松田歯科クリニック

松田歯科クリニック

松田 恵里子院長

17595

小田急線相模大野駅から徒歩約5分。「松田歯科クリニック」は開業以来、20年間の長きにわたり、歯や口腔内の悩みを解決してきたクリニックだ。虫歯や歯周病の予防や治療はもちろん、しっかり噛める入れ歯治療、小児歯科、審美歯科、歯科検診、床矯正治療など診療範囲は幅広い。昨年6月に院長に就任した松田恵里子先生は日本小児歯科学会小児歯科専門医で、3人の子どもを持つ母でもある。子どもから大人まで家族で通えるホームドクターとして、丁寧な治療を心がける松田院長は「歯のことだけでなく、育児の悩みなども気軽に話せるよろず相談所になれれば」と話す。松田院長がめざす何でも気軽に相談できるクリニックづくりや診療方針など、じっくり話を聞いた。
(取材日2017年1月16日)

子どもも大人も家族で通える「お口のホームドクター」

―昨年6月に院長に就任されたと伺いました。

昨年5月に主人が亡くなったため、6月から私がクリニックを引き継ぎました。もともと小児歯科は診ていましたので、もう長いお付き合いの患者さんも多いですね。相模大野はお子さんも多い地域ですから、待合室にはキッズルームを設けています。地域の中では、家族で一緒に受診できるホームドクターとして認知していただいています。歯の治療というと怖いイメージがあると思いますが、歯をきれいにすることは、本来とても気持ちのいいことですから、虫歯のない時期から、親子であれば妊娠検診から、歯の健康のケアができればと思っています。また、大学では小児歯科の他にも障害者歯科にも携わっていました。今も特別支援学校などで、うまく食べられない、飲み込めない方たちに摂食指導を行っています。食べること、矯正も含めてライフスタイル全般を診られるクリニックが目標です。

―予防歯科についてのお考えをお聞かせください。

虫歯ができたから来るのではなくて、きれいを保つために通う美容院のように、来ると気持ちのよくなる歯科医院になれたらと思っています。もちろん治療が必要な時はしっかりやりますが、治療後も健康を保つために、メンテナンスに気軽に来る場所と考えてもらえるとうれしいです。小さい頃からずっと診ている患者さんなどは、おしゃべりに来る感じで通っておられますよ。開業して20年になりますが、成人されても、ずっと通い続けてくださる方も多くいらっしゃいます。メンテナンスに通うことで、虫歯やトラブルのない健康な歯でいてくれることが、私の一番の喜びですね。幼い頃から歯の健康に関心を持ってもらえれば、大人になっても歯をきれいにしていることが当たり前になります。自宅でのセルフケアはもちろん、プロの衛生士によるケアを定期的に受けることで虫歯ゼロをめざします。

―患者と接する上で心がけていることは?

お子さんに対しては先生というより、友だちや母親に近い感じで接したいと思っているので、必ず視線を合わせるように心がけています。親御さんに対しては、私も子どもが3人いますので、同じ母親の立場から、「うちの子だったら、私だったらこうする」といった、具体的なアドバイスをするようにしています。例えば、学童期に部活などをやっていると、脱水予防のためにイオン飲料を飲むことが習慣化しているお子さんはとても多いです。今はそういう指導もされるので、水分を小まめにとるのはいいのですが、ずっとスポーツドリンクを飲んでいると、酸性度が非常に高いため、全体的に歯が溶けてしまうのです。私がお勧めしているのは、スポーツドリンク以外に水かお茶を必ず持参すること。スポーツドリンクを飲んだ後に、水かお茶で口腔内をゆすぐだけでも、かなり予防できますよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細