神楽坂わたなべ歯科クリニック

神楽坂わたなべ歯科クリニック

渡部康男 院長

173961 df 1 main 1432100443

JRに加え、東京メトロ有楽町線、南北線も乗り入れる飯田橋駅から徒歩7分ほど、神楽坂のメインストリートのまさに中心に位置する「神楽坂わたなべ歯科クリニック」を訪ねた。これまで文京区本郷に拠点を置き、インプラント治療をはじめ幅広い歯科治療で実績を重ねてきた渡部康男院長が開業20年の節目にクリニックを移転。この春新たなスタートを切った。「歯科医師としての責任と挑戦」を掲げ、安全面を重視した質の高いインプラント治療でゆるぎない信頼を集める一方、近年は予防歯科にも注力している。モダンなたたずまいの真新しいクリニックにお邪魔し、渡部先生の診療のモットーや患者への思い、めざす歯科医院像などについてじっくりお聞きした。
(取材日2015年5月7日)

高度な治療に見合う水準で感染管理を徹底

―移転して1ヵ月ですが、新しいクリニックの特色を教えてください。

まだ始まったばかりですが、おかげさまで本郷のクリニックに通われていた方の多くが、こちらに引き続きいらしてくださって、移転しても長く患者さんとお付き合いを続けられるのは、本当にうれしい限りです。患者さんにとって良いものを随時取り入れて、安全で質の高い診療を行うというコンセプトは変わっていませんが、変更点を強いて挙げるなら、移転を機に2フロアになり、診療ユニットを従来の3台から5台に増やしたことと、技工室にセレックを導入したことぐらいでしょうか。院内には診療室とは別に、オペ室、クリーニングで来られた患者さん専用のケアルームも設けています。インカムを導入したことで、別フロアにいてもスタッフ相互の連絡を取りやすく、患者さんをよりスムーズにご案内できるようになっていると思います。

―従来から治療の安全面を特に徹底されているそうですね。

インプラントや歯周外科など歯科治療技術が目覚ましく高度化してくる中で、安全な治療を実践するため、当院では感染防止を徹底するという意味で、滅菌には特に力を入れてきました。とりわけインプラント手術は単に悪いものを取り去る除去治療と異なり、チタン製の人工歯根を骨に埋め込む移植療法。それだけに一般的な歯科手術に比べて厳密な感染管理が必要になることは言うまでもありません。当院では、クリニックレベルではまだ導入例の少ないクラスB滅菌器を使用し、さらに全スタッフの半数以上が日本医療機器学会認定の第2種滅菌技士の資格を持っています。設備の充実はもちろん、それを扱うスタッフが設備に見合う知識を持っていて初めて、本当に安全な治療環境を実現できると考えています。

―他院との連携も積極的に行っていると伺いました。

本郷で開業していたころから、順天堂医院をはじめとする大学病院との連携を深めています。また年配の患者さんの場合は内科的な既往で治療リスクの高い方も多いので、必要に応じて治療前に、内科のかかりつけ医の先生のもとに対診書をお送りして、当院での施術に問題ないかどうか、随時確認するようにしてきました。高齢の方、あるいは外科治療またはインプラント治療で局所麻酔や静脈内鎮静法を使用する患者さんの場合は、必ず健康診断のコピーを提出していただくようにお願いもしているんですよ。万が一の事故を防ぐという意味合いもありますが、そもそも必要な治療を行うにあたり、あらかじめその患者さんの全身の健康状態を可能な限り把握することは、主治医として当然果たすべき責任です。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細