全国のドクター9,506人の想いを取材
クリニック・病院 160,465件の情報を掲載(2022年10月05日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 高槻市
  4. 高槻駅
  5. 宮地歯科医院
  6. 宮地 栄介 院長

宮地 栄介 院長の独自取材記事

宮地歯科医院

(高槻市/高槻駅)

最終更新日:2022/05/17

20210210 174687 top

JR京都線の高槻駅から徒歩約3分の場所に「宮地歯科医院」がある。駅から同院があるビルまでは屋根のある通路でつながっているので、天気や信号待ちを気にすることなくアクセスできる。院内は明るめの木目を基調にしたサロンを思わせるようなインテリアで、くつろいだ雰囲気が心地良い。院長の宮地栄介先生は、歯科医師などを対象にしたスタディーグループの講師を長年務め、先進的な技術や知識を地域の歯科医療に生かすべく同院を開業した。間に合わせ的な治療を繰り返すのではなく、原因を突き止めてそれを改善し、虫歯や歯周病になりにくい状態をめざしている。宮地院長に、歯科医師としてのこだわりや地域の歯科医療にかける思いを聞いた。

(取材日2018年1月18日)

素晴しい先生と出会い、歯科医師に憧れを持つ

なぜ歯科医師になろうと思われたのですか。

1

小学校の5年生のときに、地元でのある先生との出会いからです。ある日、僕は友達とふざけていて転倒し、前歯を折ってしまいました。かかりつけの小児歯科の先生はあいにく学会で外出中だったので、母親が近くの別の歯科医院に連れていってくれたのですが、歯を抜かなければならないと言われました。永久歯だったので驚いて、もう一度かかりつけの先生に連絡すると、学会から戻って治療してくださり、結局、抜かずに済みました。現在も不自由なく噛めています。それまでも、両親から人の役に立つ仕事をするよう勧められていたのですが、人の役に立つというのはこういうことなんだと実感でき、歯科医師っていいなと思うようになりました。

歯科大学を卒業後、東京の大学病院に勤務されましたね。

僕らの時代から、1年以上は必ずどこかの大学に所属するという研修制度が始まり、研修をするならなるべく多くの患者さんを診られるところがいいと考えて、東京の大学病院を選びました。研修では口腔外科病棟から始まり、外来、虫歯や歯周病といった保存治療、入れ歯と、それぞれ異なる部署を経験でき、大学病院でないと診る機会が少ない重症のケースや口腔外科の専門的な治療などにも触れることができ、とてもいい経験になりました。

歯周病に興味を持たれたのはいつ頃からですか。

2

学生時代から歯周病に力を入れて学ぶ必要性は感じていました。歯を失くす最大の原因は歯周病で、歯周病を治療できないと歯を残すことが難しいからです。また、失くしてしまった歯に対してはインプラントなどの再建治療が必要になるのですが、この場合も歯周病をきちんと治療して、お口が健康な状態で行うことが大切です。とはいえ、限られた研修期間で歯周病についてきちんと学ぶのは不可能なので、大学にも籍を置いて長いスパンで研鑽を積むことにしました。研修後は開業医に勤務しつつ、クリニックの外来が休診の日は大学病院で診察したり、若手の歯科医師が集まって論文を読む勉強会に参加したりしました。

患者にわかりやすい説明を心がける

講習会のインストラクターを務めておられますね。

3

研修医時代に歯周病が専門の先生と出会い、その先生のところに見習いという形で通うようになりました。講習会はその先生方が中心になり、歯科治療のレベルアップをめざして発足されたものです。全国の歯科医師、歯科衛生士、歯科助手を対象にした講座で、歯周形成外科(Plastic Surgery)コースのインストラクターを担当しています。僕一人が治療できる患者さんの数には自ずと限界があります。しかし、僕が学んだことを他の歯科医師やスタッフに伝えれば、知識・技術が伝わり、その歯周病治療を受けられる患者さんの数を増やすことが可能になります。それが、インストラクターを続ける原動力になっています。この講習会では今も発起人の先生から多くを学ばせていただき、僕自身にとっても貴重な勉強の機会です。

患者さんに接する際に心がけていることはありますか?

痛みがあったりお口の中で気になることがあっても、そのままにされる患者さんもいらっしゃいますが、その間にもどんどんと状況は悪化してしまいます。まずはご来院いただきお口の状態を見せていただきたいと考えています。治療に際しては十分に説明をし、その人に合った選択をしていただいています。また、歯医者に来る上で心配されるのは痛みではないかと思います。当院ではできるだけ痛みの少ない治療を心がけ、安心して治療を受けていただけるように配慮をしています。歯を健康的に守ることが長く、安心して食事をすることにつながります。そのためにもまずは受診をしていただければと思います。

アドバイスはどのような内容ですか。

4

食生活の見直しは、セルフコントロール可能で虫歯の治療に高い効果が望める予防策です。さらにフッ素の塗布やキシリトールの活用についてもお話しします。一方、歯周病は歯磨きが大切なので、正しい磨き方について丁寧に説明します。日常的な習慣を改めるのは容易ではないですが、問題に気づくことができれば、改善に取り組む動機づけになります。例えば「自分は歯が弱い」と思い込んでいる方がいらっしゃいますが、歯の強弱はほぼ個人差がありません。主に環境によるものなので、それに気づいて環境を改めれば、多くの方が改善できます。当院では歯ブラシ指導の際に必ずプラーク(ばい菌)を着色し、磨き残しの状態を視覚的に実感していただきます。また、位相差顕微鏡でお口の中の菌の状態を実際に見ていただくことで予防意識がアップします。位相差顕微鏡の画像を見ると歯を磨きたくなり「今すぐ歯ブラシしていいですか」という方もおられるでしょう。

機能も見た目にも、できる限り健康な状態に戻す

虫歯リスクを抑える生活についてアドバイスをお願いします。

5

虫歯は食生活と密接な関係があり、最も避けたいのはダラダラ食いです。間食が多い、ながら食いをする、お子さんの場合はお茶の代わりに甘い飲み物を飲むというのは要注意です。誰のお口の中にも虫歯菌はいて、菌にエサを与える回数が多いと、虫歯リスクが高くなります。たとえ砂糖が含まれていない食べ物でも、糖質が含まれていれば虫歯菌のエサになります。菌は糖質をエサにして酸を出し、歯を溶かしていまいます。唾液には酸性になった口の中を中性に戻す作用があるのですが、ダラダラ食べていると酸性の状態が多くなるので危険です。また、歯磨きについては、毎食後、特に寝る前には少なくとも5分程度はかけて丁寧に磨いてください。定期的に歯科でメンテナンスを受けることも大切です。

貴院の強みは何でしょう。

ずっと力を入れて研鑽を積んできましたので、歯周病治療には自信を持っています。歯周病が進行すると骨がなくなって、抜歯を余儀なくされますが、歯周組織の再生治療にも対応しており、できるだけ健康な状態に戻すことをめざしています。そして、神経を取った歯も長く使っていただくために根管治療にも力を入れています。また、インプラント治療についても専門的に学び、歯を失くした方が以前のご自身の歯に近い感覚で噛めるよう、質の高い治療を心がけています。当院ではインプラントに10年保証をつけており、長期間持たせるためには、噛み合わせ、歯周病など、歯を失くした原因を突き止めて、できる限り改善することが重要です。インプラントの土台となる骨を再生し、よりよい状況にしてからインプラント治療を行うことがポイントで、それを実現するために歯科用CTなど設備を整え、常に技術の研鑽にも取り組んでいます。

他にも特に力を入れておられる領域があれば教えてください。

銀のかぶせ物の代わりに、歯の色に合った白い物をかぶせるなど、審美面にも力を入れています。以前、重度の歯周病の患者さんで、見た目も気にされており、うまく噛めないので人前で食事できないと悩んでおられました。審美的にもこだわって治療した結果、人前でも食事できるようになり、これまで会うのをためらっておられた娘さんのフィアンセとも食事できたと喜んでおられました。人の役に立てる、喜んでもらえる歯科医師の仕事はやっぱり楽しいなと思いました。

読者にメッセージをお願いします。

6

「ご自身の歯で一生お食事を楽しめるよう全力でサポートをさせていただきます」をモットーとしています。世界基準のレベルの高い治療の提供をめざすことはもちろん、皆さんに快適に利用していただき、長く通っていただけるよう環境を整え、患者さんへの対応においてもご満足いただけるよう努めています。来られた方のお口の中の状態が良くなって、満足して帰っていただける歯科医院となるよう精進しておりますので、どうぞ安心してご利用ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/40万円~
歯列矯正/小児:25万円~
マウスピース型装置を用いた矯正/80万円~
歯周組織の再生治療/8万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access