全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月22日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 相模原市南区
  4. 古淵駅
  5. 医療法人メイ・ロイヤル こぶち歯科医院
  6. 金澤陽一朗 院長

金澤陽一朗 院長の独自取材記事

こぶち歯科医院

(相模原市南区/古淵駅)

最終更新日:2019/08/28

17538

古淵駅から徒歩2分のところにある「こぶち歯科医院」は、一般歯科を中心に展開する地域に根差した歯科医院。入口の大きなガラス窓が印象的で、解放感のある明るい医療空間となっている。取材に訪れた我々を気さくに迎え入れてくれたのは、野球が大好きと語る金澤陽一朗院長だ。「生まれは福岡で、3歳から東京にいます。小さい頃は、おとなしくてかわいい子だったと思いますよ(笑)」とおどけて話す院長のお人柄は、体育会系で豪快。それゆえに、とても頼もしく感じられるところがある。今後は、インプラント治療にも力を入れていきたいとのこと。展望も含め、医院での治療方針について詳しくお話しを聞くことができた。
(取材日2011年4月27日)

同グループの勉強会や情報交換で、信頼できる歯科医院

系列の歯科医院と連携されているそうですね。

17538 df 1 1 1305612111

同じグループに当院のほか6医院あるのですが、月一回の院長会議や全体の勉強会での情報交換を含め、連携を図っています。僕は今年の3月までそのなかの町田にある医院で分院長を約6年務め4月からこちらの医院にお世話になっているわけです。2つの医院の立地の違いから患者さんの年齢層や診療の混雑する時間帯も異なるので新鮮な気持ちで診療に取り組めています。特に月曜から土曜日までは22時まで診療しているため、夜の時間帯での飛び込みも多いですね。スタッフは常勤医師3名、非常勤医師2名、歯科衛生士2名で対応しています。

治療科目についてお聞かせください。

一般歯科を基本に小児、矯正歯科を行っています。これからはそこにインプラント治療を加えます。歯を喪失したケースに関して従来であれば義歯やブリッジの選択しかありませんでしたが、そこにインプラント治療を加えることで選択の幅がまた一つ増えるわけです。それぞれの治療の利欠点をよく説明した上で、選んでいただくのが治療の基本だと思います。ですから、みなさんにはなんでも質問していただいて双方納得の上、治療のゴールに向かっていきましょう。

子どもの治療も多く手掛けられているそうですね。

17538 df 1 2 1305612088

小児の診療は特に気をつけています。治療に慣れているお子さんよりも初めて治療を受けるお子さんの方が多いのでその最初の入り口によって将来の治療に対するトラウマを作ってはいけないと考えているので根気良く慣れてくれるまで特に治療の導入は慎重にしています。ただ、最近は親御さんの管理が行き届いているためもあって昔ほど小児の虫歯も多くないように思います。

口のなかには、その人の歴史がある!?

医院の治療方針をお聞かせください。

17538 df 1 3 1305612078

医院には歯科医師が常時最低2名おります。治療の基本方針はまず患者さんありきということです。最初の訴えを最優先にそこからより必要な治療を提案するようにしています。医療と言えど、サービス業なので診療技術だけでなくスタッフの対応、院内の雰囲気も大事にしています。

口のなかを診ていると、その人の歴史もわかるそうですね。

口の中には様々な情報があります。過去の治療の履歴や残っている歯の状態や噛み合わせの状態、歯肉や舌、口唇、頬粘膜などの軟組織の状態、歯磨きの状態、こんな様々な要素から現状に至るまでのプロセスを探り原因を除去し、治療のゴールへと向かうわけです。そこに治療の面白さがあると思います。

勤務医時代のご経験が、今日の臨床にも生きているとのことですが。

17538 df 1 4 1305612056

大学卒業後、勤務医として勤めた医院での教えが僕の原点です。川崎にある三好歯科医院で6年間お世話になりましたが、そこでの経験が僕の臨床の礎となっています。質の高いお手本を見ることで、良い物を見る目を養うことができました。良い物を見ないと悪い物はわかりません。見て学んで、聞いて学んで、それから実践をする。そのうちに、良い治療のイメージを持つことができるようになったんだと思います。

話をすることが大好き、体育会系で明るい院長

歯科医師を志されたきっかけは?

17538 df 1 5 1305612010

父親が同業で幼少時から現場に触れる機会が多かったせいか、いつかは自分もと思ったんですね。他に夢はありました。パイロットやプロ野球選手とか。ただ一番現実感のある夢が、今自分が生業としている歯科医師だったんです。

今でも野球はお好きだそうですね。

昭和大学の歯学部に在籍していた6年間は、ずっと野球部に所属していました。今でも草野球チームを作って活動しています。ポジションはセンターで、昔は肩と足には自信 がありました(笑)。プロ野球は熱狂的に応援しているチームがあり、時間がある時は球場に試合を観に行ったりもしています。野球以外でもスポーツ全般が好きなので、広く浅く知識だけはありますね。

最後に読者のみなさんにメッセージをお願いします。

17538 df 1 6 1305611990

僕が理想とするのは「また来たい」と思われる医院をつくることです。次回も診てもらいたいと思っていただけるように、患者さんにリピートしていた だけるようにと望んでいます。それは、僕たちの医療技術しかり、受付の対応しかり、院内の雰囲気にしかり……いろいろな要素によって決まる部分でもありま す。その辺りを今まで以上に充実させていきたいと思っています。治療にはやって終わりということがありません。メンテナンスによってできるだけ良い状態を保つということが 大切で、それさえできれば治療の必要性は低くなります。そのためにも、できるだけ定期検診による予防を重要視しています。良い状態を長く保つことは、患者さんにとって何よりも大きなメリットになるはずです。僕は基本的に「来るものは拒まずタイプ」なので、こんなこと聞いていいのか……と悩む前に、気軽に見せに来てくださいね。

Access