求人情報ON
マツムラトシオ歯科

マツムラトシオ歯科

松村俊男 院長

174413 df 1 main 1435627354

京王線千歳烏山駅西口改札北の駅前のビル3階に、2015年6月にオープンした「マツムラトシオ歯科」。歯をかたどったピンクとホワイトのやわらかいデザインのロゴが目印だ。松村俊男院長は、自治医科大学歯科口腔外科医局長をつとめた後、都内のインプラントセンターや審美歯科に勤務。これまで積み重ねてきた経験や知識を基軸とし、「患者さんの体と心にやさしい診療」をモットーに幅広い診療科目に対応する。子連れの患者にやさしいキッズスペース、手術後ゆっくり休めるリカバリー室、女性患者のためのパウダーコーナーなど、院内設計ひとつひとつにも「患者さんに安心して治療を受けてもらいたい」というこだわりがつまっている。こんな松村院長に、開業までの経緯や診療ポリシーなどについて伺った。
(取材日2015年6月15日)

モットーは「患者さんの心と体にやさしい診療」

―開業場所としてこの地を選んだ理由を教えてください。

妻の実家が世田谷区でなじみが深く、これまでに何度も足を運んだのですが、世田谷区は住んでいる人達がみなさんエネルギッシュでパワーにあふれているというイメージがずっとありまして、「将来開業するなら世田谷区で」と思っていました。開業することを決めてからは、物件探しも世田谷区を中心に行っていたのですが、ある時ふらっと電車から降りた駅が千歳烏山だったんです。駅の回りをぶらぶら歩いてみたのですが街の雰囲気もよいですし、住んでいる方々のパワーも感じられました。駅の目の前のビル3階のこの物件に出会ったのも何かの縁かと思い、この場所に決め、2015年6月に開業しました。当院では、「患者さんの体と心にやさしい診療」をモットーに、一般歯科、予防歯科、小児歯科、口腔外科、インプラント、審美歯科など幅広い診療科目に対応しています。

―院内設計についてはどのようなところにこだわりましたか?

患者さんの治療への不安や緊張をできるだけやわらげるように配慮しました。インプラントや抜歯などの外科処置の際に使用する3Dレントゲン室は、天井を青空がモチーフの壁紙にし、患者さんが部屋に入ってふと上を見上げた時に青空を目にすることで少しでもリラックスしてもらえるよう工夫しました。手術後の患者さんがゆっくり休めるリカバリー室は、落ち着きのあるブラウンを基調にしています。また、トイレにはオムツ交換台を設け、赤ちゃん連れの患者さんも安心して来院していただけるようにしました。待合室の一角にキッズスペースを設けたのですが、親御さんの診療中も、専用のカメラでユニットのモニターからお子さんの様子が見られるようにしています。あらゆる角度から患者さんに安心して治療を受けていただく方法を考えました。

―開業に至るまでの経緯を教えてください。

北海道医療大学歯学部卒業後、栃木県の自治医科大学で口腔外科を専門に診療しながら麻酔科やICU、救命救急センターなどの研修なども受け、さまざまな角度から歯科診療の研さんを積みました。10年勤務後、都内のインプラントセンター、審美歯科に勤務し、オペなども多数行ってきたのですが、勤務医の場合は、診療の途中で他のドクターに申し送りや引き継ぎをしなければいけないケースが多く、一人ひとりの患者さんを最後までじっくり診ることができないことが多いように感じたのです。これまでさまざまな診療経験や勉強を重ねてきて、子どもからお年寄りまであらゆる患者さんのあらゆる症状に対応できるようになりましたので、次のステップとして患者さんと生涯を通じて向き合える開業医という道を選び、今に至ります。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細