイメージが強いのですが、歯科は治療をするだけのところではありません。歯がきれいになる場所でもあります。私は、美容室やエステ感覚で通ってもらいたいと考えています。それには、気持ちよくなって、きれいになって帰る、そんな「安らぎの空間」が必要だと思うんですね。そこで半個室タイプの診察ユニットを設置してプライベートな空間を作り、患者さんに「来てよかった」と満足してもらえる診療をめざしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細